FC2ブログ

記事一覧

【酒記】美味しい古酒見つけた!

 美酒を追い求めるあまり、近頃 金欠気味の私です。酔いが醒めれば、ふところ寂しく、もののあわれを感じます……。 おっ、突然、一句 思い浮かびました。 “酒 飲めば 金が無くなり 法隆寺”しゅーまい 心の一句  でも、絶望しては いけない。 金が無くても、友情があればお酒を飲める……。 親友のmasamasaが、お酒を分けてくれました。   こちらです!★純米十年古酒『早春』 1.8ℓ・2300円(三重県菰野町/早川酒造)...

続きを読む

【マナー考】電車内での食事は何までOK?

 東京の地下鉄の駅で見かけるマナー ポスター。 東京メトロのホームページによれば、1974年9月から月替わりで出しているそうです。写真のは私が今年の元旦に撮ったやつ。この「○○でやろう」シリーズは2008年4月から続いているとのことです。こちらの公式ページでこのシリーズがぜんぶ見れます~↓http://www.tokyometro.jp/anshin/kaiteki/poster/index.html 電車内マナーで私が個人的に気になっているのは、まず「食事」です...

続きを読む

『龍馬伝』弥太郎のさびた刀と情熱に涙

『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」。今回は岩崎弥太郎(香川照之)が大奮闘しました!弥太郎本人のナレーションを引用しますと、「この頃(安政3・1856年)わしは江戸に来て1年、 ひたすら学問に打ち込んじょったがじゃ」 ところが、父の弥次郎(蟹江敬三)が庄屋との水争いでボコボコにされてしまう。それを手紙で知った弥太郎君は、韋駄天ランナーと化しました!「当時、江戸から土佐へは、男の足で30日は かかったがじゃ。 けんど...

続きを読む

お酒【非売品】を飲む

 幸せは、一期一会と一杯のお酒。今日も美味しいお酒を探しに、酒販店へ。すると……、「非売品」という酒が…! 非売品なのになぜか売っております。  裏側のラベルを見ると、「このお酒は、これまで地元の一部の方だけにお分けしていた特別なお酒です」とのこと。かつては非売品だった、ってことのようです。 それを言うなら吟醸酒はみんな昔は地元でしか飲めないものだったと思うんですけどね…  でも、ひとまず買ってみまし...

続きを読む

「報道ステーション」の強引な取材

 私の親友・masamasaがテレビ朝日「報道ステーション」の強引な取材を受けたことがあるので、その話を書きます。もう数年前の話なんですけども、あなたもこんな(ちょっとした)報道被害に遭うかも知れませんよ(^_^;) その時の放送テーマは、「2007年問題」でした。2007年にいわゆる「団塊の世代」が一斉に定年退職を迎え、労働力が不足するとともに、技術の継承が途絶えてしまうんじゃないか、という問題でした。 報道ステーショ...

続きを読む

『龍馬伝』最期を迎えた龍馬の父と弥太郎

 とうとう龍馬の父、八平(児玉清)が最期を迎えました……。そのため、今回(第7回)はホームドラマ色が濃厚でしたね。終わりのほうで、龍馬のこの後の人生を暗示するような言葉を遺しておりました。「侍が己を磨き高めよういう気持ちを忘れたら、 生きておる値打ちはないぜよ。 この世に生まれたからには、 己の命を使い切らんといかん。 使い切って、生涯を終えるがじゃ…!」坂本八平 ところで、今回は岩崎弥太郎(香川照之)の...

続きを読む

【酒記】淡麗すぎてキケンなお酒

“幸せは一期一会と一杯のお酒が醸す”をテーマに、最近 飲んだ美味しいお酒を紹介するこのコーナー。 本日は、こちら!★純米吟醸『上善如水(ジョウゼンミズノゴトシ)』180ml・298円(新潟県湯沢町/白瀧酒造)★純米吟醸『熟成の上善如水(ジョウゼンミズノゴトシ)』180ml・340円(     〃      )★大吟醸『晴雲』180ml・630円 (埼玉県小川町/晴雲酒造)★純米吟醸『晴雲』180ml・347円(         〃       )  【上善如水...

続きを読む

落語で分かる東京大空襲

 1カ月後の3月10日は東京大空襲(1945年)があった日です。そこで 今日は空襲をテーマにした本を1冊紹介します。 柳家さん八『実録噺 東京大空襲夜話』(新日本出版社)です。 ちょっとした知り合いの著書なので よいしょすれば一杯おごってもらえるかも知れないんですが…、ヨイショなし! 本の内容は、空襲の噺(はなし)、さん八へのインタビュー、エッセイや解説という3部構成。 空襲の噺は、茨城県取手市で行なわれた口演を...

続きを読む

『龍馬伝』松陰先生、エキセントリック…!!

『龍馬伝』第6回、ついに吉田松陰が登場しました! 松陰を演じるのは、生瀬勝久(今年で満50歳)。う~む…、もっとずっと若いお兄さんのはずなんですが(^_^;) あの当時の松陰は満23歳で、亡くなった時でさえ満29歳。 岩崎弥太郎(香川照之)みたいに20歳前から壮年まで演じるのであれば、役者の年とズレていても やむをえないと思うんですが、松陰はやはりもっと若くないとなぁ… まぁ、松陰は現存する肖像画も 名前から浮かぶイメ...

続きを読む

【酒記】5年・10年古酒を飲む

 液体芸術、酒。美酒を飲み干すことを自らの使命と考える私が、今日もまた酒記をしたためます。 本日のお酒は、こちら!★無添加 純米酒『木戸泉 自然舞』300ml・525円★『木戸泉』純米古酒5年熟成300ml・840円★『木戸泉』純米古酒10年熟成300ml・1260円     (千葉県いすみ市/木戸泉酒造) すべて『木戸泉』の純米です。さぁ、まずは『木戸泉 自然舞』から。(精米歩合65%、アルコール度16) うん、飲みやすい。すっきり...

続きを読む

【現代の下剋上】社長より運転手が威張る会社

 従業員は経営者に頭が上がらない…、それが当たり前のことなのかと思ってました、いいか悪いかは別として。ところが、従業員のほうが態度がでかい会社も、あるんですね。 バス業界に勤める親友から聞いた話です。 都内の某バス会社では労働組合の力が大変強く、社長たち経営陣よりもバスの運転手のほうが偉いんだとか。勤務時間をちょっとでも過ぎると管理者に電話してきて、「もう終わりの時間なんだけど」と言う。そのくせ、...

続きを読む

『龍馬伝』ハミ出しどアップそして「がじゃ!」

『龍馬伝』第5回「黒船と剣」は脚本(福田靖)と演出(大友啓史)のうまさが際立っていました。 黒船に龍馬が圧倒されるところは、お決まりのシーンなんだけど、顔のハミ出しどアップが印象的でしたね~。悠々と見てるんじゃなくて、ぶるぶる震えてるのも、よかったです。 幕府 老中首座の阿部正弘が諸大名に意見を求めるところは、幕末史上かなり重要な転換点なのでどう描かれるか注目してたんですが、ここも話の展開や演出が秀逸...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ