FC2ブログ

記事一覧

三成熱演!映画「関ヶ原」原田監督作はもうこりた!

 戦国ファン待望の映画『関ヶ原』を見てきましたよ!石田三成(岡田准一)がかっこいい…! 戦国の息吹きを伝える大作です。一方で、原田眞人監督作には、太平洋(大東亜)戦争の終戦を描いた『日本のいちばん長い日』に続き映画館で体力消耗させられ、もうこりごりという感じ(笑)。 原作:司馬遼太郎『関ヶ原』脚本・監督:原田眞人音楽:富貴晴美【登場人物:キャスト】石田三成:岡田准一島左近:平岳大大谷刑部:大場泰正直...

続きを読む

「直虎」ひど過ぎる龍雲丸死/落ちなかった掛川城!

大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第34回「隠し港の龍雲丸」作:森下佳子【ひど過ぎる龍雲丸の死(?)】 時は永禄12(1569)年、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年35歳ぐらい。 自ら小野但馬守 政次(高橋一生)を刺し殺した直虎は、心を病んでしまいました…!政次が戻ってくると思い、一人で囲碁を打ち続けています。心配する南渓和尚(小林薫)たち。傑山(市原隼人)「道に迷うた者に、どこにおるか声を上げよと言うても無理な話であろ...

続きを読む

「猫の開き」は足マットの代わりにならない要注意!

 ニャープル(Nya~puru)が玄関の足マットの上でくつろいでいます。夏でもわりと定位置の一つです。 真上から見ると、こうなります。ニャープルが足マットの模様のようです。 玄関のドアから入ってゆくとこんなふうに寝そべっているので、要注意なのです。 あっ、ニャープルが「猫の開き」になりましたよ! フローリングの上で見事な「開き」っぷりを見せてくれました。 しばらく「開き」になっているう...

続きを読む

永遠のモラトリアム!アニメ映画「打ち上げ花火…」

 アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか?』を見てきました…!前の席から見ましたよ。町の名前が茂下(もしも)という場所で、その通り、ドラえもんの「もしもボックス」みたいなお話でした。 原作:岩井俊二(『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』)脚本:大根仁(『モテキ』『バクマン。』)監督:武内宣之総監督:新房昭之(『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』)企画・プロデュース:川村元気音楽...

続きを読む

「直虎」処刑台の露/今川対徳川で一族合戦に…!

大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第33回「嫌われ政次の一生」作:森下佳子【汚名をすすがずあえて処刑台の露と消える】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。 徳川家康(阿部サダヲ)に味方する約束で非戦開城した小野但馬守 政次(高橋一生)。ところが、味方のはずのいわゆる「井伊谷(いいのや)三人衆」の一人、近藤康用(やすもち/橋本じゅん)が仕掛けてきました! 素早く弓...

続きを読む

【猫】ゆっくり登るか、一気に飛ぶか…!

 姉猫タンタンがキャット タワーを登っています。 ゆっくり、着実に登ってゆきますよ。 ゴールにピョンとたどり着きました。 天袋におさまって満足気なタンタン。  今度は弟猫ドラの場合です。なにやら、天袋の高さを確かめているようですよ。 おっ、まさか、飛ぶの!? 中段に空中着地し…! さらに壁をキック…! その勢いで天袋に到達しました!! ドラも充実した表情をしてい...

続きを読む

感動バレエアニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」

 あまり興味無かったのですが、見てみたら思いがけず感動したアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(吹替版)についてです。王道的なつくりで意外性は少ないものの、泣きどころやツボを押さえた作品でした…! 脚本:キャロル・ノーブル エリック・サマー ローラン・ゼトゥンヌ監督:エリック・サマー エリック・ワリン振付:オレリー・デュポン ジェレミー・ベランガール原題『Ballerina』   2016フランス・カ...

続きを読む

「直虎」夏の中間評!/氏真脱出、掛川は準備OK!

大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第32回「復活の火」作:森下佳子【今年の大河中間評!】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。今回の戦国地図。長篠合戦の長篠城や、菅沼定盈(すがぬま・さだみつ)の野田城も書き込まれています。引間は、もうすぐ浜松に改称されます。  【ドラマ直虎の何がいい? 夏の中間評価!】 今回はいつもと違い、夏の中間評としてこのドラマ...

続きを読む

【猫】長いシッポの猫は短いシッポの猫の枕になるか

 玄関で虎猫ドラと白黒猫ニャープル(Nya~puru)が寝転がって涼んでいます。 独立した立派な雄猫として、一定の距離を保ちそれぞれしっかり起きています。 この時も、まだ一線が保たれていました。が…… 次の瞬間、ニャープルはコックリ、そのままグー。ドラはシッポに乗っかられて憮然とした表情です。 ニャープル、ドラのシッポを枕に眠ってしまいました。ニャープル「ドラのシッポは気持ちいいなぁ~」 シ...

続きを読む

東京地酒、全10蔵の酒飲み比べ!きき酒自販機

 死にたいくらいに憧れた花の都・大東京には、意外とまだ酒蔵があります。現在、全10蔵の日本酒の蔵が稼働しています。水源がきれいであれば、酒はつくれるのです。それにしても、東京で暮らしていても、めったに見ない銘柄も少なくありません。そんな不満を解消してくれるスポットが、ここ…! JR両国駅の西口すぐの場所にある和食屋街「両国 江戸NOREN」です。その中に、東京地酒がそろった酒屋「東京商店」がありま...

続きを読む

「直虎」井伊家消滅…!/哀れ薩埵峠の今川の陣

大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第31回「虎松の首」作:森下佳子【井伊家消滅…!】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。 “俺を信じろ。信じろ、おとわ” 何か秘策があるのか、直虎に刀の切っ先を向ける鶴こと小野但馬守 政次(高橋一生)。続けて、今度は回りにも聞こえるようにして、直虎に言いました。「(農民達の前で)仰せられよ、井伊は徳政令を受け容れ、この土地を手...

続きを読む

【江戸両国】花魁(おいらん)に出会ったでありんす

 きれいなお姉さんが舞い踊ります。 ここはJR両国駅の西口すぐの場所にある和食屋街「両国 江戸NOREN」です。写真に向かって右側が駅の改札、真ん中が江戸NORENの入り口。 中に入ると、相撲の土俵がありました。そして、土俵の向こう側を見ると、なんと奇遇なことに、花魁(おいらん)道中が…!飲食店街を練り歩き、ひやかしてました。 我々の目当て、東京地酒がそろった酒屋「東京商店」から出て...

続きを読む

「直虎」俺を信じろ/秀吉を助け滅亡乗り越えた松下

大河ドラマ『おんな城主 直虎』 第30回「潰されざる者」作:森下佳子【井伊家消滅への道か…!?】 時は激動の永禄11(1568)年(信長上洛の年!)、井伊直虎(柴咲コウ)は、数え年34歳ぐらい。 直虎家臣で銭の犬・瀬戸方久(ほうきゅう/ムロツヨシ)は、今川館で商いの話や接客している最中、不意に今川氏真(尾上松也)に呼び出されました。一室に案内された方久。待ち構えていた氏真は、「井伊家を取り潰す」と言い放ちました!氏...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ