FC2ブログ

記事一覧

袋の中の猫:窃盗および器物損壊の疑い

「とうとう追い詰めたぞ! 怪盗ドラめ!」   「開けたばかりの箱ティッシュの中身をぜんぶ出してしまったのは、お前だろう! 窃盗および器物損壊の疑いで逮捕する!」    ぽか~ん。。。    寝てしまいましたとさ。    おしまい(=^ェ^=)     ★最近の猫記事はこちら「猫」の書庫で一覧できます(^-^)/      ブログ村に参加してます~   https://tv.blogmura.com/tv_...

続きを読む

「八重の桜」蛤御門/光る脇役 大砲奉行の林権助

大河ドラマ『八重の桜』  第12回「蛤御門(はまぐり ごもん)の戦い」 【銃弾をさりげなくよける覚馬…!】  1864(元治元)年、八重(綾瀬はるか)は数え年20歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は37歳。  7月18日深夜、ついに長州の軍勢が動き、まもなく御所周辺で戦闘が始まりました…! 覚馬が守る蛤御門には、来島(きじま)又兵衛(関戸将志)率いる長州の精鋭が殺到。銃撃戦が幕を開けます。カメラに銃弾が向かって来て、迫力ありま...

続きを読む

猫は登る、本能の命じるままに。。。

 ねこは ものごころつく前から、高い所に憧れます。 この写真は、ノラねこ(地域猫)の頃のドラが、壁によじ登ろうとしているところです。   思い切って跳びつきましたが、落っこちてしまいました。   それでも ねこの本能がうずき、ねこは登ります。 こちらは 木登りの自主特訓を行なうタンタン。 いろんな木を登ったり下りたり、何度も繰り返していました。   特訓の結果、こんな高い木にも登れるようになりました...

続きを読む

「八重の桜」一本気な会津と長州上洛戦、龍馬洗濯

大河ドラマ『八重の桜』  第11回「守護職を討て!」 【長州も会津も暴発寸前/会津の男】  1864(元治元)年、八重(綾瀬はるか)は数え年20歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は37歳。 7月11日、朝廷に開国を説くべく在京していた佐久間象山(奥田瑛二)が“天誅”を受けて殺害されました。享年54。 上洛を目前にした長州勢にも、この一報が伝わります。   久坂玄瑞「奸賊会津にくみして彦根遷座などを画策するけぇ!」   真木和泉...

続きを読む

おてんば猫とマイケル・ジャクソン

 わが家のタンタンはおてんばです。 高い所にも登ります。    去年の秋まではノラねこでした。 近所の駐車場で暮らしていました。 これは、車の下に潜んでいるところ。 さて、これからタンタンが一発芸をします。 モノマネです。                  マイケル・ジャクソンが股間に手を当て 「ポーーゥ!」  と叫んでいるところ。  似...

続きを読む

「八重の桜」池田屋事件/藩が降伏しても戦った藩主

大河ドラマ『八重の桜』  第10回「池田屋事件」 【新選組大暴れ】  1864(元治元)年、八重(綾瀬はるか)は数え年20歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は37歳。 4月、京都の会津藩洋学所にて覚馬が砲台新設について話していると、佐久間象山(奥田瑛二)がやって来ました。幕命で上洛してきたのでした。   象山「止まった歯車を回し、時を前に進めるのだ。朝廷に開国を説くのだ」  すでに帝側近の中川宮にも説いたとのこと。。。 ...

続きを読む

ザクの裏でプロトタイプG製造!恐るべき酒業界

『作』と書いて、『ざく』と読む。。。 その『作』を量産している清水清三郎商店が、このたび『prototype-G』なる試作品を製造したという未確認情報を入手しました。 プロトタイプ『G』…!? まさか、連邦のモビルスーツでは…!? ザクをつくるその裏で、Gを試作しているとは。。。 本当ならば 恐るべき事態です。  真相を確認するため、ノーマル スーツを着用し、サイド(酒屋)に潜入しました。 そこで見たものは……   こ...

続きを読む

猫と栗まんじゅう

 わが家のドラ。推定1才9カ月の雄です。 近頃、顔が丸く大きくなってきました。 何年も前から住んでいるように でかい顔をしています。    去年の5月、うちに来たばかりのドラ。約1才の頃です。 当時はこれがふつうなのかと思ってましたが、今 見ると やせてます。    これはノラの頃、推定0才3カ月です。 ドラは家族ねこと一緒に近所の駐車場で暮らしていました。    そして 再び、今(左)。...

続きを読む

「八重の桜」8月政変/島津幕府実現を恐れた慶喜

大河ドラマ『八重の桜』  第9回「八月の動乱」 【会津・薩摩 対 長州 8月の政変】  1863(文久3)年、八重(綾瀬はるか)は数え年19歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は36歳。 覚馬と秋月悌次郎(あきづき ていじろう 北村有起哉)が京の宿で洋学所設立について語っていると、高崎佐太郎という薩摩藩士が訪ねてきました。近く計画されている帝の大和行幸は長州藩のはかりごとであり、孝明帝(市川染五郎)の思いとは関係なく、実は...

続きを読む

癒し猫のひなたぼっこ

 わが家のドラとタンタンは、ひなたぼっこが大好きです。 天気のいい日はほとんど毎朝、ベランダでひなたぼっこします。   元ノラ猫だからか 寒さに強くて、どんな寒い日でも天気さえよければベランダに出て来ます。 少しでも おひさまに当たろうと、日光に体を向けます。   ひなたぼっこに飽きると、網戸で爪をといだりします。 こら、ドラ! いけません!   ノラねこの頃から ひなたぼっこが大好きでした。 こ...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ