FC2ブログ

記事一覧

猫のたしなみ:自ら歯を磨く

 ドラ(水色の首輪)が歯磨きを覚えました。 まずは、食事です。  そのあと、おもむろに。。。 電灯のひもを引っ張ります。   ドラ「よいしょ」  そして。。。            スー、スー。デンタル フロスです。 ドラ「気持ちいいぞ。歯垢はとれたかな?」  食事のあとは、忘れずに(^ ^)   おしまい(=^ェ^=)     ★最近の猫記事はこちら「猫」の書庫で一覧できます(^-^)/...

続きを読む

「八重の桜」覚馬抜擢/御三家・御三卿・御家門/西郷隆盛

大河ドラマ『八重の桜』  第4回「妖霊星」 【覚馬抜擢/直弼と容保】  1858(安政5)年、八重(綾瀬はるか)は数え年14歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は31歳。 改革が進まない藩政を批判して禁足(無期限の外出禁止)になった覚馬でしたが、家老の西郷頼母(たのも 西田敏行)が奔走してくれて、処分を解かれました。復職だけでなく、軍事取調役と大砲頭取に抜擢という、嬉しい沙汰でした。さらに、縁談がもち込まれ、覚馬は勘定方...

続きを読む

八重酒続々登場!「八重さん末廣」/「榮川八重の桜」

 まえに、八重たんと飲む会津酒紀行セットを紹介しました。 同様企画の日本酒が続々と発売されています。   会津酒紀行は幕末会津戦争をテーマにしたマスコット キャラクター「八重たん」が目印でしたが、こちらは明治維新期がテーマの同志社キャラクター「八重さん」がラベルに載っています。ちょっと男の子っぽい顔のキャラです(笑)   純米吟醸『八重さん 末廣』 180ml購入価格300円 (福島県会津若松市/末廣酒造) 〔...

続きを読む

猫の足の長さが気になる。。。足長猫と短足猫

 わが家のドラはそれなりに足が長いです。 立ち上がると、けっこうスラッとしています。  足が長いと、高い所や狭い所をうまく歩くことができます。 こんな感じで、柱の梁(はり)の曲がり角なども、スィスィ歩けるのです。   ところが、タンタンは。。。       こんなに足が短い…! まるでダックスフントです。  それでも高い所には登れますが、 ドラのようには曲がり角を器用に歩けなく...

続きを読む

「八重の桜」覚馬の蘭学所/幕末揺るがす将軍継嗣問題

大河ドラマ『八重の桜』  第3回「蹴散らして前へ」 【蘭学所開設するも覚馬に試練 八重の実弾射撃】  1857(安政4)年 春、八重(綾瀬はるか)は数え年13歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は30歳。 覚馬は藩校 日新館の西洋砲術指南所・教授になりました。さらに、西洋砲術・蘭学・洋式調練などを講義する本格的な蘭学所を開きます。   八重が桜の大木の上で砲術書を読んでいると、旅人がやって来ました。佐久間象山塾で覚...

続きを読む

猫の上下関係 ~厳しい猫社会の現実~

 わが家のドラ(下)とタンタン(たんすの上)は上下のケジメがしっかりしています。   ドラ「タンタン姉ちゃん、おいらも上に登りたいよ」  タンタン「ダメ、あんたはそこで見てなさい」   ドラ「いいな~」   寝る時も、押し入れの下の段がドラ、上がタンタンです。   ドラ「たまには入れ換わっておくれよ」  タンタン「メッ、下でがまんするのよ」     ドラ「姉ちゃんのバカーッ」  タンタン「オホホ、泣き叫...

続きを読む

「八重の桜」松陰・象山が蟄居/八重始動/幕末大地震

大河ドラマ『八重の桜』  第2回「やむにやまれぬ心」 【松陰と象山が国元蟄居/八重が撃つ】  1854(嘉永7・安政元)年3月、徳川幕府は日米和親条約を締結しました。下田(伊豆半島の先端)と函館の開港決定。  佐久間象山(奥田瑛二)の塾にて、八重の兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)は黒船に乗り込むことを考えてました。   覚馬「断固として事を行なう時、人はみな狂気だ。寅次郎さんが前にそう言ってた。      狂気っつ...

続きを読む

しぼりたて新酒で景気づけ「旭日」「越後桜」

明日は成人の日。日本全国の新たな飲み仲間達に、乾杯です(^ ^)/▽♪   さて、 今年飲んだ初めての日本酒を紹介します。 元旦にしぼったという、こちらの品です!   『旭日(きょくじつ)』元旦 初しぼり 生原酒 1.8ℓ戴きもの (滋賀県愛荘町/藤居本家) 〔本醸造 米:近江産 酒造好適米(玉栄)100%使用 精米歩合60% アルコール度20〕   この蔵元は、新嘗祭(にいなめさい:11/23 勤労感謝の日)の御神酒...

続きを読む

ツンデレ猫「チュウしてあげてもいいわよ!」

 タンタン(ピンクの首輪:雌)がドラ(青の首輪:雄)とケンカしてますよ。 ニャゴ、ニャゴ!  タンタン「あんたなんか嫌いよ! さわらないで!」  ドラ  「なんだよ! ぼくだって嫌いだよ」 ニャゴ、ニャゴ…!     ところが、しばらくすると……、                ニャゴ、ニャゴ…!  タンタン「でも、1回くらいならチュウしてあ...

続きを読む

「八重の桜」ならぬことはならぬ+「会津ほまれ」吟醸

大河ドラマ『八重の桜』  第1回「ならぬことはならぬ」 【会津の誇り】  なんとアメリカの南北戦争(1861~1865年)から始まった今年の大河ドラマ。 ワールド ワイドな感じを出したかったのかな…? でも なるべく会津の場面で予算を投入して欲しいですね。 やがて場面変わって、1868年、会津戦争中の八重(綾瀬はるか)です。近頃のハリウッド映画でも多用されているスロー モーションを交えた銃撃シーンは迫力満点。   八重「城...

続きを読む

大河「八重の桜」八重たんと飲む会津酒紀行セット

 大河ドラマ『八重の桜』が始まるのを前に、舞台となる会津の酒セットを買ってきました…! 主人公の八重をマスコット キャラクターにした「八重たん」が目印の、『八重のふるさと 会津酒紀行』です。福島県南酒販(福島県郡山市)という会社が販売していて、ちゃんとNHKエンタープライズの承認を受けているものです。  『八重のふるさと 会津酒紀行』 300ml×3購入価格1500円   300mlの日本酒2本とゆず酒1本のセット...

続きを読む

ディズニーランド新年花火 乱れ打ちの巻

 明けましておめでとうございます(^-^) 年明け早々、東京ディズニーランドにて、花火が打ち上げられました。 「撃ち方 始め、用意、……撃てッ!」   ドドーン。次々と上空に着弾する花火。   乱れ撃ち、レッド!   乱れ撃ち、パープル!   スパークしております…!   大輪、花開く。   天使の翼。。。   ハート マークもズキュンと打ち上がりました~♪   こんなところで、今年もどうぞよ...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ