FC2ブログ

記事一覧

「直虎」信玄の死/武田の首を斬る!門松の始まり

大河ドラマ『おんな城主 直虎』
 第38回「井伊を共に去りぬ」作:森下佳子
【信玄の死】
 時は元亀3(1572)年、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年38歳ぐらい。
 
武田信玄(松平健)の猛烈な勢いを見て、直虎(おとわ)近藤康用(やすもち/橋本じゅん)や村人達を説得し、逃散(逃亡)して隠し里に身を潜めました。怒った信玄は、家々に放火、村は焼け野原に。。。
 
上洛を急ぐ武田勢が去ると、焼けた村が残りました。が、大事な物は持ち出しており、何よりも誰も死ななかったので、みんな一安心です。おとわはさっそく帰村・復興の手配をします。
 
そして、おとわは龍雲丸(柳楽優弥)と堺へ行くことに決めます。龍雲丸は今こそ井伊が実を結ぶ時なのだから残れ…と、おとわを説得するも、決意は変わらず。
出発準備をしている頃、南渓和尚(小林薫)らは武田信玄病死の情報を察知。おとわの旅立ちの決心を邪魔してはならぬ…と隠します。しかし、不穏な様子を感じとったおとわは、龍雲丸と口論の末、にわかに出発を取り止めて村に一人戻ったのでした。龍雲丸は堺へ。。。
 
 そうこうするうち、天正2(1574)年。すっかり農民になってしまったおとわ。そこに南渓和尚が来て言うには、(井伊)直親の13回忌を行なう、ついてはこれを機に虎松をはじめとして松下の者もこちらで暮らすことになる…と。
まもなく松下(井伊)虎松(菅田将暉)たちがやって来ました…!
 
虎松とともに、猫もバトン・タッチ…!

                   

 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^^=)
【武田の首を斬る!門松の始まり】
 元亀3(1572)1222日、三方ヶ原(みかたがはら)の合戦にて、徳川家康武田信玄に完敗。それから10日も経たずに迎えた元亀4(1573)年の正月のこと。なんとその信玄から、浜松城の家康にあてて新年の賀詞(祝いの言葉)が届きました。
「松枯れて 竹たぐひなき 明日(あした)かな」
 
 松は家康の旧姓である松平のことで、竹は武田を表わしています。家康と家臣一同は屈辱を味わいました。しかし、ここで重臣筆頭の酒井忠次が、
「松枯れで 武田首なき 明日かな」
 と読み換えました。主従そろって大喜び。
これにこと寄せて、徳川家では竹の先端を「武田の首」に見立てて斜めに斬り、それを松の枝で包んで門の脇に飾るようになったそうで、新年の「門松」の始まりと伝わります。
 
  ~主な参考文献~
「週刊 再現日本史」織豊2(講談社)p.38
 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

毎度
勉強になりました

No title

☆不思議な泡さん
コメント
どうもありがとうございます(=^▽^=)

No title

なるほど、門松に先が尖った物と尖っていない物もありますね。尖った物は、家康系で、尖っていない物は、その他ですね。

No title

☆nob*****さん
そうなんです、先が尖っていない物は
もっとずっとさかのぼるのかと思いますが、
先尖り門松は家康由来だそうです(^-^)

No title

☆nob*****さん
あれ、逆かなぁ、先が尖っていない物が
ちょっとあとに出てきたのかな…
すみません、そのあたり不学で
分かりませんでした(^ ^ゞ

No title

こんばんは。

9月は忙しかったので、『直虎』の未視聴が溜まってしまいました。
10月は余裕がありそうなので、『直虎』や未視聴のアニメやらを
消化したいです。

戦国&猫好き必携の書を紹介します。

『戦国武将ならにゃんとかしてくれる』

大ヒット猫写真&偉人の名言集『人生はニャンOoンス』の
パクり、もといインスパイア系の本です。
マニアックな武将や、料理人等、意外な人物の逸話が載っています。

http://katsuie.com/2014/12/28/2636/

さぁ! AmazonへGo!
Ozzにゃんは、この本を2冊持っています。

No title

こんばんは。
先週は校閲ガールを観ていたので、菅田将暉くんがダブってしまい微妙な気分になりました。

No title

☆Ozz☆にゃんさん
ニャイス!どうもありがとうございます(^-^)
ここしばらくは『おんな城主 直虎』ではなくて
「農婦おとわ」「おんな村長 おとわ」になっております(笑)
ぜんぶ見るの大変と思いますので
見る余裕ありましたら見てみてください(^ ^)

おもしろい本があるのですね
あとで調べてみますね~。
これから記事拝見にうかがいます^ ^

No title

☆ハニー先輩さん
虎松の菅田将暉くん、
校閲に出てましたか!
ぜんぜん性格違ったりすると
ヘンな気持ちになりますよね(笑)

No title

主人が出張なのでリアルタイムで見ました、自分がこのみでない番組だとサッサとチャンネルを変えるお子様ハゲです、あ!言い過ぎかな(^ν^)
和尚様の演技上手いですね
これからが楽しみな展開かな
門松の話初めて知りました
ここらは尖ってます
お飾りなどでまっすぐなのもありますね、確か九州の方が自家用に作られる門松はまっすぐ切られてました
そういう経緯なんですね楽しいですね
ナイス

No title

私もあんな愛ある♡ばばあと呼ばれれみたいです。
あんなキスされたら領主なんて捨てちゃうますけどね。

頭は石川五右衛門じゃなかったみたいでした。
想像してる時は本当に楽しくていろいろしゅーまいさんと妄想して毎週楽しみですね。

私は最後までを読んでしまいましたが、これが物語になるとどんなかな?って楽しみを残して後何回?を楽しみます。

菅田君がほんと心君の面影を残していてさすがです。
赤鬼♡頑張れ~!!

オールポチです(^_-)-☆

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
和尚さんと武田信玄のやりとり、
堂に入っていましたね。
猫の扱いもうまいし(笑)
門松、東京のも尖ってます。
なるほど、
九州のほうの自家用のはまっすぐのありそうですか~
様々な由来を知るのも楽しいですね(=^▽^=)

No title

☆Parlさん
オールポチいつもありがとうございます(^-^)
トラバも大感謝です♪
愛あるじじとばば、幸せそうですよね(^ ^)
石川五右衛門じゃなかったのは残念ですけど
いろいろ想像たくましくして楽しめました(笑)

ついに最後まで読んじゃいましたかーっ
ぼくは知らないのであと11話分も話もつのかなぁって心配してたんですが
どうやら大丈夫なんですね(^∇^)
虎松の成長や長篠の合戦が特に楽しみです!

No title

こんにちは、先が尖っていない門松は、危険防止だったね。後からです。

No title

☆nob*****さん
なるほど、危険防止のためでしたか!
縁起物も安全第一になってゆくのですね。
どうもありがとうございます(^-^)

No title

見そびれました NICE

No title

☆ぎいさん
NICEどうもありがとうございます(^-^)
見そびれましたか~、残念です(^ ^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ