FC2ブログ

記事一覧

「直虎」気賀城主?/氏真愛蔵の千鳥香炉と五右衛門

大河ドラマ『おんな城主 直虎』
 第27回「気賀(きが)を我が手に」作:森下佳子
【気賀の初代城主に?】
 時は永禄10(1567)年後半、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年33歳ぐらい。
 
商人自治の街・気賀(きが)の築城問題に奔走した直虎。気賀の街衆は好感をもち、なんと、「井伊様に気賀をお助け戴けぬでしょうか」と、
直虎に城主就任を求めてきました…!
 
しかし、もともとは、今川重臣の大沢基胤(もとたね/嶋田久作)が城主と決まっていました。

そこで、直虎家臣で銭の犬・瀬戸方久(ムロツヨシ)は、もう一人の今川重臣、関口氏経(矢島健一)を口説くことに。まずは手土産を献上、南蛮の香料で匂いのとりこにし、「井伊に気賀をお預かりとなれば、例えば港のもうけ口の一つなどを…」  もうけ話でまんまと釣ってしまいました!

 
龍雲丸(柳楽優弥)たちが築城を進める一方で、方久が今度は、大沢を気賀から撤退させるような工作を始めました。
  方久「堀江城に志津城の改築、宇津山城への加勢、
     このうえ気賀というのは大変ではございませぬか」
  大沢「商人達が仕切っておった街…、厄介とは思うておるの」
 うまく話を進め、今川氏真(尾上松也)と対面。この頃、氏真は相次ぐ領国の内乱でもはや政務に意欲無く、あっさり話がまとまったのでした!
 
そして、完成した城は、まるで安芸の厳島神社のような、水辺に浮かぶ城
直虎、合戦の一つも無しに、気賀城の初代城主に…!
…って、ちょっと話がふくらみ過ぎて、
一体どこまで本当なのかよく分かりませんね(°∀°;
 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^^=)
 今回のドラマでは、今川氏真(うじざね)香炉を欲しがっていました。
ただ、氏真は香炉の名品をすでに所有していました。
宗祇(そうぎ)香炉」「千鳥(ちどり)の香炉」です。
宗祇香炉は、著名な連歌師・宗祇(14211502)から今川家に伝わった物のようです。
 
「千鳥の香炉」は、特に名高く、氏真がやがて織田信長へ献上し、さらに時代とともに豊臣~徳川と伝わって現在も愛知県名古屋の徳川美術館に所蔵されています。
青磁の香炉で、(ふた)のつまみの部分が千鳥の形をしています。器には3本の脚(あし)があるんですが、1本の脚が少し浮いているそうです。
 
 千鳥の香炉には逸話があります。
豊臣秀吉の時石川五右衛門大坂城に盗みに入りました。さらに秀吉の寝室に侵入すると、床(とこ)の間に置かれていた「千鳥の香炉」の蓋の千鳥が、鳴き声を上げたのです…!
秀吉は危険を察知し、宿直の武士が駆けつけ、ことなきを得た…という話です。
 
蓋の千鳥が鳴くわけはないのですが、前述のように3本の脚のうち1本が浮いており不安定なので、五右衛門の忍び足に反応し“コトコトッ”と音を立てたんじゃないでしょうか? それが千鳥の鳴き声に聞こえた、という。
ことなきを得たのは秀吉で、五右衛門のほうは、千鳥の香炉のせいで捕まってしまいました。五右衛門のことなので、あくまで伝説的な、物語的な逸話です。
 

ところで、いま人名事典を見ていて気づいたのですが、石川五右衛門は遠江・浜松の出身らしいです。一説には、父親は三好(みよし)家の家臣、石川明石という武士。とすると、ドラマの龍雲丸に少し似てませんか? 龍雲丸から出世して、大盗賊・石川五右衛門になる。。  というのはドラマの先のことを知らない私の勝手な想像です(^^)

 
  ~主な参考文献~
編:阿部猛・西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(新人物往来社)
小和田哲男『井伊直虎 戦国井伊一族と東国動乱史』(洋泉社)p.180
渡邊大門『おんな領主 井伊直虎』(中経の文庫)p.119132
校注:奥野高広・岩沢愿彦『信長公記』(角川文庫ソフィア)p.178490
「歴史人」No.742017年2月号(KKベストセラーズ)p.60
監:尾崎秀樹『戦国百人一話Ⅱ 豊臣秀吉をめぐる群像』(青人社)p.154
 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは😊🎵
石川五右衛門は、豊臣秀吉の隠し子ってのもありますよね😉🎵
どれが本当の事か、わからないけど😆💦
謎多き人物ですね😆🎵

No title

☆パトリシア-ヘア-ラディアントさん
ナイス!ありがとうございます(^-^)
五右衛門が秀吉の隠し子ですかぁ
それはとてもおもしろい説です(^∇^)
謎だらけなので、いろいろ楽しい説も
出てきますよね(=^▽^=)

No title

先週見なかったのでためになります石川五右衛門は
知りませんでしった。n

No title

☆ぎいさん
ナイス!ありがとうございます(^-^)
石川五右衛門は、もしかしたら あの人物が…
ってだけで今のところ出てきてません(^ ^ゞ

No title

こんばんは。
あのお城はどうなんですかね~
なるほど、石川五右衛門へ繋がったら格好いいかも。

No title

確かに!!
途中まで読んでて私ももしや龍雲丸は五右衛門なの?
って思った~

そうそう。
私も厳島神社で浮かれていたせいもあるかも…と思いつつ、
ここはもはや厳島神社ではないか!!と(笑)

浜名湖に浮かんでたら幻想的ですね

オールぽちです

No title

☆ハニー先輩さん
あの城、うまく出来過ぎてますよね(笑)
これから合戦で使うのか、すごく気になってます!
龍雲丸、
石川五右衛門になってくれると
納得もいくと思うんですよね(=^▽^=)

No title

☆Parlさん
オールぽちどうもありがとうございます(^-^)
五右衛門説に賛成ありがとうございます(=^▽^=)
本当の脚本知らないけど今からぜひ
そうしてもらいたいですよね(笑)

あの城はまさに厳島神社でしたね~!
浜名湖はうなぎのイメージが強過ぎるので
新名所として浮き城を作って欲しい…!

No title

石川五右衛門の逸話香炉の話は知っていました
徳川美術館にありますよ
我が家の近くですから
見ましたよ(たぶん)(^ν^)
いろいろ面白いお話がこれからどう展開していくのかな膨らみすぎたか感じもしないでは無いですが
ナイス

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
千鳥香炉を徳川美術館でご覧になりましたか
それはうらやましいです(^ ^)
名古屋に行く時は、ぜひ見にゆきたいと思っています…!
ドラマのほう、
だいぶ大風呂敷を広げた感じになっていますね(笑)

No title

このところちょっと大河ドラマ見れてませんでして 実は今 24話目見ながらコメントいれてます。(しかも25話目録画失敗してました。。)石川五右衛門と言えば 直虎では信長役の海老象さんが主演してたテレビ東京のドラマ見てました。いまいち話題にはなりませんでしたが面白いドラマでした。

No title

☆ばねぱんさん
ナイス!どうもありがとうございます(^-^)
今年前半が終わって視聴者のみなさん
見続けるの止める場合も多い頃ですよね(^ ^;)
おぉ、近頃話題の市川海老蔵さん、
石川五右衛門も演じましたか!
あまり話題にならない番組にもいいものが
隠れてますね(=^▽^=)

No title

千鳥の香炉が鳴き声を発して秀吉に危険を知らせたという逸話は有名ですね ^^
なんと元は氏真の旧蔵でしたか。氏真も千鳥の香炉を巧みに利用して戦国乱世を生き延びたわけですね。歴史上の有名武将の間を渡り歩いた、これぞ「名物」というやつですね。全ポチ☆

No title

☆越前屋平太さん
全ポチどうもありがとうございます(^-^)
千鳥の香炉、
氏真から信長という数奇な経路をたどって
現在まで生き残りました…!
名物中の名物なのでしょうか(^ ^)
常時展示してるのか分かりませんが
徳川美術館にあるとのことなので
いつかじかに見てみたいものです(=^▽^=)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ