FC2ブログ

記事一覧

「直虎」俺を信じろ/秀吉を助け滅亡乗り越えた松下

大河ドラマ『おんな城主 直虎』
 第30回「潰されざる者」作:森下佳子
【井伊家消滅への道か…!?】
 時は激動の永禄11(1568)(信長上洛の年!)井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。
 
直虎家臣で銭の犬・瀬戸方久(ほうきゅう/ムロツヨシ)は、今川館で商いの話や接客している最中、不意に今川氏真(尾上松也)に呼び出されました。
一室に案内された方久。
待ち構えていた氏真は、「井伊家を取り潰す」と言い放ちました!
氏真は、かつて実行されなかった徳政令を蒸し返し、井伊家を金銭的に行き詰まらせようというのです。そして、氏真は、方久に“商売の権利や土地を安堵”する代わり、徳政令実行に協力するよう申しつけたのでした。
 
一方で弱小の井伊家ですが、今川を見限って徳川に付こうとしております。こうしていろいろ化かし合いが発生するわけです。
鶴こと小野但馬守 政次(高橋一生)は、方久の行動を見て、大事な材木売買の話を黙っていたりどうも不審な行動があることに気づき、ピンと直感。「三河の武家」を名乗って方久を誘い出し、白状させたのでした。
 
同じ頃、今川重臣の関口氏経(矢島健一)が井伊家に突然来訪し、早くも徳政令の実行を迫っていました。
追い詰められた直虎は、徳政令を受け容れてあえて井伊を潰し今川のふところ(直轄領)に入り、関口の首をあげて徳川陣営に差し出す…などと考え出したようですが。。。
 
ところが、幸か不幸か、直虎に恩義を感じている農民達は「徳政令は望まんに!」と、珍しい要求を突きつけ…! そこで急きょ“プランB”でしょうか、鶴は刀を抜いて直虎を狙いました! 驚く回りの人々!
“俺を信じろ。信じろ、おとわ”
 鶴は、おとわ=直虎に囁きました。何か秘策があるようです。
 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^^=)
 前回、「しの」が再婚した松下源太郎清景。そして、同じ松下一族の松下加兵衛之綱(まつした・かへえ・ゆきつな)についても書きました。秀吉が、信長に見出される前に仕えていた、優しい松下加兵衛之綱さんについて、続きを書こうと思います。
 
松下加兵衛之綱は、もとは今川方の武将で、飯尾連龍(いのお・つらたつ)という武将の寄子(よりこ:配下の武士)でした。飯尾は、引馬城(後の浜松城)を治める有力武将です。
さて、桶狭間合戦があった永禄3(1560)年の3年後のこと。それまで、飯尾は今川氏真についていましたが、徳川家康に乗り換えを謀りました。そのため、今川の軍勢によって、引馬城が大攻撃を受けました。この時、引馬の支城である松下の頭陀寺(ずだじ)城も攻められ、落城してしまいます。
 
ちなみに、引馬城攻めには井伊家も今川方として参陣していましたが、当時の家老・中野直由(なおよし)と、新野親矩(にいの・ちかのり)がともに討ち死に…!
引馬城は落ちませんでした。が、のちに氏真の謀略によって、城主の飯尾連龍が駿府に呼び寄せられ殺害されてしまったのでした。
 
松下加兵衛之綱がこの混乱期をどう乗り越えたのかは不詳なのですが、今川家滅亡のあとは徳川家に仕えました。天正2(1574)年の高天神城(たかてんじんじょう)の戦い(第一次)で徳川方(城方)として奮戦するも、武田勝頼の大軍勢2万5000に攻められ開城。
 
この後、松下は秀吉に仕え、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦や九州攻めで役目を果たし、天下統一の天正18(1590)年には遠江・久野(くの)城主1万6000の大名となったのでした。
秀吉は若き頃の恩を、松下に返せたことになります。お互いに、嬉しかったことでしょう。
松下は秀吉よりも半年ほど前、慶長3(1598)年2月に享年61で世を去りました。
 
  ~主な参考文献~
編:阿部猛・西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(新人物往来社)
小和田哲男『井伊直虎 戦国井伊一族と東国動乱史』(洋泉社)p.180~、192
渡邊大門『おんな領主 井伊直虎』(中経の文庫)p.115119132~、172
小和田哲男『戦国合戦事典』(PHP文庫)p.243
 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

見そびれたから 嬉しいいですNICE

No title

色々駆け引きがあり、今川家は滅亡徳川に乗り換えさてさてどうなるのか、その間の苦労も
これからも楽しみですね
ナイス

No title

☆ぎいさん
NICEどうもありがとうございます(^-^)
見そびれた時にも
内容が分かるようにしますね(=^▽^=)

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
虚々実々の駆け引きを見ることができました(^∀^)
これからうまく今川家から他に乗り換えられるか
見どころです~!

No title

☆2017/8/3(木)午後5:38さん
ご連絡ありがとうございます(^ ^)
喜んで戴けるとぼくも嬉しいです(=^▽^=)

No title

どうも♪

頭陀寺は
ウチの近所。

ウチの会社の
すぐ北は
政次が
処刑されたトコ
だよ。

No title

☆花人☆うなぎパイさん
頭陀寺のご近所ですか~!

小野政次が処刑された所!
場所が特定されているとは
驚きました~!

No title

方久裏切りやって!!
地獄に落ちろ!の所を政次が問い詰めてかっこよかったですね♡

反発しあいながらの永遠の恋人。
後わずかな時間を思うと辛すぎて毎回涙涙です。

今週さいごの「おとは俺を信じろ」は今まで生きてきた中で一番心に響きました。
私も政次に言って欲しい(笑)

政次♡ずっとそばにいて

オールぽちです

No title

☆Parlさん
オールぽちいつもありがとうございます(^-^)
方久も終わりになってしまうのかなぁ
ちょっと残念です

政次は実にハマッてかっこいいですねぇ~
あとわずかですか!それは涙ですね

政次の「俺を信じろ」がそこまで響いたとは
見てきてよかったですね(=^▽^=)!
脚本家の人や制作陣も大喜びです(笑)

No title

このところ大河みれてなくて録画がどんどんたまってます。。見だすと面白いのですがね~。

No title

☆ばねぱんさん
どうもありがとうございます(^-^)
このところ見応えあるので
溜まった分を飛ばしてでも見る価値あると思いましたよ(=^▽^=)

No title

音楽

菅野さんだったんですね

サントラ準備だ

No title

☆不思議な泡さん
どうもありがとうございます(^-^)
そうです、菅野よう子さんの作曲ですよ~!
出だしの20世紀フォックス映画のような曲から始まって、モーリス・ラヴェル(?)っぽい曲、
久石譲っぽい曲など、力作揃いです!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ