FC2ブログ

記事一覧

戦争の不様さとあっけなさ!映画「ダンケルク」

 クリストファー・ノーラン監督が初めて挑んだ実話映画『ダンケルク』を見てきました!
同監督は「バットマン」の『ダークナイト』で善悪がない交ぜになった圧倒的な映像体験を提供してくれました。
今回のアピール・ポイントは陸海空でそれぞれ異なる時間軸が同時進行し、最終的に1つに集束する…というなんともアクロバティックな脚本構成&編集です。それは果たして効果的に作用したかな…?
 

脚本・監督・製作:クリストファー・ノーラン(『ダークナイト』3部作)(原案『マン・オブ・スティール』)
音楽:ハンス・ジマー(『レインマン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ『ダークナイト』『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』)
原題『Dunkirk』
   2017アメリカ作品

【キャスト】
ケネス・ブラナー  フィオン・ホワイトヘッド  ハリー・スタイルズ
マーク・ライランス キリアン・マーフィー
トム・ハーディー  
 
 
【陸海空に張り巡らされた緊迫の映像網】
 紙切れが落ちてくる印象的なシーンからスタート。ドイツ軍がバラまいていった伝単(降伏の呼び掛けビラ)です。もういきなり逃げるシーン。若い兵士達はフランス・ダンケルクの浜辺の防波堤へと懸命の逃走です。これが「陸」パートで数日間(1週間?)を描いています。みんな故郷へと送還してくれる駆逐艦を待っていますが、あちこちから攻撃を受ける。
 
続いて、一般人からの船舶徴用が始まり、自主的にダンケルクへと向かう一家族が描かれます。これが「海」パートで1日のできごと。救助した兵士がシェル・ショック(戦場の心理的衝撃)でおかしくなっており、ひどい目に遭わされます。
 
そして、「空」パートはわずか1時間の空中戦を、英国戦闘機スピットファイア3機1部隊の視点から活写します。
 
 
【戦争は勝っても負けても心の痛みを伴なう】
 見ていて思ったのは、多くの人々にとっては、本当に戦争は不様であっけないということ。救助船に乗るためにあざとく工作したり、せっかく乗ったと思ったらすぐ撃沈されたり。いつの間にか味方機が撃墜されていたり。助かるために、味方のはずの英国兵と仏国兵がいがみ合う場面もある。戦争の残酷さ・バカらしさを迫真をもって映像化したという点では見事です。
 
   お奨め度  3
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
参考までに『ダークナイト』のお奨め度は5ですが、『ダンケルク』は3くらいです。
前記のアピール・ポイントがそこまで効果を見せているかと言うと?です。野心的な試みであることは、間違いないですけど。
 
陸海空それぞれのタイム・リミット表示があったりしたら、もっと劇的にハラハラしておもしろかったような気がします。というのも、どこが山だか分かりづらい内容だったからです。最初から最後まで緊張感ぶっ通しと言えば良いんだけど、同じことはメリハリがあまりないとも言えます。ちょっと惜しい映画でした。音楽は緊迫感いっぱいでよかったです。
 
しかしとにかく、この作戦で335000人もの兵士達が救出されたそうなので、事実は映画よりも奇なりですね。


 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは😊🎵
戦争はイヤですよね😰💦
たとえ正義があったとしても、沢山の関係ない人達が、意味もなく死んでしまうからです😢
悪いことをした人達は、死んでしまったとしても、自分が悪いことをしたから、仕方の無い事です😥💦
でも関係ない人達は、ただそこに暮らしていただけなのに、意味もなく殺されてしまうのは、やっぱりおかしいと思います😰💦
だから戦争は嫌いです😰💦
人間だけですよ😥💦…
同じ人間を、意味もなく殺す事ができるのは😰💦……

No title

☆パトリシア-ヘア-ラディアントさん
どうもありがとうございます(^-^)
映画の中で、戦死してもひとまず放っておかれて
浜辺で死んでいる兵士達がいました。
ほとんど無駄死にに近い死は、悲し過ぎますね。
本当の戦争でもたくさんいたと思います。
その一方で、
勇気をふるって、救援に向かう一般人もいて
本当の意味でのボランティア(志願兵、義勇兵)に近いと思いますが
そういう心意気は大切にしたいと思います。
ほとんどの戦争は、政治の行き詰まりによるものなので、やっぱりなくしていかなければなりませんよね…!
いろいろ考えさせられる映画でした。

No title

そんなに知らない時ダンケルクに行きました、こんな穏やかな浜辺があのダンケルクかと妙に感心しました。フランス人はあまり感傷的な人種ではなくとてもロジカルな使途が多いのにここはフランス人の感動の大きさを感じさせる馬橋でした。たぶん東洋人の私たちではわかりない感動もあるのかな
歴史から学べない人種は滅びるのみですものね
この映画も見たくなりました
素敵なご紹介ありがとうございます
ナイス

No title

こんばんは。
とても好評な感じで、観にいった友人も面白かったといっていました!
立場がちがう3つの時間軸が重なるカタルシスは良いですね。

No title

ダンケルク 私も見ました NICETBの 方法忘れ残念。

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
ダンケルクに行ったことがおありなんですね…!
今は穏やかな浜辺でしたか(^ ^)
そんな場所が生死を分ける地になるなんて
戦争の怖さですね。
ダンケルク…、あちらの人々には特別な響きがあるのかもしれませんね。
考えさせられますね。

No title

☆ハニー先輩さん
陸海空3つの時間が最後に交錯するなんて
ふつうの監督には思いもつかなそうな
技巧的な構成ですよね…!
さすが『ダークナイト』の監督だと思いました(=^▽^=)

No title

☆ぎいさん
NICEどうもありがとうございます(^-^)
ぎいさんも見ましたか…!
戦場の場面は無情だけど
映像的な美しさもある映画でしたね(^∇^)

No title

『ダークナイト』のお奨め度は5で、『ダンケルク』は3くらいでしたか~~! 自分はけっこう期待してるんですが(まだ見てませんが)どうでしょう^^

No title

☆ばねぱんさん
クリストファー・ノーラン監督ということで
期待し過ぎてしまいました(^ ^ゞ
ふつうに何も知らないで行ったつもりで見れば、
かなりよく感じるかもしれませんよ(^-^)
ジャンル違いますけど
『ダークナイト』がよ過ぎましたね…!

No title

こんばんは。

先日、『ダンケルク』を観ました。

予告編で、英国のメタル・バンド:Iron Maidenの“Aces High”
(邦題『撃墜王の孤独』)でお馴染みの「チャーチルの演説」が
流れたので、期待していたのですが、肩透かしを食らった感じですね。

「壮絶な脱出劇!」と言う割には、意外と淡々としていました。
実際の戦場は、そんなにドラマティックではないと言われれば、
そうかもしれませんが、もっと過剰な演出が有っても良かったかな?

沖縄戦の前田高地における激戦を描いた『ハクソー・リッジ』
(主演:アンドリュー=ガーフィールド 監督:メル=ギブソン)
の方が良かったです。アンディは、『アメイジング・スパイダー
マン』を打ち切られた鬱憤を晴らすかのような、体当たりの演技でした。
でも、残虐描写が多いので、苦手な人は要注意dethけど…

もし、ナチスのロンドン空襲“Battle Of Britain”を映画化するなら、
メル=ギブソン監督にお願いしたいですね。

「猫絨毯爆撃」で“ニャ”イス!!!

No title

☆甲斐☆反戦!!!さん
ニャイス!!!どうもありがとうございます(^-^)
クリストファー・ノーラン監督ということで
期待が高過ぎたぶん、ガックリ度も高かったですね。
おっしゃるように、
リアルな戦場が淡々というか平板というか、盛り上がりっぱなしで描かれていたので
もう少しドラマ的に山を作ってくれたほうがよかったなぁと思いました。
とりとめのない感じでしたね。

ロンドン空襲ですか~
それも見てみたいですが、
日本人として
東京大空襲(まえに映画ありましたけど)とか日本関係の戦争を客観描写の映画で見てみたいなぁと思います。

No title

ご無沙汰しておりました。_(_ _)_
コメントいただきながら、お邪魔するのが大変遅くなり申し訳ありません。

やっぱりメリハリが無いですか?そうですよね。
終始淡々としていましたし、戦闘シーンまでも。
私はそこがリアルに迫ってのめり込みました。
TBさせてください♪

No title

☆風森湛さん
TBとナイス!どうもありがとうございます♪
メリハリが無いと感じましたが、
確かにそこがリアルな可能性もありますね!
随所に真実味のあるトラブルや葛藤も見られ
見どころはあったと思います。
ただ、クリストファー・ノーラン監督ということで
期待値がグンと上がった状態で見てしまって
そのぶん無残な気持ちを味わいました(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ