FC2ブログ

記事一覧

「いだてん」出発/くしくもすれ違い、お帰り白瀬隊

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』 第8回「敵は幾万」脚本:宮藤官九郎【資金調達成功、いよいよ出発!】 時は明治45年(1912年)。 マラソンでのオリンピック出場を決めた金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)ですが、活動資金1800円という大金をどうするかが課題でした。すると、四三の兄・実次(さねつぐ/中村獅童)が上京してきて、1800円を用意してきた、と!それは、四三の慕う春野スヤ(綾瀬はるか)のお蔭でも...

続きを読む

人間も主演の映画初監督!岩合「ねことじいちゃん」

 動物写真家の岩合光昭(いわごう・みつあき)さんが、猫だけじゃなくて人間も主演する映画を初監督しました! 『ねことじいちゃん』、人間の主演はこれまた初主演となる噺家の立川志の輔(たてかわ・しのすけ)さんです。さっそく見てきましたよ…! 原作(まんが):ねこまき『ねことじいちゃん』脚本:坪田文監督:岩合光昭(出演『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』/撮影『日本列島 いきものたち...

続きを読む

【猫】ファイト~!猫パンチ1発!!

 虎猫ドラを襲撃する白黒猫ニャープル(Nya~Puru)。猫パンチがヒットしました! さらにドラを引き寄せて… 首を両腕で丸抱えします。ドラ、大ピンチ! 引き倒されるドラ。 ドラ、押さえつけられちゃいました。 しかし、ドラは健脚を活かして盛り返し… ほんの一瞬の間にニャープルの押さえつけをすり抜けて今度はドラの逆襲です!  続く(=^ェ^=)  『車猫が出てきた! ~ノラ猫...

続きを読む

「いだてん」テコ入れ?/乃木大将もうすぐ殉死

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』 第7回「おかしな二人」脚本:宮藤官九郎【テコ入れ? 分かりやすくなった!】 第5回オリンピック、スウェーデンのストックホルム大会までの道のり。 時は明治45年(1912年)2月、オリンピック出発まであと3カ月。テコ入れが行なわれたのか、今回は時代の行き来がほぼありませんでした。そのため、大変分かりやすい展開でした! 金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)は、...

続きを読む

美味!日本酒チョコ「出羽桜」/「大信州」純米大吟

 日本酒ガナッシュというものを戴きましたよ!こちらです。 『日本酒ガナッシュ 出羽桜 吟醸酒桜花』内容量82g…戴きもの【千葉県船橋市/株式会社 メリーチョコレートカムパニー 船橋工場】〔チョコレート〕 まろやかでとても美味しいチョコでした。日本酒の香りは、かすかにするかなぁ…という程度です。ちょこっとだけまぶした感じなのかも。どうせなら大量に練り込んだり、ウィスキー・ボンボンみたいに液状のを...

続きを読む

映画「ファースト・マン」反対運動もあった月面計画

 今年2019年は初の月面着陸から50周年! そのアポロ11号往還を描いた映画『ファースト・マン』を見てきました! 臨場感いっぱい、シリアスな作品でしたよ。 原作:ジェイムズ・R・ハンセン 『ファースト・マン ニール・アームストロングの人生』脚本・製作総指揮:ジョシュ・シンガー(『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』)監督・製作:デイミアン・チャゼル(脚本・監督『ラ・ラ・ランド』/製作『セッション』)製作...

続きを読む

「いだてん」五輪費用と辛亥革命/落語は円生に限る

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』 第6回「お江戸日本橋」脚本:宮藤官九郎【五輪選手派遣と辛亥革命勃発…!】 時は明治44年(1911年)12月。金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)は、播磨屋主人・黒坂辛作(ピエール瀧)が作った自慢の足袋の不具合を指摘して怒らせてしまいました。が、恐る恐る再訪すると、辛作は底のぶ厚い改良足袋を作ってくれていました。喜んで走る四三。 その頃、大日本体育協会会長でもあ...

続きを読む

【猫】戦う意志と元気はある!

 膀胱炎気味の白黒猫ニャープル(Nya~Puru)ですが元気あります。虎猫ドラの隙(すき)を見て襲いかかろうとしていますよ。ちなみに、左側にジャージ姿で寝転がっているのはぼくの妹です(笑)猫達の世話を、亡き母から引き受けてくれて、大変感謝しています。ぼくは近所のあばら家に独居していて、ほぼ一日置きに夜、猫観察に訪ねるという具合です(^ ^ゞ さて、ドラがニャープルのたくらみに感づきました。 しかしニャー...

続きを読む

【猫】膀胱炎気味、治るかな…?

 このところニャープル(Nya~Puru)のシッコの量が少な目だったので、また通院しましたよ。膀胱炎気味だったようです。一見元気でもシッコ出ないと毒素がたまって大変なことになります。注射と点滴を打ってもらいました。先生が「雄は膀胱炎になりやすいから、雌がお勧めです」なんて言うんですが性転換できるわけじゃないし、今さら言われてもねぇ(°∀°;そもそも、運命的に出会ったので、性別を選ぶ余地ありませんでした。 ...

続きを読む

「いだてん」四三と三島の活躍/志ん生、居眠りする

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』 第5回「雨ニモマケズ」脚本:宮藤官九郎【四三と三島の活躍】 明治44年(1911年)11月19日、オリンピック選手予選会が開催されました。100m走予選が始まり、スポーツ同好会「天狗倶楽部」を率いる痛快男子十傑運動部門一位、壮快なる貴公子こと三島弥彦(やひこ/生田斗真)は審判員を務めていましたが、見ているうちに闘争心を抑えられなくなり参戦。12秒で優勝し、400mと800mでも優勝...

続きを読む

悶絶裸踊「サスペリア」/実話「フロントランナー」

 「世界3大ホラー映画」と称されるものがあって、『エクソシスト』(1973年)・『オーメン』(1976年)・『サスペリア』(1977年)をそう呼ぶそうです。その『サスペリア』が新しく再構築され、上映されています。 脚本:デビッド・カイガニック監督:ルカ・グァダニーノ(『君の名前で僕を呼んで』)音楽:トム・ヨーク(レディオヘッドのヴォーカル&ギター)原題『SUSPIRIA』   2018イタリア&アメリカ作品 日本公開20...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新コメント

月別アーカイブ