FC2ブログ

記事一覧

元気を吸い取られる日本のレジのお仕事

 【彼と彼女に何があったのか…?】
 近所のコンビニのレジ係に、20歳くらいの若い男性が新しく入りました。バンドでヴォーカルでもやってそうな、キリッと痩せた感じの、けっこうかっこいい男です。爽やかに「ありがとうございました」と笑顔で言うので、私は好感を持ってました。
 ところが、1カ月ほど経つうち、彼はいちおう挨拶はするものの 伏し目がちになり、しおれたように元気がなくなってしまいました。彼に何があったのか、私には分かりません。
 
 24時間営業のスーパーのレジには、20代半ばの若い女性が入りました。あんまり美人という感じではないけども、ニコニコと元気に接客していて、愛嬌があってとてもいい感じでした。
 でも、これまた1カ月ぐらい経つうちに 彼女は伏し目がちになり、ついにはウイルス対策用?のマスクをつけ、表情を見せなくなりました。彼女に何があったのか、私には知るよしもありません。
 
 
 【欧米のスーパーに行って感じたこと】
 あちこちのコンビニやスーパーを観察したわけではないので はっきりとは言えませんが、日本の都会のレジには、何かこう、“元気を吸い取るもの”があるんじゃないかと思います(_;)
 
 欧米のスーパーやファースト フード店に行った時に、レジの人が“Good morning”みたいなふうに挨拶してきて、それに対してお客のほうも挨拶を返していました。日本ではほとんど挨拶を返さないと思います。今の日本の都会でレジの人に挨拶したら、たぶんヘンに思われるでしょう。日本の都会では、レジの人たちに人格を求めていないのでしょうね。
 
 
 【かつては、レジの仕事に尊敬と親しみがあった】
 もう20何年も前、近所の生協で、うちのお隣のおばさんがレジをやっていました。今と違ってバーコードではなく、ピコピコッと高速で数字を打ち込むおばさんに、私は尊敬の念を抱いたものです。
 今はそんなプロフェッショナルな技術はすたれ、尊敬が失われ、元気が奪われました。同時に、地域社会の崩壊が進み、働くほうも客のほうも、レジの向こう側の相手に親しみを持ちにくくなりました。単なるビジネスになってしまったのです。
 
 
 それはさておき、中国人やアジア系の外国人からは、日本人の接客がとても丁寧で感心する、などとよく聞きます。ここで言う接客にコンビニやスーパーが入ってるかどうか分かりませんけども、たぶんけっこういい印象なのでしょう。
 丁寧な接客という美点は保ちつつ、元気と活気を取り戻すにはどうすればいいのか? 景気がよくなればそれだけで少しは解決するのか…? いや、……などと、レジで並びながら考える私 しゅーまいなのでした。
 
 
 
   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
  https://sake.blogmura.com/nihonsyu/ ←ブログ村「日本酒」ランキング
 
スポンサーサイト



コメント

No title

レジの仕事をしている人の気持ちや人間性だと思います。
バーコードを通す単純作業。
しかし、会計作業である以上は最後の閉めもミスすれば怒られることはあっても、合っていて当たり前だし。
私達は頑張って接客して、いざお会計って時に、レジスタッフが無愛想でクレームになったこともあります。
景気が悪いから元気がないんじゃなくて、景気が悪い時だからこそ、元気に接客。
レジってある意味、店の顔ですからね。

No title

コンビニもスーパーもレジは速さと正確さだけでいい、って感じがありますよね。うんうん確かに
海外にいったら、かしこまった挨拶はなしでも ちゃんとアイコンタクトと笑顔がありますもんね。
客がレジ係りを機械のように無視しつづければしおれちゃいますよね
私は「どうも」って言って目を見て軽く笑顔作るようにしています。しゅーまいさんだけでも是非。

No title

日本の接客業は お客様>店員 という図式が、顕著だなと言う気はします。客の方がいばってるというか・・

でも、どんな仕事でも気の持ちようで、つまらないと思いながらやればつまらないし、楽しんでやれば楽しくやれるはずですよ。
仕事に就けるだけありがたいという気持ちで、若い人たちが働いてくれるとよいですね。

こちらは都会ではないので、都会のスーパーがどんな風か分かりませんが、私はおつりやレシートをもらう時は「どうも☆」と声を出すようにしてます。その一言で元気になれる~ってことありますよね^^

No title

彼と彼女に何があったのでしょう!
せっかくの将来有望な若者の元気さが失われるのは悲しいばかりです。
違う店となると、店長がいじわる、とかいう理由ではなさそうですね。
今度から威勢のいい店員がいたら「君いいねえ」と伝えることにしました。

No title

こんばんは。
幸い近所のコンビニは、元気にあいさつしてくれます。
基本的に日本人は接客、おもてなしのマナーがあるのでしょうね。

No title

日本は少しずつおかしくなってきている気がします( _

No title

う~~ん彼と彼女の萎れ具合が気になりますね。。。
わたしは自営なので 毎日、レジに立ちますので
逆に自分がお客になった時にはレジの方の動作・表情は気になります。
そして自分を反省することも多々あります><
素敵な応対、心がこもった接客はどんなお商売でも
相手を気持ちよくさせますものね^^
マニュアル化された接客に嫌気がさしたのか?
コンビ二のシステムがイヤになったのか?
ひとごととは思えず、気になりました。。。応援ポチ☆

No title

☆さくや姫さん

そうですね、レジの人は店の顔ですね。元気が一番です。
ぼくの行く店にも、もちろん元気なレジの人もいることはいるんですが、どうもやっぱり伏し目がちの人が少なくないです。
レジの人の多くは末端の立場で、そのわりに現金を扱っているから責任が重くて、客からは“できて当たり前”と思われていて…。ストレスがあるわりには、評価されにくくて傷つくのかも知れません。
ぼくは接客の経験がほとんどないので実際のところは分かりませんけども、接客ってたいへんな仕事だなぁと思います。

No title

☆ななおんさん

一生懸命やっていても、客のほうはせいぜい軽く頭を下げるぐらいで、レジの仕事って なかなか評価が実感できないのかなぁと思います。
欧米のレジですと(どこでもそうなのかは分かりませんが)、お客は最初に顔を合わせる時と、帰る時にも挨拶するので、人間的な感じがしますよね。
ぼくもできるだけちょっとくらい挨拶するようにしたいです(^ ^)

No title

☆chacoさん

「お客さまは神さまです」が行き過ぎて、“客のほうが偉くて、ちゃんとやってもらって当たり前”というふうに客側が見ていることが多いですよね。
元気なレジの人も もちろんいることはいるんですけども、どうもやっぱり伏し目がちの人が少なくないです。評価をしてくれる人が回りにいれば楽しくなるのでしょうが…、若いもんが希望を持ちにくい世の中です(^ ^;)
ぼくも店員さんを元気づけられるような一言をかけられたらいいなぁと思います♪

No title

☆cupipaさん

くら~いレジの人、けっこう多いです(^ ^;)
コンビニやスーパーのレジのような仕事は、なかなか評価される機会がないのかも知れません。ビジネスライクな職場で客から会計ロボットみたいな感じで見られていると、殺伐とした気持ちになってもしょうがないかもなぁと思います。
がんばっているレジの人がいたら、ぜひ一言声かけてみてください(^ ^)

No title

☆ハニー先輩さん

うちの近所のコンビニ新人も初めのうちは元気だったんですが……。
店員のマナーがいい一方で、客のほうの対応が今問題かなぁと思うようになりました。

No title

☆lsdさん

もうだいぶおかしくなってきちゃいましたよ、日本は…。
大変じゃぁああ…!(@_@;)

No title

☆ゆずぽんさん

若いのに しおれた感じのレジの人、少なくないです。近頃 若いもんが元気ないという話に多少 通じるのかも知れません。なかなか評価される機会がなくて待遇がよくなる見込みもなかったり、ビジネスライクな職場で客から会計ロボットみたいな感じで見られている状況が続くと、殺伐とした気持ちになってしまうのかなぁなどと思うのですが、実際のところは分かりません…。
ゆずぽんさん、毎日レジですかぁ。ゆずぽんさんの接客は元気いっぱいな感じなんでしょうね♪ 応援ポチありがとうございます(^-^)

No title

時々、登場卵です。私、卵も数々の小売業を渡り歩いて来て、現在は某バス会社で接客をしています。
自分も最初は笑顔で接客、元気な挨拶をしていましたが、初めのうちだけなんですね~。それはなぜか?
1つは、レジ(会計)は速く正確な人が優秀で、レジ操作に時間をかけている人はいつまで1人に時間をかけているんだという考え方がお客にも、経営者側にもあるということ。特に量販店にこの傾向が強い。
2つ目には、笑顔を見せれば、「何をにやついてるんだ」、声かけや挨拶をすれば、「早くしろよ」とか「いつまで待たせるんだ」とか言われれば、こんなこと言われるんだったら、早くお会計を済ませて、帰ってもらおうという気になるし、笑顔も消えますね。
以前、某家電量販店の店長が、最近のお客は、レジに3分以上待たされると、クレームを言ってくることがあると言っていました。最近は、どこの接客業もそうですが、自己チューなお客が増え、経営者も効率のよい接客を求めるようになったせいか、店員さんにも笑顔で元気な挨拶をする余裕がなくなってきているのではないのでしょうか。
悲しい傾向ですな~。

No title

☆卵大好きさん

貴重な接客側のお話、ありがとうございます(^-^)

今はもう なんでもかんでも効率、効率で 人を尊重する気持ちがどこかへ消えてしまった世の中ですね。たいした見返りもなく常に効率と結果を求められていたら、元気も笑顔も余裕も無くなって当然で、「いつも元気!」なんてのは 過剰適応ってことになりかねないですよ。

客も経営者も、人間を相手にしているってことを、忘れてはいけない。たとえクレーム付ける時でも、最低限 相手に配慮したうえで、それでもおかしいと思ったら強く主張してもいいけれど。一方的過ぎるケースが多いんですね。

まったく、寛容さが欠けてますね、今の日本は(>_<)

No title

レジのお二人。。。心配ですね。。。やっぱ生活が厳しいとかなのかな?

私も何気ない日常で見かける人が気になってしまいます。。。
毎日、自転車で通る道沿いのホームレスの人が急にいなくなったときには、本当に心配になってしまい、それから数ヶ月後に同じところにいたホームレスの方に「あなたは去年ここにいた人ですか?」と聞いてしまったぐらいです。。。

No title

☆えっぴさん

コンビニやスーパーのレジって、お客から機械的に対応されることが多いから元気なくなるのかなぁ……、などと思いました。勝手な想像ですけども。

ホームレスの人に声をかけたなんて、よっぽど気になっていたんですね。その人、どこへ行ってたんでしょうね…? それにしても、訊かれたほうも、びっくりしたでしょう(^ ^)

人のことを気にかけるのは、大切なことですね。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ