FC2ブログ

記事一覧

「西郷どん」金貸しも負けた西郷の魅力!/黒船狂歌

大河ドラマ『西郷どん』 第8回「不吉な嫁」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【江戸へ! 支援金続々! そして涙の手切れ金】 時は嘉永6年(1853年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年27歳。6月3日、いよいよペリー率いる黒船艦隊が浦賀にやって来ました! 参勤交代で帰国したばかりの藩主・島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)でしたが、事態を重く見て、年明けをめどに江戸へ出向くことに。そして、吉之助がお供を命じられ...

続きを読む

猫太りに気をつけたい

 新聞を見ていたらうちの白黒猫ニャープル(Nya~Puru)とそっくりの猫が出てきたので喜んでました。おなかを出して、同じポーズです。 でもよく見たら、それは猫のいわゆるメタボを注意する広告でした。嬉しさ激減です。 うちはニャープルとタンタンがメタボ圏内。。。 ニャープル「おいらは楽しく暮らせればそれでいいのさ」と、言っているようですが、生活習慣病になるかもしれないし。。 太り過ぎると、...

続きを読む

胸熱くなるミュージカル映画グレイテストショーマン

『ラ・ラ・ランド』はソフトなミュージカルだったけど、熱い王道ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』はまた一味も二味も見応えが違いました…! 結末を知っても何度も見たくなる、ライヴ性の高い内容です。 監督:マイケル・グレイシー音楽:ジャスティン・ポール&ベンジ・パセック(『ラ・ラ・ランド』作詞)原題『The Greatest Showman』   2017アメリカ作品 2018日本公開【登場人物/キャスト】P.T.バー...

続きを読む

「西郷どん」幕府は黒船来航を3年前から知ってた!

大河ドラマ『西郷どん』 第7回「背中の母」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【西郷家に大変動、時世も動く!】 時は嘉永5年(1852年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年26歳。吉之助は、伊集院家の娘・須賀(橋本愛)と祝言を上げました。須賀はひどく無口でした。でも、悪気はなく、笑顔をつくるのが苦手という不器用な性格だからなのでした。本来は嬉しいはずの吉之助に、不幸が。7月に祖父・西郷龍右衛門(大村崑)が、9月に...

続きを読む

【猫】丸々育つと他の動物に見える

 なかよし姉弟のドラ(左)とタンタン(右)がベッドにちょうどいい具合にあご乗せてくつろいでいますよ。 姉猫タンタン(下)、幸せそうな表情して眠っちゃいました。弟猫ドラは見守っています。  窓辺で伸びているところ。前がドラ、後ろがタンタンです。こうして見ていると、万一、ドラやタンタンが町なかに出没したらあまりに大きくて、目撃したかたは狐か狸かと間違えそうです(笑)子熊かと思われるかも。 お昼...

続きを読む

【酒】獺祭50・39・23飲み比べ!而今や日高見

 美味しい日本酒いっぱい、料理も美味の居酒屋に行ってきましたよ!親友masamasaを連れていったのは、高田馬場駅のメトロ6番出口からほど近い「遊帆亭(ゆうほてい)」です。近過ぎて迷うかもしれません(笑) 感激したのが、『獺祭』のそれぞれ精米歩合50%、39%、23%という超磨いた酒同士を、飲み比べられるコースがあることです。『獺祭』はとことんまで酒米を磨きに磨くというのがコンセプト。でも実は、ぼくやmasamasaは...

続きを読む

「西郷どん」無人島で生き人種差別も味わった万次郎

大河ドラマ『西郷どん』 第6回「謎の漂流者」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【ジョン万次郎登場!】 時は嘉永4年(1851年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年25歳。御前相撲で新藩主・島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)に挑んで勝ったところ、牢屋へ入れられてしまった西郷どん。そこには、謎の漂流者(劇団ひとり)がいました。異国の服装で、異国の言葉を喋ります。西郷は、この謎の男の調査を命じられたのでした。 自宅に...

続きを読む

【猫】ファイティングねこ 仲よし猫は黙々と戦う!

 みなさん、虎猫ドラと白黒猫ニャープル(Nya~Puru)の決闘が始まろうとしております…! おっと、開始早々、ニャープルがビンタ攻撃です!これは強烈! お互いに立ち上がって激しい張り手の争いになりました!ちなみに、この決闘は黙々と行なわれております!ふだんなじみの仲のいい猫同士の場合、決闘になっても静かに対決が進むらしいです! こちらは、真上カメラからの映像です!ひたすら無言のまま無我夢中で...

続きを読む

チョコ・ヴェイダー ダーク・サイドの甘美

 もうすぐバレンタイン・デーですね。今年は早めにチョコを戴きましたよ。『スター・ウォーズ』のダース・ヴェイダーをかたどったチョコです。 意外と肉厚で、台座の部分を食べる時、危うく歯が欠けるところでした。ところで、ダース・ヴェイダーの出なくなったスター・ウォーズは、酸いも甘いも噛み分けた大人には、どうも苦味に欠けた内容ですね。…なんてことを感じさせてくれたチョコでした(^ ^ゞ     ブロ...

続きを読む

「西郷どん」西郷に見る大器とは…赦す/意欲と役目

大河ドラマ『西郷(せご)どん』 第5回「相撲じゃ! 相撲じゃ!」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【思いが強い者こそが勝つ】 時は嘉永4年(1851年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年25歳。薩摩の新藩主として島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)がお国入りしました。その記念に、御前相撲の開催決定!米10俵が褒美ですが、西郷どんたちは謹慎中の大久保正助(しょうすけ、後の利通/瑛太)親子の赦免を直訴しようと、ますます力が入...

続きを読む

【猫】テレビ:家庭内ネコ歩き

 すっかり家猫(いえねこ)になったドラたちはふだんあまりテレビに興味を示しませんが『岩合光昭の世界ネコ歩き』の時はちょっと違います。虎猫ドラと白黒猫ニャープル(Nya~Puru)、画面に惹きつけられているようです。 映像の猫に反応するようにしてドラがシッポをピンと立てています。 とうとうドラ、映像に乗り出しましたよ。さすが岩合さんの番組は、猫の迫真性を伝えてるようですね(^ ^)     ブログ...

続きを読む

【日本酒】大江戸・首都東京を制覇する。

 東京の日本酒蔵の酒を制覇しようとがんばってきました。それはかつてはなかなか大変な野望だったのですが、一昨年の暮れ、JR両国駅の西口すぐの場所に和食屋街「両国 江戸NOREN」ができて、東京地酒がそろった酒屋「東京商店」が登場したため、一気に達成できるようになり、嬉しいようなあっけなくて哀しいような複雑な気持ちです。  【飲み干せ…! 東京の全日本酒】 東京の全10蔵のうち、最後に飲むこ...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新コメント

月別アーカイブ