FC2ブログ

記事一覧

多重人格を知るヒント!「スプリット」23人格+α

 解離性同一性障害、いわゆる多重人格者に誘拐される3人の女子を描いたスリラー映画『スプリット』を見てきました。


脚本・監督・製作:M.ナイト・シャマラン(『シックス・センス』『アンブレイカブル』)
   2017アメリカ作品

【キャスト】
ジェームズ・マカヴォイ
アニヤ・テイラー=ジョイ ベティ・バックリー
 
23人格+αをもつ犯人の恐怖…!】

 チラシ(上の写真)を見ると、「誘拐した男23人格」と書いてあって、もうこれだけで実話事件をもとにしてかつて大ヒットしたダニエル・キイスのノン フィクション24人のビリー・ミリガン』を想起させます。影響はまず間違いないでしょう。

 
 女子生徒3人組を、お父さんが車で送って行くことになって、後部トランクに荷物を積んでいると…。謎の人物の主観で映るお父さんいかにも事件が起きそうで、もう怖い! 話しかけるお父さん「何か…?」 そこで映像が車内の娘たちに切り代わる。何も気づいてないヒロインがふとバック・ミラーを見ると、崩れた荷物が映っている…。怖い! いや~、怖いです。
 
犯人は23重人格者ということで、青年人格、女性人格、少年人格…と、様々な面をもっています。どの人格が出るかは、みんなが椅子(イス)に座っている中で、誰か1人に照明が当たっているイメージだという。
幼児期に虐待を受け、別人格に嫌なことを受けもってもらうことで、生存の危機を回避したのが事の始まりらしい。ビリー(ウィリアム)・ミリガンともほぼ共通していると思います。犯人の主治医によると、人格だけじゃなく、驚くべきことにアレルギーやコレステロール値まで変動する…、患者は劣っているのではなく能力を解放しているのである…。
 
   お奨め度  2
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
 
【あなたは別人格を使い分けているか…!?】
 大変興味深いです。ただ、ビリー・ミリガンの実話を知った時の衝撃が強烈過ぎ、映画は徐々に色あせて感じてしまいました。怖いことは怖いし、結末もまぁ怖いんだけど、いま一つでした。
 
私自身はこの手の問題にやや懐疑的なのですが、人間は誰しも社会的なペルソナ(仮面)を付けて家庭・ご近所・学校・職場・友達・恋人・1人の時などと、自分を演じ分けていることを考えると、極度に困難な状況では、本当に人格が分裂(スプリット)するケースがありえるのかもしれないなぁ…とも考えています。
 今回のお奨め度は低めですが、多重人格や虐待問題に関心あるかたには、お奨めします。
 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

複雑そうな映画ですねNICE

No title

はじめまして😊🎵こんばんは😆🎵
こわい映画ですね😥💦
たくさんの人格が、いろんな事をしたり、悪いことをするなんて、こわいです😖💦
中には良い人格もあるかも知れないけど、いつ悪い人格が出てくるのかわからないから、とてもこわいですね😰💦
今日は私のブログに来てくれて、ありがとうございました😆🎵

No title

☆ぎいさん
NICEどうもありがとうございます(^-^)
1人の中にたくさん人格が存在するので
ちょっとややこしくて、怖い話でした…!

No title

☆パティ-ホープラビットさん
ご訪問とコメントとナイス!もどうもありがとうございます(^-^)
調子がいい時は、人格の調和がうまくいっているのですが
悪い時は、1人の頭の中で違う人格同士が不仲になってしまって混乱したり、
すごいことになってました。
とても怖い話です。
またうかがわせて戴きますね(^∇^)

No title

こんばんは。
映画館で予告編を観ましたが、もうそれだけで怖かったです~

No title

誰にも 二面性はあるかもって 思うことはありますが

23ってちょっと 恐いかも^^

No title

☆ハニー先輩さん
怖い映画でした!
近頃の映画は予告編に力が入っていて
本編よりもいい出来のことがありますね(笑)

No title

☆サッチさん
ポチどうもありがとうございます(^-^)
23も人格があると、1人の頭の中で
人格同士が不仲になったりすることもあるらしく
怖いような笑えるような話でした(^ ^ゞ

No title

あらら しゅーまいさん 評価低いですね~^^
この映画すごく楽しみにしてるので しゅーまいさんの記事今回はスルーで
見たらまた熟読させていただきます^^

No title

こんにちは♪
ただただ、ジェームズ・マカヴォイの怪演を楽しんで観ました。
野獣(ビースト)に成って銃弾も平なのは人格交替なんかでなく変身ですね(笑)。
同じ立場と思える少女もビーストに成るんでしょうか?
TBさせてください♪

No title

☆ばねぱんさん
「いま一つ」というお奨め度にしたのは久々です(笑)
でも、テーマは興味深かったし、怖い物語でしたよ(^ ^)
よかったら今度ばねぱんさんの批評読ませてくださいね(^∇^)

No title

☆風森湛さん
ナイス!とTBもどうもありがとうございます(^-^)
確かに怪演でしたね。惜しいのは、23人格を売りにしながら、なぜか5人ぐらいしか出てこなかったですよね(笑)
すごく残念でした。
ビーストは恐らくこの映画の独創的なものかもしれません。「美女と野獣」ならぬ「美女野獣」を見てみたいですね(笑)

No title

多重人格というと、私の大好きな韓国ドラマ「キルミー ヒールミー」を思い出します(o^^o)

もし、機会があったらぜひ見てください(((o(*゚▽゚*)o)))♡

No title

☆えっぴさん
韓国にも
多重人格をテーマにしたものがあるのですか…!
今度探してみますね(=^▽^=)

No title

昨日ブランチで紹介していてめちゃめちゃ興味持ちました。
ただ私洋画は殆ど見ないので…どーしようかなー!って感じで(笑)

やっぱ怖いんだ…
でも2点なんですね。

どーしようかなー!w

オールポチ☆です~(^^)

No title

☆Parlさん
オールポチいつもありがとうございます(^-^)
洋画は字幕を読んでいるうちに
目が疲れるようになってしまいました(^ ^;)

多重人格のせいかちょっと矛盾する行動あったり話に飛躍もあるので
そのあたりどう思うかでおもしろさ変わると思います(^ ^)
多重人格に興味あるなら、きっとおもしろいですよ~!

No title

しゅーまいさん!!
見てきましたよ~~!自分 シャマラン監督の大ファンなのですが
見終わった直後は正直判断不能でした^^前作『ヴィジット』がめちゃくちゃ
面白かったので それと比べたら面白くないわな~~って感じていましたが。。

いろいろ思いかえしたり いろんな方のレビュー読んだりしてたらまた感想もかわってきました^^ ブログでくわしくアップしますね^^

No title

☆ばねぱんさん
見ましたか~!
テーマは非常に面白かったですが
主演&怪演の多重人格者がどう見えたかで
だいぶ反応変わりそうですね。
なんでもかんでも子供の虐待問題にしてしまうのも、正直またか、という感じだし、難しいところだったと思います。
ばねぱんさんのブログ・アップを楽しみにしていますね(=^▽^=)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ