FC2ブログ

記事一覧

「直虎」蹴鞠スポ魂/北条早雲も今川の軍師だった!

大河ドラマ『おんな城主 直虎』
 第3回「おとわ危機一髪」作:森下佳子
【蹴鞠は友達、怖くない!】
 時は天文14(1545)年、井伊家の一人娘「とわ」(後の井伊直虎)は、推定で数え年1011歳。
 
井伊家の後継者問題を巡って、おとわ(新井美羽)は「出家をすれば、誰の嫁にならずとも済む!」と、勝手に髪を切ってしまいました! しかし、後継者決定に介入しようとしていた太守の今川家が怒り、駿府に呼び出されてしまいます。おとわを人質にしようというのです。
 
京の都のように賑わう駿府。今川館にて、おとわは義元の生母・寿桂尼(浅丘ルリ子)と対面。今川家臣団の蹴鞠を見せてもらいます。そして、のちに蹴鞠の名手としても知られることとなる義元の嫡男・龍王丸(たつおうまる=今川氏真 中川翼)が登場。龍王丸よりも長く蹴鞠(リフティング)を続けられれば望みの褒美をやる…という話を聞いておとわが挑む! 
傷だらけになってスポ魂のように蹴鞠を続け、とうとう龍王丸に1勝し、帰国が望みだと言い放ちました。おもむろに出てきた義元(春風亭昇太)の反応は!?
 
 
  おまけ:今回も番組に登場した龍潭寺の南渓和尚(小林薫)の猫
      盃とセットでマスコットのようになっているようです()

 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^^=)
【北条早雲も今川の軍師だった!】
 今回のドラマに、佐野史郎が演じる太原崇孚雪斎(たいげん・すうふ・せっさい)が登場しました。今川義元の軍師役を務めた人物で、もし雪斎が生き続けていれば桶狭間の敗戦は無かった…とも言われるほどの人です。
かつての今川家にも、雪斎に並ぶ…いや、雪斎を超える戦国史上最高レベルの軍師がいました。北条早雲です…!
 
 文明8(1476)年。「応仁の乱」に関連する合戦で、今川義忠(義元の祖父)が急襲され享年41で死んだ時、義忠嫡男の龍王丸(たつおうまる:後の今川氏親)は数え年でたったの6歳でした。もちろん、政権能力がまだありません。
そのせいで、今川家は内部分裂してしまいます。あくまで龍王丸を立てながら政権運営しようという一団と、龍王丸の叔父さん小鹿範満(おしか・のりみつ)に家督相続させるべきだという一団です。
 
この対立を見て、隣国が出兵してきました。これまた対立する2つの軍です。1つの軍勢は、堀越公方(ほりごえくぼう)足利政知の家臣・上杉政憲が率いる兵300です。もう1つの軍勢は、関東管領(かんれい)上杉定正の家臣で江戸城の築城などで名高い名将・太田道灌(おおた・どうかん)が引き連れ、これも兵300です。兵数の少なさが、この時代らしくてなんだか牧歌的。とは言っても当人達は大真面目で、重大な合戦が始まりそうなことに人々は怯えました。
 
龍王丸の母(北川殿)は不安になり、兄の伊勢新九郎(宗瑞 そうずい)を呼び、協力してもらうことにしました。この伊勢新九郎こそ、のちの世で北条早雲と呼ばれることになる戦国有数の名将です。伊勢新九郎は足利八代将軍義政の弟・義視(よしみ)に仕えるなど、かなり格の高い仕事をしていましたが、「応仁の乱」の大波をもろに受けて一時的に浪人生活をしていたのです。
 
伊勢新九郎(北条早雲)はいきなり高い交渉能力を見せました。出兵してきた上杉軍と太田軍を、話し合いで収めてしまったのです。さらに、小鹿範満に一時的に政務代行させ、龍王丸(今川氏親)15歳で元服したらすぐ政権返上する…という約束をまとめました。非常に優れた能力です。
 
ひとまず事態が収まったのを見て、伊勢新九郎は帰京し幕府の申次衆(もうしつぎしゅう)という仕事に就きました。
が、小鹿範満はいつまでたっても権力を手放しません。再び今川家が混乱し始めた長享元(1487)年、伊勢新九郎は戻ってきて小鹿を討ち取ってしまいました。
今川氏親(義元の父)に家督を取り戻してくれた伊勢新九郎は、さらに軍師役を務めて今川が関わる合戦で大采配を振るい、同時に自らも戦国大名になってゆくのです。そんなわけで、今川&北条は、戦国の先駆者、英雄と言っても過言ではありません。
 
 次回は、女戦国大名の寿桂尼について書く予定です~!
 
  ~主な参考文献~
編:阿部猛・西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(新人物往来社)
小和田哲男『井伊直虎 戦国井伊一族と東国動乱史』(洋泉社)p.62
監:小和田哲男『今川時代とその文化』(静岡県文化財団)p.88
渡邊大門『おんな領主 井伊直虎』(中経の文庫)p.61
 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

(゚∀゚)そういうことなんですね。
北条早雲のシューマイさんのお話のほうがずっと面白い気がしますがストーリーとして子供時代が描くのは仕方ないにしてもねぇ
いくら上手でもそこは子役ですものね
なんかかったるい気がするけどいけないかな
ブログ記事を読んで面白みにはいっぱいです
ナイス

No title

てっきり南渓和尚が今川の言いがかりを論破して、おとわと共にさっそうと井伊谷に帰るのかと思いきや、全くのダメダメ和尚でしたね
春風亭昇太さん、最後までセリフなしか?と思ったら、少ししゃべって安心しました(笑)ALL

No title

☆みっちゃんさん
北条早雲の話面白いと言って戴いて
とても嬉しいです(=^▽^=)
ドラマのほう子役がんばってますが
さすがにやっぱり逸話が少な過ぎて
苦心してそうな感じが見受けられますよね(笑)
ちょっと創作が多く真実味が少なくて
間延びしてかったるい感じ出てしまってるかも…(^ ^)

No title

☆越前屋平太さん
ALL☆どうもありがとうございます(^-^)
ダメ和尚と見せかけて実は…と、当然予想してたら
「和尚の試みはことごとく失敗したのだった」とかって
ナレーション入ってズッコケました(笑)
春風亭昇太さん
どこまで無言を貫くか見所でしたね(^ ^)
ついに口を割ってしまい(笑)よかったような
残念なような気がします(^ ^ゞ

No title

こんばんは。
予告編をみると来週あたりから次郎法師として大人になっちゃますね。
今川義元さんが桶狭間で信長を倒していたら、どうなってしまったのか~。
室町幕府っぽい感じの政治形態が、もう何十年か続いたかもですね。

No title

☆ハニー先輩さん
子役編ももう終わりですか だいぶがんばってたけども
どうにも本当っぽい逸話が少ないのが残念でした。
たしかに信長が負けて消えていたら
斬新なアイデアを実現できる大名が現れるまで
時代が長く停滞したかもしれませんね~!

No title

寿桂尼を楽しみにしてます^^

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちもどうもありがとうございます(^-^)
寿桂尼、
ドラマでこれからまだ何か活躍するのかも
気になりますね(^∇^)!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ