FC2ブログ

記事一覧

【猫】セミつかまえて委員会の奮闘…!

 熱帯夜の淀んだ空気を切り裂いて、姉猫タンタン(7才)が部屋にすべり込んできました。なにかと思ってよく見るとタンタンの右耳の上をご覧ください、セミが飛んでいます! タンタンはベランダで見つけたセミをうまいこと部屋へと誘導したのでした。今度はつかまえようとしています。でも、なかなかつかまえられません。 弟猫ドラ(右:7才)と白黒猫ニャープル(Nya~Puru雄6才)も何事かと駆けつけました。全員集合し...

続きを読む

映画「未来のミライ」むしろ過去の物語に惹かれる

 今や日本のアニメ映画界で最も注目されていると言っても過言ではない細田守監督が率いるスタジオ地図のアニメ映画『未来のミライ』を見てきました…! 原作・脚本・監督:細田守(『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』『サマーウォーズ』)企画・制作:スタジオ地図音楽:高木正勝オープニング&エンディングテーマ・主題歌:山下達郎   2018日本作品【主な登場人物:声】くんちゃん(4歳男子):上白石萌歌(かみしら...

続きを読む

「西郷どん」長州対会津の洛外合戦を!との声あった

大河ドラマ『西郷どん』 第27回「禁門の変」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【桂小五郎登場~池田屋事件~禁門の変】 時は元治元年(1864年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年38歳。桂小五郎(玉山鉄二)が最初っから物乞い姿で登場しました。てっきりこれから起こる池田屋事件で逃げ出し、禁門の変(蛤御門の変)で火事と敵兵からも逃れるためにやむなく物乞い姿に扮するのかと思ってたんですが、もっと前から変装してたのかなぁ...

続きを読む

【猫】見つめ愛、今。実はにらみ合い

 向こうから白黒猫ニャープル(Nya~Puru雄6才)が見つめています。こちらには姉猫タンタン(雌7才)がいます。ニャープルはタンタンが好きなのでしょうか…? でもタンタンは思っていました。「ニャープルのやつ、ガンつけてきたわね。こらしめてあげようかしら」  一方のニャープルは…「あれ、タンタン姉ちゃんがじっと見てるぞ。怒ってるのかなぁ、どうしよう?」  そこで、ニャープルは…そっと目を閉じました...

続きを読む

「西郷どん」久光と慶喜はどうしてモメたのか!?

大河ドラマ『西郷どん』 第26回「西郷、京へ」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【参預会議で薩摩と一橋、対立!西郷どんどうする?】 時は元治元年(1864年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年38歳。2度目の島流し(1862年7月~1864年2月)から薩摩に帰ってきたのは、約1年8カ月振りです。1度目(1859年1月~1862年2月)と合わせると、かれこれ5年近くになりますが、この歳月が西郷どんを大きくしたと言ってもいいかもしれ...

続きを読む

【猫】おしりかじり猫~大好きなおしり♪

 ♪おしりかじりねこ~♪ 虎猫ドラ(雄7才)と白黒猫ニャープル(Nya~Puru雄6才)が仲よく玄関にて並んでますよ。 おや、ニャープル、こっそりドラのおしりの匂いをかいでるようです。猫は仲間のおしりをかぐのが好きなんです。 ドラ「くすぐったいじゃないか!  おしりはあいさつのためにかぐんだぞ。  いつの間にかこっそりかぐなんてダメだぞ」 そう言ってドラが注意しました。 ところがニャープルは...

続きを読む

「西郷どん」薩英戦争~英艦隊応戦遅れ!大久保転ぶ

大河ドラマ『西郷どん』 今回は薩英戦争について! 西郷どんは島流し中で参戦できませんでしたが大久保さぁがスッテンコロリンの大奮闘を見せました!  【開戦前から勝った気でいる英軍、 最高級ワインで乾杯!】 時は文久3年(1863年)、西郷吉之助(隆盛)は数え年37歳、大久保一蔵(利通)は34歳。3月、ジョン・ニール陸軍中佐(代理公使)が大英帝国の代表として江戸に現れ、大艦隊の武力を背景に、生麦事件の賠償金2...

続きを読む

呑もう!米国を活写する映画「30年後の同窓会」

“50才のスタンド・バイ・ミー”というキャッチ・コピーに惹かれて、映画『30年後の同窓会』を見てきました…! 『スタンド・バイ・ミー』はマイお気に入り3位以内くらいに入る映画なので、どうしても見たくなってしまったのです。ハイレベルな期待に応えてくれるかどうか!? 原作・脚本:ダリル・ポニックサン脚本・監督:リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)原題『Last Flag Flying』   ...

続きを読む

「西郷どん」恐怖、生麦事件…!薩摩に理

大河ドラマ『西郷どん』 第25回「生かされた命」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【生麦事件~薩英戦争】 時は文久2年(1862年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年36歳。 危うく命を落としかけた吉之助に、おっさんずラブで救ってくれた川口雪篷(せっぽう/石橋蓮司)が憎まれ口をたたきました。「もう友を信じて待つのはやめ。次は死ぬど」「おいは死なん」「ほう、天が生かしたとでも言うとか?」「天と、人じゃ」 吉之...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ