FC2ブログ

記事一覧

社会保険庁 年金コールセンター・サバイバル物語

 社会保険庁コールセンターの話の続きです~

 前回は、時給1100円の派遣の人たちが電話対応をして、
ご相談・苦情・罵倒・罵詈雑言を受けている
ってことを話しました。

 まぁ、もっと安い時給の仕事もたくさんありますが、
その業務の実態を聞くと、派遣の人たちの心労が
時給に見合ったものかどうかちょっと考えさせられます。


 で、正規の社会保険庁の職員はどうしてるかと言うと…、
派遣会社に丸投げです。社保庁の正職員の代わりに、
派遣会社の責任者が部署をチェックしている。
 そして、ハケンのみなさんが電話で
罵詈雑言を浴びているその一番後ろで、あくびしてる(苦笑)

 それでも責任者も一応は仕事していて、
通話内容をチェックしてるんですね。
 私の友人はそれを“盗聴”なんて言ってるんですけど、
まぁ、コールセンターなんだから
通話内容のチェックくらいするでしょう。
 そんでもって、通話をチェックしてクレーマーに対処、
……なんてことはしてくれなくて、
時々 ハケンのみなさんを呼びつけて怒るのが仕事らしい。


   【脱落者続出! しかし社保庁は滅びず】

 そんなだから、脱落者続出だそうです。

 まず、今年10月の半ばにおよそ70人いたのが、
1週間の研修で50人に。その後、11月中旬までに15人が脱落。
11月の給料〆日にまとめて5人が脱落。
 まるでサバイバルですな(苦笑)

 全員戦死したらどうすんの、と思いませんか?
 でも、だいじょうぶ! 社会保険庁は国家機関です、
いくらでも税金で補充兵を追加派遣できるのです!!
 あぁ、よかった!?

 前線の兵士だけバタバタ死んでいって、参謀は何ともない。
大本営ですよ、これは。


 それと、改めてこの派遣会社について。
評判悪いんです。私の友人だけそう言ってるんじゃなくて、
市場からの評価も……。う~む、こんな会社を使っていて、い~の?


 2010年1月には社保庁が廃止され
日本年金機構とやらに変わるそうですが、
報道によれば、懲戒処分歴のある職員も結局は救済されるらしいし……。
 さすが、寛大ですわ、日本国って。

 社保庁の職員は助かるにしても、
年金のシステムはどうなるんですかねぇ?
 まぁ、よく言われる年金崩壊なんて事態は、
実際は革命でも起きない限りないんだろうけど……、



 どうなるにしろ国民年金だけじゃ生きていけそうもないし、
こりゃあ将来コールセンターで働く羽目になるかもなぁ…、恐ろしいことです……

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ