FC2ブログ

記事一覧

猫と新聞 新聞の敵は猫とネットだ…!

 時々うちに遊びに来るノラねこ(雄 去勢済み・1才半くらい)。 牛のような柄(がら)なので「ミルク」と名付けました。(正確には白キジという柄だそうです) ねこを飼っているかたは経験あるかもしれませんが 新聞を読んでいるとねこは邪魔してきます。 なんででしょうねぇ。。。   いなくなったすきにページをめくりましたが すぐにまた邪魔しに戻ってきました。 「アベノミクス」についての記事が途中までしか読めません。 &n...

続きを読む

楽しい恐竜映画「ウォーキングwithダイナソー」

 最新の学説をもとにリアルに恐竜と自然環境を再現し、ちょっとコミカルにドラマが展開してゆく『ウォーキングwithダイナソー』3D版を見てきました。   監督:ニール・ナイチンゲール(「アース」「ライフ ‐いのちをつなぐ物語‐」)   :バリー・クック(「美女と野獣」「ムーラン」)    アメリカ・イギリス・オーストラリア作品 【登場恐竜:声(日本語吹替版)】日本語版監修:国立科学博物館・研究主幹 真鍋真 パキリノ...

続きを読む

守るもののために戦った…映画「永遠の0」

 前(さき)の大戦に命をかけた男たちとその帰りを待つ家族を描いた映画『永遠の0(ゼロ)』を見てきました。あからさまに反戦を訴えるわけではなく、英雄譚的でもなく、当時の人々の思いに寄り添った作品でした。   原作:百田尚樹 脚本:山崎貴/林民夫 監督・VFX:山崎貴(「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ) 音楽:佐藤直紀(「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ NHK大河ドラマ「龍馬伝」) 主題歌:サザンオー...

続きを読む

主演賞獲れそう圧巻の映画「ゼロ・グラビティ」

 無重力状態を見事なまでに表現した宇宙映画『ゼロ・グラビティ』3D版を見てきました…!   脚本:ホナス&アルフォンソ・キュアロン 監督:アルフォンソ・キュアロン(「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」)    アメリカ作品 【登場人物:キャスト】 ライアン・ストーン:サンドラ・ブロック マット・コワルスキー:ジョージ・クルーニー  【稀に見る迫力の一人舞台 ポイ捨て厳禁、ゴミも宇宙では凶器になる…!】  地球...

続きを読む

「武士の献立」内助の功あってこその包丁侍活躍

 和食がユネスコ無形文化遺産になった今、その歴史の一端に触れたい…!との思いで映画『武士の献立』を見てきました。強い女の物語でした。   脚本:柏田道夫 山室有紀子 朝原雄三 監督:朝原雄三 音楽:岩代太郎(NHK大河ドラマ「義経」 「レッドクリフ PartⅠ~Ⅱ」) 主題歌:「恋文」Chara    日本作品 【登場人物:キャスト】 春:上戸彩  舟木安信(やすのぶ):高良健吾 舟木伝内(でんない 安信...

続きを読む

「八重の桜」利休~八重と続く茶道/東照宮神官頼母

大河ドラマ『八重の桜』  第50回(最終回)「いつの日も花は咲く」 【わだしはあぎらめねぇ】  1894(明治27)年、八重(綾瀬はるか)は数え年50歳。 日清戦争が始まり、八重は広島陸軍予備病院にて、看護婦達の先頭に立って働いていました。敵である清国の兵士も治療します。   八重「赤十字の看護に敵も味方もねぇから。ジュネーブ条約で清国のケガ人も助けると約束してんです」  衛生兵が「手を出さんでください、病院は戦地も同...

続きを読む

アクションファンタジ赤穂浪士映画「47ローニン」

 今日12月14日は赤穂浪士の討ち入りの日です。というわけで、迫力のアクションとファンタスティックな世界観の日本を舞台にした赤穂浪士映画『47RONIN(フォーティーセブン・ローニン)』3D版を見てきました…!   脚本:クリス・モーガン  監督:カール・リンシュ    アメリカ作品 【登場人物:キャスト】 謎の男 カイ:キアヌ・リーブス 浅野内匠頭:田中泯  吉良上野介:浅野忠信 ミカ(浅野の娘):柴咲コウ  ミ...

続きを読む

わびの美を実感できる映画「利休にたずねよ」

 美とは何か。。。 日本の美、侘(わ)びの美を見事に映像化した『利休にたずねよ』を見てきました…!   原作:山本兼一『利休にたずねよ』第140回 直木賞受賞作品 脚本:小松江里子(NHK大河ドラマ「天地人」) 監督:田中光敏(「火天の城」) 音楽:岩代太郎(NHK大河ドラマ「義経」 「レッドクリフ PartⅠ~Ⅱ」) 製作プロダクション(美術チーム):東映京都撮影所(「男たちの大和/YAMATO」「大奥」)    日...

続きを読む

「八重の桜」60年間で汚名晴れ/日本滅ぼした薩長

大河ドラマ『八重の桜』  第49回「再び戦を学ばず」 【敵味方の区別無く】  1891(明治24)年、八重(綾瀬はるか)は数え年47歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は64歳。前年10月に教育勅語が発布されました。   覚馬「教育勅語か…。教育の名のもとに人を縛るようなことがあってはなんねぇが」  古きよき伝統を引き継ぐ会津武士が教育勅語を批判するとは思えないのですが、戦前日本批判なのか、果たして…? 教育勅語のせいで戦争...

続きを読む

人なつっこい猫 里親募集【東京23区内】

 どなたか、人なつっこい猫を飼いませんか…?たぶん1才ちょっとですが、雌雄不明です。最初の虫よけの薬と簡単な健診は、こちらで受け持ちます。ワクチン接種とできれば避妊・去勢手術もしてくださるかたで東京23区内にお住まいのかたにお届けしますので大切に育てて戴ければ……と思っています。夏頃から、近所の駐車場に、住み着いています。捨て猫か脱走猫らしく、初めは首輪をしていました。このねこ、もっと小さかったのが、...

続きを読む

「八重の桜」蘇峰と和解/襄没後の八重の生活費は?

大河ドラマ『八重の桜』  第48回「グッバイ、また会わん」 【神のごとき人達】  1889(明治22)年、八重(綾瀬はるか)は数え年45歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は62歳、新島襄(オダギリジョー)は47歳。   襄は旅先で体調をひどく崩していましたが、八重には「当方無事」との葉書が届くばかり。怪しみだした八重は、覚馬に問いただします。その最中、なんと、元会津藩士の秋月悌次郎(ていじろう 北村有起哉)が訪ねてきまし...

続きを読む

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」を見る…!

 おもちゃではなく、本当の刀鍛冶がつくった『ヱヴァ』の武器を、上野の森美術館にて見てきました…! 美術館は西郷隆盛像の背後の方にあります。 撮影OKのものが多く、撮り放題です!    入ってすぐの場所には、等身大(人間大)のエヴァンゲリオン初号機と、ロンギヌスの槍の拡大画像が。あとで本物の槍が見れます。まずはこの槍のネジり具合に注目です。  これが、ロンギヌスの槍。全長3m32cmもあります。 制...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ