FC2ブログ

記事一覧

SF好きに響く映画「コーヒーが冷めないうちに」

「4回泣けます」がキャッチ・コピーの話題作の映画版『コーヒーが冷めないうちに』を見てきました。過去を吹っ切りたい人、認知症に関心のある人、特に時間SFが好きな人にお奨めしたい内容でしたよ。 原作:川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』『この嘘がばれないうちに』脚本:奥寺佐渡子(アニメ映画『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』)監督:塚原あゆ子(テレビドラマ「アンナチュラル」「重版出来!」「N...

続きを読む

「西郷どん」島津のお家芸釣り野伏/本多忠勝の誤り

大河ドラマ『西郷どん』 第36回「慶喜の首」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【錦の御旗と侍の覚悟】 時は慶応4年(1868年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年42歳。1月3日、鳥羽伏見の戦いが始まりました(厳密には1月2日、海戦で戦闘開始)! 大久保一蔵(のちの利通/瑛太)が言うには、「戦況は、お味方不利」岩倉具視(ともみ/笑福亭鶴瓶)「最後の手段や、あれの出番や!」 薩長軍(新政府軍)側に錦の御旗(みはた)が...

続きを読む

【猫】パンツを脱いだ猫(原因はストレス?)

 わが家の紅一点、タンタン(7才)が病院で治療を受けていますよ。 なぜかと言うと、この通りパンツを脱いだようなありさまになってしまったからなんです。 ちょうど大事な部分だけスースーしてセクシーというか寒々しいです。 原因は毛づくろいのし過ぎですがそのおおもとの原因がよく分かりません。なんらかのアレルギーか、またはストレスなのではないか。。。 タンタン「フカフカのパンツをはきたい…! ...

続きを読む

痛快文学バイオレンス映画「響」ペンの力&暴力で活

 15才の高校生・響(ひびき)が芥川賞・直木賞に一人で同時ノミネートされ脚光を浴びつつ、大人達を相手に暴れ回る痛快映画『響 ‐HIBIKI‐』を見てきましたよ…! 2017年マンガ大賞受賞作品が原作です。 原作:柳本光晴(やなもと・みつはる)まんが「響 ~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中)脚本:西田征史監督:月川翔(『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』)音楽:伊藤ゴローアクショ...

続きを読む

「西郷どん」幕府廃止/戊辰戦争は無くてもよかった

大河ドラマ『西郷どん』 第35回「戦の鬼」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【王政復古で幕府廃絶! 吉之助、覚悟の短刀】 時は慶応3年(1867年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年41歳。10月13日、徳川慶喜(松田翔太)が大政奉還に踏み切ったことで、敵も味方も大騒動です。幕府側では取り下げを進言する者もいましたが、慶喜は「公家達に政(まつりごと)などできるはずがない。…徳川が再びその中心に…」先を見越しているのでし...

続きを読む

【猫】アーティスティックねこ

 ニャープル(Nya~Puru左)とドラ(右)が並んで寝転んでます。壁があるので、お互い見えていません。 でもなぜかシンクロしましたよ(=^▽^=) そのまま眠ってしまいました。シンクロ率90くらいでしょうか(^ ^) 不思議なこともあるものです。アーティスティックねこでした~!  おしまい(=^ェ^=)  清水しゅーまいアマゾン著者ページ『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』#猫バンバン #猫バンバ...

続きを読む

「西郷どん」西郷襲撃!新選組/薩摩で倒幕反対激化

大河ドラマ『西郷どん』 第34回「将軍慶喜」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【14代将軍と天子様が次々逝去】 時は慶応2年(1866年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年40歳。今回は話が一気に進みました。ドラマの要点と、ハショられた点を補って書きます。まずは6月に長州再征伐が始まりましたが、7月20日、14代将軍家茂(いえもち/勧修寺保都)が21歳の若さで死去。死因は脚気衝心(かっけしょうしん)で、ビタミンB1欠乏だ...

続きを読む

ちびまる子とたまちゃんは、なかよしじゃないよ!

 この記事のタイトルは昔のギャグです。分かる人はそうとうなさくらももこファンか少女まんが好きだと思います。「ちびまる子とたまちゃんは、なかよしじゃないよ! りぼんだよ!」『ちびまる子ちゃん』は講談社のまんが雑誌「なかよし」ではなくて集英社「りぼん」の連載だというマニアック(?)なギャグなんです(笑) さくらももこさん、8月15日、乳癌により53歳で亡くなってしまいましたね(公表は8月末)。  【...

続きを読む

「西郷どん」無礼者には無礼で対応!英国公使も謝罪

大河ドラマ『西郷どん』 第33回「糸の誓い」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【寺田屋騒動から始まる】 時は慶応2年(1866年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年40歳。今回は坂本龍馬(小栗旬)の寺田屋騒動からスタートです…! 妻のお龍(水川あさみ)がいち早く知らせてくれたうえ、高杉晋作から贈呈された短筒(たんづつ)、米国スミス&ウェッソン社製「モデル2アーミー」を装備していたので、なんとか逃走に成功しました。&nb...

続きを読む

【猫】3猫そろってセミに夢中

 今年は猛烈な酷暑でした。その8月半ばの猫たちの様子です。姉猫タンタン(左7才)と弟猫ドラ(右7才)が網戸を見つめていますよ。 何かを待ちかねているようです。タンタン(左7・0kg)とドラ(右6・1kg)。立派な大猫です。 暑さのなか、じっと待っています。 不意にタンタンが立ち上がりました…!  タンタン「セミが来たわ!」 すごい剣幕です。騒ぎを聞きつけて白黒猫ニャープル(Nya~Puru雄6才6・7kg)...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ