FC2ブログ

記事一覧

「直虎」三国同盟成る/雪斎の暗躍で義元が当主に!

大河ドラマ『おんな城主 直虎』
 第5回「亀之丞帰る」作:森下佳子
【和泉急死と三国同盟で大変化】
 時は天文23(1554)年、井伊家の一人娘「とわ」(後の井伊直虎)は、推定で数え年1920歳。
 
出家して「次郎法師」になったおとわ(柴咲コウ)。幼なじみの鶴は小野但馬守 政次(高橋一生)となりましたが、亀の行方はいまだ知れず。
鶴の父で井伊家家老の小野和泉守 政直(吹越満)は、相変わらず今川家の手先のように動いております。そして、鶴に井伊一族から嫁をとらせ、ゆくゆくは井伊家の家督を奪おうとの考えでした。が、小野和泉、急死…! これから鶴が父に似るのか似ないのか、気になるところです。
 
和泉急死に加え、大国の同盟関係に大変化があって、なんと10年振りに亀こと井伊亀之丞(三浦春馬)の帰国がかないました! しかも幸い()、亀の亡父・直満(宇梶剛士)とは似ても似つかない男前に育っていました。
おとわ・鶴・亀の三角関係にも変化が見られそうですね。
 
それにしても、壮大で華々しいオープニング曲(菅野よう子)と、井伊家周辺でこぢんまりまとまっている内容にギャップが…()
それから、今回は駿河・甲斐・相模の三国同盟という、戦国史の画期的な出来事を採り上げておきながら、功労者である太原崇孚雪斎(たいげん・すうふ・せっさい)が出てこなかった! 最初から出てないならともかく、佐野史郎が配役されすでに登場してるのに、なぜ…! 一人で囲碁をする竹千代(後の徳川家康)なんてどうでもいいのを出しときながら!
あと、亀はあんなんでいいのかな?
 
次回の奮起に期待です~
 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^^=)
【謎めいた今川義元兄突然の死!】
 今川義元が18歳の時、大事件が起きました!
天文5(1536)年3月のこと。突然、当主である兄の氏輝が24歳の若さで死んでしまったのです。不自然なことに、もう1人の兄・彦五郎も日を同じくして死亡! 普通の死に方とは思えません。謎めいています。その謎は、詳しい史料が発見されてないため今のところ、解けていません。
 
亡き氏輝には子が無かったため、2人の弟が立ち上がりました。どちらも僧侶になっていました。
1人は玄広恵探(げんこうえたん)といって、年上だけど側室の息子。もう1人が富士郡善得寺の栴岳承芳(せんがくしょうほう)といって、年下だけど正室(寿桂尼)の息子です。
当時は正室の重みが大きく、栴岳承芳がまもなく今川義元になります。しかし、側室の一族で重臣でもある福島(くしま)氏が「年の功」を押し出して同年5月、玄広恵探(花蔵殿)とともに一族決起しました!
 
 
【謎めく「花蔵の乱」の背景 雪斎暗躍!?】
 こうして勃発したのが、「花蔵(はなぐら)の乱」と呼ばれる家督争いです…!
謎の多い乱です。主流説では、寿桂尼がとうぜん我が子・義元を助け、名僧の太原崇孚雪斎(たいげん・すうふ・せっさい)も協力して順調に勝利した…とされています。
ところが、寿桂尼が、花蔵殿に味方したとの説もある。奇妙です。
 
また、今川家は前回までの記事に書いたように、北条早雲(伊勢新九郎)に盛り上げてもらったお家だから、北条(氏綱)と仲がよかった。それが、なぜか「花蔵の乱」のあと、義元は敵だった武田信虎と急速に親しくなり、北条を捨てる。実に怪しい。。。
 
一説には、武田と密約を結んだ義元一派が氏輝らを暗殺し、家督の強奪に成功した。
そして、それを蔭で操っていたのが、義元の養育を任されのちに軍師にもなる太原崇孚雪斎だという…!
 
なぜ雪斎がそこまで大胆な行動に出られたのか疑問が残りますが

乱の前年8月、今川対武田の「万沢口の合戦」があり、今川氏輝が負けた。また、今川は北条氏綱の加勢を得たものの、武田信虎を倒せなかった。そのへんをいろいろと考えた結果、今川家の内政・外交を一気に大変革する思いに至ったのか・・・あくまでここでの推測なんですが。。。

 
もう1つ、兄・今川氏輝が亡くなるわずか1カ月前の出来事。
これは非常に珍しいことで、氏輝が隣国の小田原城に出かけていって、北条氏綱と会っているのです。ドラマだとふつうに出てきそうな場面ですが、実際に戦国大名同士が歓談するなんてのは、そうないことです。それだけ仲がよかったわけです。
で、この時、氏輝は何らかの病気にかかっており、のちに北条の要請で鶴岡八幡宮の社僧が祈祷したという。だがすでにその時、氏輝はこの世にいませんでした。
これが何を意味するのか…?
 
戦国の、かなり大きな謎の1つです。
 
花蔵の乱は、勃発から半月余りあとの同年6月半ば、義元らの軍が花蔵城(静岡県藤枝市)を落として玄広恵探(花蔵殿)を自害に追い込み、終息。ここから今川は、武田や北条を巻き込んで大きく動き出します…! そのことは自然と、井伊や松平はもちろん、関東・東海全域に影響を及ぼすことになるのでした!
 
  ~主な参考文献~
編:阿部猛・西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(新人物往来社)
小和田哲男『井伊直虎 戦国井伊一族と東国動乱史』(洋泉社)p.68~、76
監:小和田哲男『今川時代とその文化』(静岡県文化財団)p.96~、122
小和田哲男『駿河 今川一族』(新人物往来社)p.186194
編:小和田哲男『今川義元のすべて』(新人物往来社)p.12~、175
小和田哲男『戦国合戦事典』(PHP文庫)p.90
有光友學「今川義元の生涯(1992年度講演録)(たぶん『静岡県史研究9号』?)p.193213
渡邊大門『おんな領主 井伊直虎』(中経の文庫)p.61
「歴史人」No.742017年2月号(KKベストセラーズ)p.47~、98~、114
 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

シューマイさんの解説の方がずっと面白いですね、とっても色んななぞがあり空想が広がります
自分ならどう脚本を描くかなどと思い描けますさてさて亀さんはどうなるのかな、ナイス解説ですね

No title

☆みっちゃんさん
ナイスもどうもありがとうございます(^-^)
おもしろく読んでくださって嬉しいです(=^▽^=)
歴史の謎は空想の羽を伸ばしてくれますよね♪
ドラマの亀さん、ちょっと違和感あったけど
次回それを解消してくれるのかに注目したいです(^ ^)

No title

見てましたよ、ナイスです

No title

見てましたよ、ナイスです

No title

見てましたよ、ナイスです

No title

☆ぎいさん
見てましたか!
これからの展開に期待ですね♪
どうもありがとうございます(^-^)

No title

花倉の乱の方が知名度あるかも(Wikipedia)に出てるから^^

竹千代登場は後に瀬名姫と結婚する伏線かな~と思いました^^

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

こんばんは。
終ってみたら菜々緒さんの印象が強く頭に残った回でした(^^;

No title

☆栞さん
ALLぽちもどうもありがとうございます(^-^)
花蔵(花倉)の乱はかなり面白くて奥深いです(^∀^)
竹千代はあんまりコメディー仕立てにしないで欲しかったかなぁ…なんて。好みの問題ですけども(^ ^ゞ

No title

☆ハニー先輩さん
瀬名の菜々緒さん、
怖い舞踊を披露して印象深かったですね(^∇^)!

No title

こんにちは♪
既に何話が観ておりません(汗!)。
録画してないとゆっくりとTV観られない時間帯なのがネック!
「5分でわかる」とかって放送もやってるのでおさらいしなければ!
瀬名さん、もう出て来たんですね。

No title

☆風森湛さん
ナイス!もどうもありがとうございます(^-^)
今のところなんかのん気な感じに話が進んでいるので
すぐに追いつけると思いますよ(^ ^)
瀬名姫、子役の時にも登場して
ずいぶんかわいい子が演じてました。学校でモテモテかも…?

No title

いよいよ子供時代が終わって柴咲コウさん登場の回ですね^^

なのに今回 録画失敗しました^^
土曜日再放送 予約してます^^

No title

☆ばねぱんさん
ナイス!もどうもありがとうございます(^-^)
子役からの変化はなかなかうまくいっていたような気がします(^∇^)
再放送視聴なのですね(^ ^)
お時間あるときに無理しないで見てくださいね^ ^

No title

こんばんは。

音楽監督の菅野よう子と言えば、アニメ『カウボーイ・ビバップ』や
『マクロスF』、そして初期『信長の野望』や『大航海時代』の音楽を
手描けていましたね。『カウボーイ~』や『マクロス』は、DVDやblu-ray持っています。

太源崇孚雪斎と言えば、彼が生きていれば桶狭間の敗戦も
無かったと言われる名軍師ですね。

今川義元は、過小評価され杉な武将だと思うので、
これから、ドラマでどう描かれるか、非常に興味が
あります。

大河ドラマも2話までしか観ていませんが、漫画『センゴク
桶狭間戦記』が、「罪(積み)漫画」化しているので、
こちらも読まないと…

「猫東海一の弓取り」的に‟ニャ”イス!!

No title

☆Ozz☆にゃんさん
猫弓取り的なニャイス!どうもありがとうございます♪
菅野よう子が初めの頃の『信長の野望』など
作曲していたのですね、知りませんでした。
ぼくは攻殻機動隊が一番印象に残っています(^∇^)

太原雪斎も義元もどんどん寿命が近づいてきました(笑)
亡くなる前になるべく活躍してほしいです(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ