FC2ブログ

記事一覧

悪夢とささやかな幸せの記憶…岡田准一映画「追憶」

 少年時代に罪を背負い、それを忘却するようにして生きてきた3人の男たちが25年振りに再会するズシリと見応えある人間ドラマ、岡田准一主演の映画『追憶』を見てきました…!
 

原案脚本:青島武 瀧本智行
監督:降旗康男
撮影:木村大作
   2017日本作品

【登場人物:キャスト】
四方篤(しかた・あつし 刑事):岡田准一
川端悟(ガラス会社の社長):柄本佑
田所啓太(土建会社の社長):小栗旬

四方美那子(篤の妻):長澤まさみ
田所真理(啓太の妻):木村文乃

仁科涼子(喫茶店経営):安藤サクラ
山形光男(涼子に片思い):吉岡秀隆
 
 
【少年の日の悪夢がよみがえる…】
 富山25年前。「ゆきわりそう」(雪割草)という喫茶店を一人で経営する仁科涼子(安藤サクラ)は、孤児・捨て子となっていた3人の少年を引きとり、支えていました。楽しい毎日でしたが、ある時、涼子と腐れ縁のやくざ男がやって来て…。もてあそばれる涼子を案じ、少年たちは決意。その手には、金属バットが!

 絶命した男をかたわらに、涼子は「このことは忘れなさい。そしてもう二度と会わないと約束しなさい」 血シブキを浴びた安藤サクラの形相がすさまじいです。

 

25年経った今、あの時の少年の一人、四方篤(しかた・あつし 岡田准一)富山県警の刑事になっていました。背負った過去のせいか、正義感が強過ぎます。子供を虐待死させた被疑者につかみかかり、弁護人にとがめられ…。

 
そんな篤がラーメン屋で子供の頃と同じように、嫌いなメンマをより分けて食べていると、それを見た男が声をかけてきます。「あっちゃんだね!」
 例の3人組の1人、川端悟(柄本佑)でした。25年振りの再会。悟は、今は東京のガラス会社の社長で、資金繰りが苦しく給料遅配が続いていると言います。あとで分かるのですが、悟は、3人組のもう1人、田所啓太(小栗旬)400万円もの大金を借りにいくところだったのです。まさか、揺すり…? 悟と啓太はどんな仲なのか…?
 
まもなく、悟と啓太のどちらかが犯罪の被害者となって命を落とし、もう一方はじきにその殺しの嫌疑をかけられます。捜査本部に配属された刑事の篤は、2人との関係を話すことができず…。そのせいで、やがて、疑いの目が…!
 
   お奨め度  4・5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
 
【重厚感のある人間ドラマ、カメラワークも圧巻!】
 「ずっと会いたかったけど、会えなかった」と語る友人との再会が、過去の忌まわしい記憶、少しの幸せな記憶とないまぜになり、岡田准一を苦しめます。背負った重みを感じさせる圧倒的な物語と演技が圧巻で、息苦しくも引き込まれていきました。
 
物語に夢中で、細かい撮影方法まで気が回りませんでしたが、木村大作が撮っているだけあって、日本海の夕陽の重みをドーンと捉えた映像、また、事件が起きて動揺する状況を手ブレだらけの映像で表現したあたりなど、絶句するほどのエネルギーを感じました。
 
真犯人がギリギリまで見えてこなくて牽引力(けんいんりょく)があるし、なによりも血の通った人間ドラマに重みがあります。この重量感、味わう価値ありです…!
 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
予告編や映画の宣伝の番組を観ていると、かなり重厚な内容になっているようですよね。
ちょっと重すぎて劇場で観るかどうか迷ってしまいました。

No title

こんばんは。

『追憶』というと、The Yellow Monkey(伊右衛門)の
『追憶のマーメイド』を思い出します。

https://blogs.yahoo.co.jp/dfbcr152/11171240.html

この映画も、予告編で気になっていました。
『永遠の0』『軍師 官兵衛』『海賊と呼ばれた男』を
観ましたが、岡田准一は素晴らしい演技ですね。

彼は、映画『関ヶ原』で石田三成を演じますが、
島清興(左近)や、大谷義継(刑部)は誰なんでしょうね…
「私、気になります!」by 千反田える

No title

同じく、ミステリー小説が原作の『藁の楯』『64』は、
チネチッタで観ました。どちらも素晴らしかったです。

ミステリ小説『櫻子さんの足もとには死体が埋まっている』
も面白いdethよ。

http://www.fujitv.co.jp/sakurakosan/

No title

☆ハニー先輩さん
そうなのです、重たい内容で
劇場のシートに体を預けて
じっくり見たいタイプの映画でした…!
重いの避けたい時は合わないかも、ですね。

No title

☆Ozz☆にゃんさん
追憶という言葉、
響きもイメージもなんかきれいで哀愁ありますね。
名曲が生まれやすいワードかも。

永遠の0も官兵衛も海賊…も見て、
今度の追憶も名演技でした…!
『関ヶ原』の予告編、流れてました
これまた見にいくかも。
「私、気になります!」いつものエンドレスですね(笑)

藁の楯はテレビ放送の時に見ましたが
あれは設定興味深かったものの後味悪かったです(^ ^;)
64というのは見たことないです。
櫻子さん人気あるようですね(^ ^)
今度見てみます。

No title

音楽もよかったですね。
図書館戦争も観ましたよ。

エンドロール
縦文字が、左から右へ流れました。

関が原も、当然観ます。
蜩ノ記も観ました。

No title

☆キックオフさん
コメントどうもありがとうございます(^-^)
音楽は千住明でした。
千住さんの、けっこう前ですがNHKスペシャルの音楽
ものすごくいいんですよ。

エンドロール、確かに縦文字の流れでしたね
なんとなく古きよき映画のエンドロールのイメージあります。

図書館戦争も蜩ノ記も映画館で見ました。
特に岡田准一で選んでいるというわけでもないんですが(笑)、
あらためて振り返ってみても“当たり”の作品が多いですね、
やっぱりいい役者さんなのですね。

No title

辛口のしゅーまいさん絶賛ですね。
気にはなってる作品です。
降旗 康男監督作品では
高倉健さん主演の『駅 STATION』が大好きなんです^^

No title

☆ばねぱんさん
ナイス!ここにもありがとうございます(^-^)
そうなのです、辛口しゅーまいも絶賛です!

降旗康男監督、高倉健さん、
素晴らしい映画人ですね…!

次回の映画評は激辛の予定なんですよ(^ ^ゞ

No title

大分期待大で観に行って来ました。
最初にある程度感想を読んで行ったので落胆はなかったのですが、
最初の衝撃からの結末があららでした。

ただ撮影美というか。
心に残る風景が日本だなーって心に残る映像でしたね。

TBさせてもらってます~
オールポチです(^^)/

No title

☆Parlさん
期待が大き過ぎましたか…、
それは申し訳無かったです
作品批評の難しいところですね。
一応結末で男の友情も回復しより深まり…
という展開でラストだったんですが(^ ^ゞ

カメラ・ワークは、古典的なドーンとした日本海の風景と
躍動する事件パートの対照が印象的でした!
TBお返しうかがいますね♪

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ