FC2ブログ

記事一覧

【猫】猫の寝言と猫の教え

 時々、猫も寝言を言います。あっ、ドラが寝言を。。ニャゴニャゴと何を言ってるのかよく分かりませんでしたが聴き続けていたところ、心の中に声が響いて“主よ。人の子に幸あれ…  人の子よ。わが手をにぎりたまえ” …と聞こえました。 そこで、目を覚ましたドラの肉球をよく揉んでみました。ピピピ…!と快感が走りそれ以来ぼくはすこぶる元気です。 ニャープル(Nya~Puru)にも同じことがありましたよ。やっぱり手を...

続きを読む

「西郷どん」おっさんずラブ/文久改革/負けて学ぶ

大河ドラマ『西郷どん』 第24回「地の果てにて」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【おっさんずラブが大河でも…!?】 時は文久2年(1862年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年36歳。吉之助は今度は(奄美)大島より遠い徳之島に島送り。7月18日、上陸しました。驚いたことに、その徳之島に大島から愛加那(二階堂ふみ)がやって来て、長男の菊次郎とその妹…まだ生まれたての菊草(きくそう、のちの菊子)にも会えたのでした。徳之島...

続きを読む

一押し映画「ワンダー 君は太陽」闘え、いたわれ!

 映画『ワンダー 君は太陽』を見てきました! 今年のベストいくつかに入ることは間違いない素晴らしい作品でした…!生まれつきの障害で顔に傷やゆがみのある10歳の少年オギーをジェイコブ・トレンブレイ、母イザベルをジュリア・ロバーツ、父ネートをオーウェン・ウィルソンが演じています。 原作:R・J・パラシオ『ワンダー』(世界で800万部を突破)脚本・監督:スティーヴン・チョボスキー(『ウォールフラワー』で原作小...

続きを読む

「西郷どん」寺田屋:大山と有馬の同年齢対決…!

大河ドラマ『西郷どん』 第23回「寺田屋騒動」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【小松帯刀の地味な助言によって……】 時は文久2年(1862年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年36歳。「下関で待て」という国父(こくふ)・島津久光(青木崇高)からの命令をあえて聞かず、吉之助は上洛(正確には大坂へ)! 決起・倒幕しようとする過激志士達を制止するには、そうするしかないと判断したからです。しかし、案の定、久光は激怒…! 吉...

続きを読む

【猫】母を偲ぶ

 母・典子が60歳で亡くなってからまもなく3年が経ちます。命日を前にしてドラ(雄7才)が祭壇に登り母を偲んでおります。。。 ドラは1才の頃から典子に育てられ3年間をともに暮らしました。幸せな日々でした。 ドラ「ぼくもタンタンもニャープルも  清水家の人々もみんな元気だよ。安心しておくれ」 ドラの心のどこかに母・典子は今も生き続けています。猫との一時(ひととき)を、一瞬一瞬を大切にいとおしみましょう(^...

続きを読む

映画「羊と鋼の森」音が景色を呼び起こす感動!

 本屋大賞受賞作が原作の映画『羊と鋼の森』を見てきました…!音を言葉と映像で巧みに表現していて、調律やクラシック音楽のことをまったく知らなくても楽しめる内容になっています。 原作:宮下奈都『羊と鋼の森』第13回(2016年)本屋大賞受賞脚本:金子ありさ(『電車男』『おかえり、はやぶさ』)監督:橋本光二郎(『orange -オレンジ-』)音楽:世武裕子エンディング・テーマ「The Dream of the Lambs」 作曲・編曲:久...

続きを読む

「西郷どん」幕末スター登場!/国父と大久保らに泥

大河ドラマ『西郷どん』 第22回「偉大な兄 地ごろな弟」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【幕末スター登場…!】 時は文久2年(1862年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年36歳。島暮らし3年、吉之助はようやく薩摩に召還されました。さっそく国父(こくふ)・島津久光(青木崇高)に対面します。 その席で、久光が念願の率兵上洛について語ると、なんと吉之助は、「……ちと御無理が。国父様には同志がおられもすか? 国...

続きを読む

【猫】家の中の飛び猫…!

 6月10日に誕生日を迎え、虎猫ドラ(雄)が7才に、白黒猫ニャープル(Nya~Puru雄)が6才になります。どちらも元ノラの拾い猫なので、あくまで想定誕生日です。「時の記念日」というのが気に入って、この日にしました。 さて、7才になるドラが、景気づけに得意の飛び猫、天袋ジャンプを披露します。ご覧ください(^^) ちゃぶ台に乗って、天袋を見詰め、狙いを定めます。 勢いをつけて… 飛びました! 中...

続きを読む

49回笑え1回泣ける「50回目のファーストキス」

 2004年のアメリカ映画をリメイク。福田雄一が監督を務め、大笑いできてちょっと泣ける作品です。記憶が1日で消えてしまうヒロインという、今となっては新鮮味の少ないテーマですが、それはそれ、テレビドラマ『勇者ヨシヒコ』『アオイホノオ』などで名を馳せる福田監督だけあって笑いが渦を巻き、しょーもないギャグもポンポン出てくる大爆笑映画に仕上がっています。笑いと泣きの割合は、98対2くらい(笑)。 原作:ジョー...

続きを読む

「西郷どん」久光に実権~久光四天王~西郷の敵

大河ドラマ『西郷どん』 第21回「別れの唄」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【菊次郎と一蔵】 時は文久元年(1861年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年35歳。吉之助と愛加那(二階堂ふみ)の間に、息子ができました!菊太郎と名づけたかったのですが、島の有力者・龍佐民(りゅう・さみん/柄本明)の配慮で菊次郎にしました。いずれ吉之助は、島を出て正室をめとるはずだからです。 まもなく大久保正助(しょうすけ)改め一蔵...

続きを読む

【猫】パンチ猫と機動猫(モビルキャット)

 白黒猫ニャープル(Nya~Puru雄5才)と虎猫ドラ(雄6才)は宿命のライバルです。 猫パンチ!ニャープルがさっそく先制攻撃を仕掛けました。猫パンチが得意技の、いわば「パンチ猫」です。 それに対してドラは…機動力で攻撃します。ご覧ください、宙を飛んでいます。 飛びかかるドラ!ドラのようなタイプを「機動猫」、または「モビルキャット」と呼びます。通常の猫よりも3倍速く動けるのが特長です。 にら...

続きを読む

怪作アニメ「犬ヶ島」日本愛爆発!犬愛炸裂も見よ!

 ちょっと不気味でユーモラスなストモ・アニメ(ストップ・モーション・アニメ)の怪作が登場しました…!『犬ヶ島(いぬがしま)』です…!これは今年の怪作一番映画になるかも(笑)? 監督:ウェス・アンダーソン(『ファンタスティック Mr.FOX』『グランド・ブダペスト・ホテル』) 第68回ベルリン国際映画祭オープニング作品 銀熊賞(監督賞)受賞原題『Isle of Dogs』   2018アメリカ作品【登場キャラ(声)】小林市長(野村...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

月別アーカイブ