FC2ブログ

記事一覧

『龍馬伝』最終回 龍馬愛を叫んだ弥太郎

   龍馬伝 最終回「龍の魂」1867(慶応3)年11月15日 【龍馬の言葉が届いたか…!】  龍馬「わしにやるべきことがあったように、おまんにも必ずやるべきことがあるがじゃ…!」   龍馬が弥太郎に言った言葉……、こっちに呼びかけているようにも聞こえませんでしたか…!     大政奉還にからんで、ミニエー銃の取引で大金を手にした弥太郎。その金を、龍馬に渡しに行きます。  弥太郎「おまんを信じてし...

続きを読む

純米吟醸『箱根山』をロマンスカーで買わされて飲む

 【箱根山事件】 箱根に行く時に、ロマンス カーに乗りました。車内販売のワゴンに『箱根山』という酒が乗っていたので、販売係のお姉さんに、「このお酒は外の土産屋でも売ってるんですか?」と訊いたところ、「外でも売ってますが、この“升”が付いているのは ここでしか売ってません」との答えが返ってきました。ここでしか買えない升が付いている…! 私は、買う決断をしました。   ところが、外の土産屋でも、升付きの...

続きを読む

高杉晋作が破った…!? 箱根関所に行く

箱根の関所に、行ってきました。ご覧ください、これが、高杉晋作が破ったという、箱根関所(復元)です('∀'*)/この写真は「京口御門」で、京都側から来た場合の入口になります。晋作は反対側の「江戸口御門」から入って、関所改めを受けずに、ここからドバッと出てきました。                関所内の「上の間」と呼ばれる客間。鉄砲や弓が置いてあ...

続きを読む

『龍馬伝』象二郎を脅す龍馬/ええじゃないか実態

  龍馬伝 第47回「大政奉還」1867(慶応3)年10月  【踊る…! 革命前夜 えぇじゃないか】 民衆大乱舞の「ええじゃないか」で始まった今回の龍馬伝。 「ええじゃないか」は“伊勢神宮のお札が降った”というウワサをきっかけに、この年の7月、三河の牟呂(むろ)村(愛知県豊橋市)から広まったお祭り騒ぎです。仕事や家事も投げ出し、金持ちの家に押しかけてごちそうを出させたりして、藩や幕府の禁令も無視して広が...

続きを読む

長崎の美酒『六十餘洲』純米吟醸を飲む…!

 日本全国、津々浦々の美酒を飲むために東西南北あっちこっち旅してまわる…………ようなことはせずに、都内の酒屋を数軒まわって各地の地酒をたしなみ、旅した気分に浸っております。都心回帰などとよく言いますが、東京にいるとネットも使わずにほとんどの都道府県のお酒を飲むことができてしまいます。ありがたいことです。   今回も、はるばる隣の区まで30分もかけて車に揺られて旅をしたすえ、店内の酒用冷蔵室の中を凍え...

続きを読む

「星の王子さまミュージアム」に行く+感動の再読

 ちょっと前に箱根についてふれましたが、その時は『エヴァンゲリオン』のことばかり書いてしまいました。今度は、『星の王子さま』のことばかり書こうと思います(^ ^ゞ  箱根の仙石原という所に、なぜか「星の王子さまミュージアム」がありまして、ためしに行ってみたらなかなかよかったのです。星の王子さまやその作者をテーマにした世界初のミュージアムとして、1999(平成11)年にオープンした施設です。 『星の王子...

続きを読む

『龍馬伝』異国と堂々と渡り合う日本人は、どこへ…

  龍馬伝 第46回「土佐の大勝負」1867(慶応3)年9月  まずは、龍馬の命日(11月15日)に当たって…、合掌…!!龍馬に思いを馳せたところで…、今回のドラマを振り返ってみます。  【龍馬の覚悟と信念は伝わったのか…!?】 龍馬が土佐に、帰ってきました。史実的には1862(文久2)年3月の脱藩以来。龍馬伝としては武市半平太(大森南朋)に会いにきた時以来、3年振りくらいです。  しかし…、肝心の大殿様こと山内...

続きを読む

幻の酒?『十四代』を飲む…!

 【幻の銘酒をふつうに入手】 親友masamasaの案内で、車を走らせ 某酒屋に行ってきました。店内を物色していると、『十四代』の小びん(300ml)を発見!「あ、十四代だ」と、思わず 声を出してしまいました。 私の記憶では『十四代』がふつうに商品棚に並んで売っているというのは珍しいというか、初めてのような気がしました。masamasaに訊いてみると、「何年か前に、ここで買ったことがある。でも、その時は、他の酒との抱...

続きを読む

映画『442日系部隊』欧米で大和魂を見せた兵士達

 ちょうど1カ月ほど前、産経新聞を読んでいたら、アメリカのバラク・オバマ大統領が陸軍 日系人部隊に議会名誉黄金勲章を授与するための法案に署名した、という記事が出ていました(授章式は来年)。 この日系人部隊こそが、今回紹介する映画の、アメリカ陸軍 第442連隊と第100歩兵大隊です。試写会に行ってきたので、記事を書きます。   『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』(監督:すずきじゅんいち)  11...

続きを読む

「船堀映画祭」開催中!名画+新作 商店街映画など

 私が以前 仕事でちょくちょくお世話になっていた東京都江戸川区の船堀という町で、「ご近所参加型」を合言葉にした映画祭が始まりました。昨年の盛況を受けての第2回「船堀映画祭」です(^ ^)   日程は11月6日(土)と7日(日)、場所は都営新宿線の船堀駅前すぐ「タワーホール船堀」です。入場券は当日1作品700円です。6日(土)はもう終わってしまいましたが、明日 よかったら どうぞ~(^ ^♪~   新作では『必死...

続きを読む

わずかに残る「第3新東京市」の面影(箱根旅行)

  先週、実家の家族と2泊3日の温泉旅行に行ってきました。  旅行と言っても、行き先は神奈川県の箱根です。わが清水家は東京住まいなので、お隣の県に行っただけということになります。それでも私が家族と旅行するのは小学生の時以来、実に二十数年振りのことで、感慨深いものがありました。  90歳の祖母も自力歩行で同行したため、のんびりペースの旅でした。 祖母はあの世への峠を越える前に 箱根の峠を超...

続きを読む

『龍馬伝』容疑者龍馬/仲間を信じた龍馬

   龍馬伝 第44回「雨の逃亡者」1867(慶応3)年7月   大政奉還に向けてわき目も振らずに突き進もう…、と思っていた龍馬を邪魔するかのように、7月のある日、殺人事件が起きました。    【容疑者龍馬】 弥太郎(ナレーション)「殺されたがは、長崎に入港しちょったエゲレス船イカルス号の水夫やったがじゃ」   土佐商会主任の弥太郎のところに、英国公使付きの通訳アーネスト・サトウ(パトリック・ハーラン)が現れ...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ