FC2ブログ

記事一覧

うちの猫:脱走騒動!密室事件 嫁姑戦争も連鎖勃発

 ドラが脱走騒動を起こしました…! わが家(実家)にドラがやって来て10日ほどが過ぎ、すっかり夜鳴きが収まって安心し始めた時に、事件は起こりました。   【密室で猫が消えた…謎を巡り激突する嫁姑…!】 その日、どうもドラを見かけないので、「ドラは?」と訊くと、みんな知りませんでした。よくよく考えると、もう3時間近く誰もドラを見かけてません。昼寝してるんだろう…と思って、気にしてなかったんです。が、3...

続きを読む

「平清盛」平家物語に名を残した信頼/信西の義朝評価

大河ドラマ『平清盛』  第25回「見果てぬ夢」 【風格出てきた清盛 鬱屈する源氏】 前回、鎮西(ちんぜい=九州)へと出かけ、ほとんど脅迫まがいのやりとりで大宰府を従えた清盛。一気に貫禄がついてきました。今まで以上の財力を得て、信西(阿部サダヲ)による相撲節会(すまいのせちえ)復興にも一役買い、それらの功で大宰大弐(だざいのだいに=大宰府の実質的長官)に命じられました。    1159(保元4・平治元)年、清盛(松山...

続きを読む

リアルに戦国再現!伊達政宗歴史館ろう人形

 まえに、宮城県松島の「みちのく 伊達政宗歴史館」に行ってきました。その時に撮った写真を載せてなかったので、今回公開します(^∀^) 政宗の生涯を等身大ろう人形で再現した撮影OKの歴史館です。   政宗の勇姿。    ●1585(天正13)年11月17日/福島県本宮町 人取橋(ひととりばし)の合戦  伊達政宗 8000人    対  畠山国王丸(義継の遺児)・佐竹義重・蘆名家(亀王丸)ら3万人 政宗(19歳)が父 輝宗の弔い合戦...

続きを読む

ノラ猫から家猫に…夜鳴きに揺れる一家の心

 近所の駐車場で暮らす地域猫の1匹、ノラ次郎を飼う決心をし(事情はこちら、前回)動物病院へ。。。   私の車で動物病院へと向かう間、ノラ次郎は「ニャアーン、アーン」と鳴き続けました。が、病院に入った途端、なぜか沈黙。緊張して おとなしくなったのかもしれません。診察が始まって先生に経緯を話すと、まずは寄生虫退治の薬を。。。ノラ次郎を洗濯袋に入れて動きを封じ、 わしづかみっ。寄生虫退治の薬を振りかけられ...

続きを読む

クラゲの美/泳ぎ回るペンギン~葛西臨海水族園~

 近頃、たま~に水族館に行くようになりました。つかれた時などにプラ~ッと見にゆくと、とても癒されます。 今回は、お気に入りの東京都葛西臨海水族園にて、クラゲとペンギンを撮ってきました。   透明なクラゲが美しく たゆたう姿。。。     話題になった「脱走ペンギン」はどこかな…?   泳ぎ回るペンギンを間近で見ることができましたよ。   なかなかかわいいですね(^-^)    みなさんに...

続きを読む

ドラ猫を飼う…!家猫への道~ノラ次郎の場合~

 近所の駐車場で暮らす地域猫の1匹、ノラ次郎を飼うことにしました。 その駐車場で生活する地域猫(ノラねこ)は10匹あまり。“屋敷の主人”と呼ばれる謎の夫婦がまとめて世話しています。ところが、屋敷の主人の生活が困窮していることが近頃判明したのです。ねこたちの餌代より自分達の食費のほうが少ないんだそうです。屋敷の主人は、時々つぶやくようになりました。 「あぁ…、猫島にねこたちを置いてきたい…」    本当にや...

続きを読む

「平清盛」23:父を斬る義朝葛藤 為朝は流刑大暴れ

大河ドラマ『平清盛』  第23回「叔父を斬る」 【勝者の苦悩】  1156(保元元)年7月~、清盛(松山ケンイチ)は数え年39歳。 保元の乱に勝利した清盛と源義朝(玉木宏)は、戦で敵対した身内をそれぞれ斬首するよう命じられました。清盛は叔父 忠正(豊原功補)を、義朝は父 為義(小日向文世)を。。   信西「帝にそむき奉ったは大罪。… 生ぬるい処分をすればこの乱れは収まらぬ」  そうは言われても、斬るのをためらう清盛と義朝。し...

続きを読む

「タモリ倶楽部」に「天狗舞」山廃純米が出た!

「タモリ倶楽部」に石川の銘酒『天狗舞』が登場しました! 〔テレビ朝日6月2日(金曜深夜)放送〕 人気コーナーの「空耳アワー」にて、曲はクイーンの「預言者の唄」。その中の一節、   “Love is still the answer take my hand”が   「飲み過ぎ あんさん 天狗舞派?」  と聞こえる…という しょーもないネタでした~。山廃仕込みの純米酒でした。           見ていたら飲みたくなっ...

続きを読む

硬派な猫好きに人気?TV番組「週刊ニュース新書」

 政治や経済に強い関心を持ちながら、猫に癒しを求める。。。 そんな“硬派な猫好き”が密かに注目するテレビ番組があります。 テレビ東京で毎週土曜の午前11時30分から放送されている「田勢康弘の週刊ニュース新書」です。 政治家などがゲストで登場し、司会者と対話するという硬派な番組です。そのスタジオの中を、ねこが歩いているのです。ただ勝手に歩いているだけで、ねこの紹介などは一切ありません。司会者とゲストが淡々と...

続きを読む

「平清盛」哀れ敗軍/信西の保元新制/帝の男色信頼

大河ドラマ『平清盛』  第22回「勝利の代償」 【哀れ敗軍】  1156(保元元)年7月、清盛(松山ケンイチ)は数え年39歳。 保元の乱で敗者となった左大臣 藤原頼長(山本耕史)は輿に乗って逃走中、追手に追いつかれ、首に矢がブスリと…! 瀕死の状態で父 忠実(國村隼)の館にたどり着いたものの、冷たくも追い返されてしまいました。頼長は舌を噛み切り、まもなく絶命。ペットのオウムが父の館に飛んできて、「父上、父上」と。。 無残...

続きを読む

震災酒から復活焼酎「浦霞希望の夜明」/楽天ボトル

 東日本大震災の被害でだめになりかけた日本酒の醪(もろみ)を、本格焼酎として復活させた商品を買いました…! 本格焼酎『浦霞 希望の夜明け』 720ml購入価格1890円 (宮城県塩釜市/佐浦) 〔清酒粕 アルコール度25〕 『浦霞』の銘柄で有名な酒蔵・佐浦の『希望の夜明け』という一品です。 震災直後、温度管理ができなくなり日本酒の醪としては品質が落ちてしまったものを、何とか活かせないかと考えた結果、蒸溜し本格焼酎として...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

月別アーカイブ