FC2ブログ

記事一覧

「直虎」隠し子/四天王で最年少の直政、恐怖の人柄

大河ドラマ『おんな城主 直虎』
 第20回「第三の女」作:森下佳子
【井伊直親の隠し子発覚!】
 時は永禄10(1567)年?、井伊家の一人娘・井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年33歳ぐらい。

今回登場した戦国地図です。

 
今は亡き亀こと井伊直親(三浦春馬)に隠し子がいたことが発覚! 高瀬(高橋ひかる)という名の、もう年頃の娘です。本当に直親の娘なのかどうか騒動になりましたが、ある時、拭き掃除をしていた高瀬が鼻唄を。それが、なんと懐かしの、直親の笛の音と同じ! こうして、直親の実の娘と、みな認めたのでした。
 
さて、直虎たちは、気賀(きが)という町を視察に出かけました。今川から格別に許され、商人が自治する町だそうです。そこでスレ違った男は……♪アンニョセーラ・ブギヲナンショ・ユキンパーリャ・ユカンマーイ♪(※謎めいた旅の者テーマ曲)……頭(かしら)と呼ばれる旅の者、柳楽優弥。正体は一体!?
 
今回は、いわゆる徳川四天王の最年長者酒井忠次(みのすけ)が登場、確か初めての登場です。それから気になったのが、松平(徳川)の情報収集者・常慶(和田正人)の家名が、オープニング・クレジットで「松下」になっていたことです。松下家は、実は、虎松(後の井伊直政)の生母(貫地谷しほり)と重要な縁があって、虎松は一時期「松下」を名乗ることになるからです(この松下家は、秀吉とも縁があります)。何か常慶と関係が出てくるのか、注目したいです!
 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^^=)
【四天王で最年少しかも外様
井伊直政を取り巻く嫉妬と恐怖】
 ドラマではまだ幼児の虎松は、のちに井伊直政になります。のちのちには、いわゆる徳川四天王の筆頭にまでのし上がる大武将です。活躍が始まるのは天正3(1575)年頃からなので、ドラマではだいぶ先になりそうで、どうなるか一視聴者の私にはまだ読めません。
 
ひとまず、井伊直政という人の個性について、少し書いておこうと思います。
独断と偏見で書きますが、井伊直政は、あえて分けると織田信長的なタイプかなり怖く、家臣にちょっとした失敗があると斬ることがあったそうなので、上司には絶対したくないタイプと言えそうです。自分に厳しく、家臣や他人にも厳しくて、その厳しさを圧()しつけてくる。
実際、ある家臣が書いた手紙に「兵部どの(井伊直政)に仕えるのは毎日が死ぬ思いで、家族とは毎朝、水盃(みずさかずき)を交わして出仕している」という内容が残っているくらいです。
 
まえに「赤備えの系譜」という記事を書きましたが、井伊直政はいわゆる「天正壬午(てんしょう・じんご)の乱」で活躍。そのため、大変勇敢な山県昌景(武田家の名将)らの従士だった者たちを配下に置くことが認められました。こうして「山県(やまがた)の赤備え」を継承して「井伊の赤備え」が誕生したのです。
 
このことに、四天王の1人榊原康政が怒りました。
「あの若輩者になぜだ! 直政に会ったら刺し違える!」
 この時に榊原をなだめたのが、四天王の最年長者酒井忠次だったのでした。
 
 
【年齢差が大きい“徳川四天王”】
 今でこそ「徳川四天王」と言いますが、これは後世の呼び名のようで、それもそのはず、4人の年齢がそうとう離れています。榊原康政が若輩呼ばわりしたのももっともで、榊原と井伊直政の年齢差は13最年長の酒井忠次と直政とは、実に34歳も離れていました。(榊原と本多忠勝は同年齢)
そんなわけで、ただでさえ若い。しかも、他の譜代家臣のように三河出身ではなく、ドラマで分かるように遠江出身でした。恐らく、古くからの三河家臣団から見れば、外様同然だったと思います。にも関わらず、家康の寵愛を受け、赤備えを任されたのはなぜか…?
 
1つは、家康の見る目が優れていて、「天正壬午の乱」での井伊直政の、戦略・政略にわたる活躍をしっかり評価したから…ということがあります。
もう1つは、遠江にこれといった有力武将や国衆が井伊家以外に無く、直政にかかる期待値が非常に高かった…というのがあると思います。結果的に、直政はそんな家康の期待に応えるほどの能力がありました。
 
ただ、直政は前述のように実に怖い武将だったので、直政の大活躍が家臣たちの恐怖や犠牲によるものであったことも充分考えられます。まったく、井伊家臣はたまったもんじゃなかったでしょうね…!
 
  ~主な参考文献~
編:阿部猛・西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(新人物往来社)
小和田哲男『井伊直虎 戦国井伊一族と東国動乱史』(洋泉社)p.193
渡邊大門『おんな領主 井伊直虎』(中経の文庫)p.119132
歴史群像シリーズ22号「徳川四天王」(学習研究社)p.122
監:奈良本辰也『戦国百人一話Ⅲ 徳川家康をめぐる群像』(青人社)p.98
「歴史人」No.782017年6月号(KKベストセラーズ)p.32

NHKテレビ『その時 歴史が動いた』「徳川四天王に学べ!~組織のためにいかに生きるか~」

 
 
全貌を現した
南渓和尚(小林薫)の猫である。
名前はまだない! 直虎だけに、トラか?

 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

見てましたeNICE

No title

☆ぎいさん
見てましたか~(^∇^)
隠し子出てきて大変でしたね。
NICEどうもありがとうございます(^-^)

No title

隠し子騒動?よくある話ですが・・こう言うときのサイドに出てくる家康はほんとに確かな目を持った武将なんだなと・・改めておもったりしますね
どうなるのかな
ないす

No title

☆みっちゃんさん
ないすどうもありがとうございます(^-^)
井伊直親にお妾さんのような女性がいたのは確からしいんですが
よく分かってない話で1話丸々作ってしまうのは
大河としてはどうかという感じですね(笑)
今回ちょっと出てきた家康は落ち着いて状況分析してました(^ ^)
でもドラマこの先どうなるかちょっと心配です(笑)

No title

こんばんは。
きちんとした後ろ盾のない井伊直政としては、とにかく結果を求めたとしても仕方がないですね。

No title

高瀬(高橋ひかる)さんのお顔がなんとも凛々しい少年っぽくもあって見とれてしまいました^^ こんごの展開もますます気になり楽しみです^^

No title

☆ハニー先輩さん
井伊直政はけっこう特殊な立場ですね。
本人も大変だったとは思いますが
家臣は名前も残らずに厳しい待遇で気の毒です(笑)

No title

☆ばねぱんさん
ナイス!どうもありがとうございます(^-^)
高橋ひかるさん、初めて見ました(^∇^)
百姓娘なのにとても溌溂として品がある感じで
歯もきれいなのが印象的でした~!
これからも活躍して欲しいですね♪

No title

こんにちは😆🎵
ナイスをありがとうございました😆🎵
それからごめんなさい😰💦
私、このドラマ見たことないです😖💦
だから、どんなお話しかわかりません😫💦
ほんとにごめんなさい😫💦

No title

☆パティ-ホープラビットさん
こちらこそナイスどうもありがとうございます(^-^)
ぼくは大変な歴史好きで
好き勝手に大河ドラマの記事を毎回書いてるんです(笑)
スルーしちゃってぜんぜんかまいません(^ ^ゞ

No title

あんな臆病で気弱な心君が後に怖い武将になってしまうのは直虎の教育の成果だったのでしょうか?
私的にはあのまま可愛い子でいて欲しいけれど(笑)

あの隠し子は本当にいたんでしょうか?
これから意外と重要な立場になりそうな予感…。

やっとやっと柳楽優弥が出てきましたね♡
来週から楽しみ~~(^^)

頭の活躍に期待を込めてオールポチです☆

No title

☆Parlさん
オールポチどうもありがとうございます(^-^)
虎松、気弱な感じですけど、
そういう子が家臣を持つと意外と強気に出たり
空気読まずに突進しだしたりするのかも~(笑)

隠し子はどうやら本当は最初から分かっていたらしいんですが、ドラマが工夫してあとに発覚したという展開に変えたようですね。

柳楽優弥はどうなるんだろう
直虎と恋に落ちるのかな…!?

No title

そうかあーそうかなー♡
でも鶴可哀想だなあ~( ;∀;)

No title

☆Parlさん
直虎と柳楽優弥は恋に落ちそうな気するけど
結局は住む業界(?)が違うから…って話になりそうな~
直虎、最後は鶴のところに戻るんじゃないかなぁ~(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ