FC2ブログ

記事一覧

『江』馬揃え/神になり魔王になって罰を受けた信長

大河ドラマ『江 姫たちの戦国』 第4回「本能寺へ」【大パレード・馬揃え 蘭奢待も登場】 1581(天正9)年、お江(上野樹里)は姉たちと一緒にお香を楽しんでいました。母のお市(鈴木保奈美)は「まずは己が好みの香りを見つけることじゃ」と言いますが、お江は香りの違いも分からず、ピンと来ません。クシャミして香を吹き飛ばす始末。 その頃、織田信長(豊川悦司)は京都での軍事パレード「馬揃え」の開催を決定し、明智光秀(市村...

続きを読む

まんがラベル『末廣 会津酒蔵物語』/山廃純米『末廣』

「うめえーっ オラこんなうめぇもの初めてだあ! …… まるで会津の雪のようでねぇか」 お酒を飲んでこんな感動を味わった体験が、みなさんにも1度や2度、あるのではないでしょうか(^ ^) まだないかたにも、これからきっとあることと思います。上のせりふは、松尾しよりのまんが『永遠(とわ)のはじめ ~会津酒蔵物語~』に出てくる一節です。1943(昭和18)年。酒蔵の若だんなに嫁いだ新婦が、婚礼で三々九度の杯を飲み干し...

続きを読む

カフェラテ アート ~新宿にて~

 東京・新宿の「カフェグレ」新宿東口店というお店で、カフェラテ アート(1100円)を注文しました。   こんなん出ました~(^ ^♪            くまです。 飲んだら形が崩れちゃうかと思いきや、飲み進んで底のほうスレスレになるまでクマのままでした。思ったより長く楽しめて、満足の1杯でした!ほかにも、ウサギやネコなどいろいろできるそうです('∀'...

続きを読む

『江』プロファイル3徳姫/あの頃女子は自由だった

大河ドラマ『江 姫たちの戦国』 第3回「信長の秘密」【信長、家康嫡男に死を命ず… そして光秀にも鉄拳炸裂…!】 1579(天正7)年、安土城での対面以来、お江(上野樹里)は伯父・織田信長(豊川悦司)に夢中です。ところが、同じ年の7月、“築山殿事件”が勃発しました。信長が同盟者である徳川家康に対し、正室・築山殿と嫡男・信康の死を命じたのです。概要は、前回のプロファイル「徳川家康」とこの下の「徳姫」の欄にも書きまし...

続きを読む

クセになる旨さ!純米『永宝屋』/『会津中将』大吟

 こ…、これは旨い。クセになる旨さだ!…という体験を、日本酒で久々に味わいました(^ ^♪福島県会津若松市の「鶴の江酒造」に行った時に買ってきた、この酒です…!  辛口純米 八反錦『永寶屋(えいほうや)』720ml購入価格1313円(福島県会津若松市/鶴の江酒造)(生貯蔵酒 日本酒度+5 酸度1.5 米:八反錦100%使用 精米歩合60%アルコール度16 平成21年度仕込み20号)   いくつか唎き酒した中から、これを選...

続きを読む

落語を楽しむ ~新宿末廣亭~ 龍馬や天皇ネタも!

 新宿の寄席、末廣(すえひろ)亭に行ってきました。一年中ほとんど休日なしに興行している「定席(じょうせき)」の寄席です。東京都内に残る定席は、ここ新宿末廣亭と、浅草演芸ホール、池袋演芸場、上野鈴本(すずもと)演芸場の4軒です。   実際に行ったのは1カ月近く前の11月23日、天皇誕生日なんですが、いろいろ書きたいことあって掲載が遅くなりました。この日は、祝日ってこともあって、1~2階を合わせ約320人ほ...

続きを読む

『江』信長の神業/独断プロファイル2信包&家康

大河ドラマ『江(ごう) 姫たちの戦国』 第2回「父の仇」【亡き父の悲劇を知ったお江… そして信長の秘技炸裂…!】 1579(天正7)年、お江(上野樹里)は母・お市(鈴木保奈美)と二人の姉とともに、伊勢上野城で暮らしていました。お江は1573(天正元)年生まれだから、満6歳……、なんと上野樹里が6歳! ……みなさん激しく突っ込んでると思いますが、これ以上はあえて追及しないことにします(^ ^;)  さて、お江たちは、安土...

続きを読む

あえて自己主張しない酒『天明』夢の香 純米

最も好きな日本酒の一つ、『天明』ブランドの純米を、親友のmasamasaとともに飲みました(^ ^)/▽☆  東京都江戸川区葛西の、平三郎商店という酒屋で買いました。葛西には一昔前に仕事でよく行っており、その時に知った酒屋で、たま~に店主(60~70歳ぐらいの男性)が入口で仁王立ちになってタバコを吹かしていて(笑)、そんな時は入りにくいなぁと感じるんですが、いい酒を扱っているので今でも時々買いに行ってます。ちなみに...

続きを読む

波乱の末、人情と飛露喜と湯に浸る!福島早戸温泉

 1月3日に、福島の早戸温泉というところに行ってきました。波乱と人情に満ちた旅でした(^ ^;)   【雪国へ…】 午前8時39分、東京の上野からJR高崎線に乗って出発しました。群馬の高崎駅で上越線に乗り換え、同じく群馬の水上駅を通り、さらに清水トンネル(新清水トンネル)内の地下駅・湯檜曽(ゆびそ)と土合(どあい)を通って長い長いトンネルを抜けると、そこは雪国であった…。川端康成の小説『雪国』で有名なトンネル...

続きを読む

『江』将軍も恐れる強い女/独断プロファイル1お市

 第1回「湖国の姫」【現代夫婦にも通ずる? 将軍も恐れる強い女・強い妻】 2008年に大河ドラマ『篤姫』をヒットさせたばかりの田渕久美子の脚本ってことで、女性ならではの視点が期待できそうな今年の大河ドラマ『江 姫たちの戦国』が始まりました(^O^)/  さっそく主人公のお江(上野樹里)が登場。馬を乗り回し、まんじゅうをバクバク食べるおてんば娘…、というキャラでした。のちには二代将軍秀忠も頭が上がらないちょっ...

続きを読む

酒が呼んでる!福島の酒蔵「末廣」「鶴の江」に行く

 福島の酒蔵に行ってきました…!福島県は昨年の全国新酒鑑評会で全国トップの成績を収めていて(20銘柄が金賞獲得)、今、とても勢いがあります。たくさんの蔵がある中から、会津若松駅から近くて私が好きな酒を出している2つの蔵を訪ねました。    【山廃仕込みの発祥蔵で酒にひたる ひととき…】 まずはこちら、末廣(すえひろ)酒造です。山廃(やまはい)仕込みの発祥蔵(※)だそうで、大正時代の初期にここで試験醸造が...

続きを読む

「自宅から拳銃が出てきたわ」そんな時はここへ連絡!

 みなさんは、自宅の物置を整理している時に、“あ~ら、どうして こんな物がわが家に…”なんて思いをした経験がありませんか?たとえば、旧軍用拳銃の「南部14年式」だとか、「ブローニング」だとか、「ホプキンスアレン」が出てきた…、なんてことが、一度ぐらいはあるでしょう。  しかし、自宅から出てきたからといって、決して軽々しくぶっ放してはいけません。大嫌いな姑を仕留められれば幸いですが、暴発して自分がケガす...

続きを読む

【96蔵元125酒】お酒を勝手にランキング(完)

 日本酒採点バチ当たり企画の最後です。前編・中編でリストがあふれてしまいましたが、今度こそ、これで最後です…!コメント欄はこちらは閉じておきましたので、よかったら前編のほうに一言ください(^ ^ゞ  90点以上 地球の酒文化の歴史に銘記されるべきお酒 80点以上 日本の酒文化の歴史に銘記されるべきお酒 70点以上 現代日本の酒文化の結晶と言える優れたお酒 60点以上 再飲に値するお酒 50点以上 飲む価値が...

続きを読む

【96蔵元125酒】お酒を勝手にランキング(続き)

 日本酒採点バチ当たり企画の続きです。前編でリストがあふれたため、後の残りすべてを載せました。コメント欄はこちらは閉じておきましたので、よかったら前編のほうに一言ください(^ ^ゞ なお、次回からは採点基準を変える予定です(^ ^) 90点以上 地球の酒文化の歴史に銘記されるべきお酒 80点以上 日本の酒文化の歴史に銘記されるべきお酒 70点以上 現代日本の酒文化の結晶と言える優れたお酒 60点以上 再飲に値...

続きを読む

【96蔵元125酒】お酒を勝手にランキング

 杜氏(とうじ)や蔵人(くらびと)さん達が語り尽くせぬ思いを籠めて醸したお酒を、一素人が点数で評価するという、新年早々 バチ当たりな企画です。 2009年11月後半から2010年内に飲んだ酒を対象に、大吟醸酒も普通酒もすべて同じ土俵上で、独断で採点しました。結果的に、58点あたりが、美味しいと感じるかどうかのラインになりました。  好みが人それぞれ違うんだから、採点するなんて意味ない、と言えばその通りなん...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ