FC2ブログ

記事一覧

【贈りものお酒】阿波徳島の地酒街道純米酒セット

 阿波徳島尽くし、徳島の純米酒が9銘柄セットになった嬉しい品が届きましたよ♪猫ブロ友のつばきさんからです(^ ^)こちら~!阿波の地酒街道 純米酒セット180ml×9本…戴きもの【徳島市住吉/徳島県酒造協同組合】姉猫タンタン×徳島3銘柄。セットの内容は次の通りです。美味しいお酒ばかりでした(=^▽^=)『三芳菊(みよしきく)』【徳島県三好市池田町/三芳菊酒造 株式会社】〔精米歩合60% アルコール度15〕きれいなパインの香味...

続きを読む

【日本酒】天吹I LOVE SUSHI「英勲」

 近頃は美味しい日本酒がいっぱいです。こんなお酒を見つけましたよ。かわいい寿司ラベルが目立ちます。『天吹 辛口 純米酒 I LOVE SUSHI』720ml…購入価格税込1458円【佐賀県みやき町/天吹酒造 合資会社】〔精米歩合60% アルコール度15〕飲んでみました。おとなしい香り、スッキリ辛口で、淡く、あとから苦味が追ってきます。ほどよいコクとキレ、そして枯淡な味わいです。自己主張し過ぎずにまさに寿司などと合わせ...

続きを読む

美味!日本酒チョコ「出羽桜」/「大信州」純米大吟

 日本酒ガナッシュというものを戴きましたよ!こちらです。 『日本酒ガナッシュ 出羽桜 吟醸酒桜花』内容量82g…戴きもの【千葉県船橋市/株式会社 メリーチョコレートカムパニー 船橋工場】〔チョコレート〕 まろやかでとても美味しいチョコでした。日本酒の香りは、かすかにするかなぁ…という程度です。ちょこっとだけまぶした感じなのかも。どうせなら大量に練り込んだり、ウィスキー・ボンボンみたいに液状のを...

続きを読む

美味しい大吟醸酒、栃木「仙禽」と新潟「千万石」

 とびきりの美味しい大吟醸酒を飲みましたよ…!まぁ、不味い大吟醸酒のほうが珍しいかもしれませんが(笑) 最初に、こちら!前に同じ銘柄を紹介したことありますが、なんと9年振りの登場…!よくブログを続けてきたもんだと感慨深いです(^ ^ゞ 『モダン仙禽(せんきん) 無垢(むく) 2018』720ml…購入価格1512円【栃木県さくら市/株式会社 せんきん】〔無濾過原酒、びん囲いびん火入れ 米:ドメーヌさくら、山田錦(栃木県...

続きを読む

新年一発、『花美蔵』純米酒「亥」を飲む

 明けましておめでとうございます!新年もよろしくどうぞお願いします(^-^) 平成最後の今年は干支(えと)も最後の亥年になりました。亥年ラベルの日本酒を戴きましたよ。 『花美蔵』純米酒「亥」720ml…戴きもの【岐阜県加茂郡川辺町/白扇酒造 株式会社】〔精米歩合60% アルコール度15・5〕 このラベルは、藍染めの作品がもとになっています。制作者は郡上本染「菱屋」14代の渡辺庄吉さん。岐阜県重要無形文化財...

続きを読む

純米酒『こなき爺』と『蜂須賀小六』戴きましたよ!

 美味しい日本酒を戴きました…! 日本酒好きも大満足のこの逸品!猫ブロ友のつばきさんからです(^ ^)一つは、鬼太郎などの妖怪でおなじみ、水木しげるによるこなき爺ラベルの純米『三芳菊』。もう一つは、宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999でおなじみ、松本零士による武将ラベルの特別純米『御殿桜』です。こちら…! 『大歩危(おおぼけ)こなきの盗み酒』純米酒(写真左)300ml…戴きもの【徳島県三好市/三芳菊酒造 株式会社】〔精...

続きを読む

【酒】二兎追う者しか二兎を得ず純吟山田錦55生原

 二兎(にと)追う者しか二兎を得ず…!新時代の格言だそうです。例えば「重と軽」「甘と辛」「酸と旨」「複雑と綺麗」、蔵元は、そんなふうに二律背反するような2つの事柄を最高のバランス&味わいになるように心掛けた…とのこと。今の世の中、二兎を得ようというくらいの威勢のよさがあったほうがいいのかな(^ ^) 純米吟醸『二兎(にと)』山田錦五十五 生原酒720ml購入価格税込1650円【愛知県岡崎市中町/丸石醸造 株式会社】...

続きを読む

【にゃんカップ酒】カルディ純吟「唐猫様」花の舞

 KALDI(カルディ)ってコーヒー屋かと思ってたら、酒も売ってました。しかも、猫デザインのものです。こちら…! カルディ オリジナル純米吟醸『唐猫様(からねこさま)』180ml購入価格税込375円【静岡県浜松市浜北区/花の舞酒造 株式会社】〔日本酒度+3~+4 米:静岡県産誉富士100%使用 精米歩合60% アルコール度15・5〕  見かけは猫ブーム便乗商品ですが、静岡県初の酒造好適米「誉富士」を100%使用して純米...

続きを読む

【酒】ZAKUにニュータイプ出現か!?純米大吟原

 今回、潜入捜査の末、極めて秘匿性の高い情報に接することができた。これだ。 『作(ざく)IMPRESSION(インプレッション)type-N』純米大吟醸原酒 無濾過 槽場直汲み びん火入れ720ml購入価格税込2268円【三重県鈴鹿市/清水清三郎商店 株式会社】〔杜氏:内山智広 精米歩合50% 酵母:自社保存株 アルコール度16〕 「ZAKU」と言えば量産型が思いつくけど、Special Edition(特別版)があると言う...

続きを読む

【酒】『群馬泉』『太平記の里』ぐんまちゃんラベル

 群馬にある介護施設に祖母が入居しており、時々見舞いに行くのですが、認知症がひどくて何度見舞いに行ってもすぐ忘れられてしまいます(°∀°;どうにもものさみしく、道の駅で日本酒でも買って帰ることにしました。こちらです。 『群馬泉』山廃本醸造300ml購入価格税込400円【群馬県太田市由良町/島岡酒造 株式会社】〔日本酒度+3 酸度1.6 精米歩合60% アルコール度15〕 立ち香がいま一つだったので期待しないで飲み...

続きを読む

【酒】獺祭50・39・23飲み比べ!而今や日高見

 美味しい日本酒いっぱい、料理も美味の居酒屋に行ってきましたよ!親友masamasaを連れていったのは、高田馬場駅のメトロ6番出口からほど近い「遊帆亭(ゆうほてい)」です。近過ぎて迷うかもしれません(笑) 感激したのが、『獺祭』のそれぞれ精米歩合50%、39%、23%という超磨いた酒同士を、飲み比べられるコースがあることです。『獺祭』はとことんまで酒米を磨きに磨くというのがコンセプト。でも実は、ぼくやmasamasaは...

続きを読む

【日本酒】大江戸・首都東京を制覇する。

 東京の日本酒蔵の酒を制覇しようとがんばってきました。それはかつてはなかなか大変な野望だったのですが、一昨年の暮れ、JR両国駅の西口すぐの場所に和食屋街「両国 江戸NOREN」ができて、東京地酒がそろった酒屋「東京商店」が登場したため、一気に達成できるようになり、嬉しいようなあっけなくて哀しいような複雑な気持ちです。  【飲み干せ…! 東京の全日本酒】 東京の全10蔵のうち、最後に飲むこ...

続きを読む

【日本酒】四国~淡路を飲み比べ…!…猫見物

 ブロ友のつばきさんからプレゼントが贈られてきました!四国4県から各1蔵+淡路島の1蔵、計5蔵の日本酒を飲み比べられるという、楽しい酒セットです(^-^)つばきさんはブログ休止中なのにこうして嬉しい酒セットをくださって、大変ありがたいことです。 セット内容はこのようになっております。「四国と淡路の銘醸蔵 清酒飲みくらべ」     各300ml…戴きもの 1:『梅錦 ずーっと好きでいてください』【愛媛県...

続きを読む

東京地酒、全10蔵の酒飲み比べ!きき酒自販機

 死にたいくらいに憧れた花の都・大東京には、意外とまだ酒蔵があります。現在、全10蔵の日本酒の蔵が稼働しています。水源がきれいであれば、酒はつくれるのです。それにしても、東京で暮らしていても、めったに見ない銘柄も少なくありません。そんな不満を解消してくれるスポットが、ここ…! JR両国駅の西口すぐの場所にある和食屋街「両国 江戸NOREN」です。その中に、東京地酒がそろった酒屋「東京商店」がありま...

続きを読む

【日本酒】東京地酒を飲もう…!

 東京都では現在も10蔵の日本酒蔵が稼働しています。東京23区内にそのうちの2蔵がありますが、わりと最近このブログで採り上げたので過去記事をご参照戴くとして、今回はさらに他の蔵の酒を飲んでみることにしました! まずはこれ!ひやおろし特別純米『千代鶴』720ml購入価格税込1436円(東京都あきる野市/中村酒造)〔精米歩合60% アルコール度15〕 早速実飲!香りは淡く、味わいもスッキリ淡麗。雑味なし、「水の...

続きを読む

【日本酒】磨きをかけない酒を飲む低精米酒「香取」

 技に磨きをかける…なんてことをよく言いますが、時流によっては、磨きをかけないほうが「素朴」でいい…って話が出てきたりします。実は今、日本酒の世界が、まさにそうなのです。 日本酒は一般的に、原料となる酒米に磨きをかけるほうが、きれいな香りや味わいが出るとされています。お米をふつうに炊いて食べる時は、精米歩合97~92%で使用します。これは、米を3~8%しか磨いてないということです。吟醸になると、精米...

続きを読む

ミサトに幸あれ『獺祭』23%/復活蔵美酒『赤武』

 葛城ミサトは、今、何歳なのだろうか…?時は流れ、なにもかもが曖昧になってくる。   庵野秀明は、今、エヴァンゲリオンの結末を考えているところだろうか? 葛城ミサトは、幸せになれるのか。ポイントの1つが、この酒とのシンクロ率であることは論をまたない。 ★分かりやすいだいぶ前の過去記事、こちらもどうぞ!https://blogs.yahoo.co.jp/stakamatsus/17715614.html  ついに旭酒造は酒造本能が暴走...

続きを読む

【猫ボトル】四季の純米吟醸 春の詩(招徳)を飲む

 まだ4月だというのにすっかり夏めいてきましたが少し時間を巻き戻して春の気分に浸れるお酒を飲みました。しかも猫ボトル。こちらです! 『四季の純米吟醸デザインボトル 春の詩(うた)』240ml戴きもの(京都市伏見区舞台町/招徳酒造 株式会社)〔米:五百万石、加工米 精米歩合60% 日本酒度+3 酸度1.4 アミノ酸度1.4 アルコール度12〕 桜の咲き乱れる空間を、白猫が黒い足跡をつけながら走りぬけてゆくという...

続きを読む

最北の酒蔵「國稀終着駅」を飲んで廃線の哀愁に酔う

 長いつきあいの介護福祉士「ばしくん」、婚活好調の「K」と飲みました(^ ^)/▽☆場所は、千葉県野田です。街のスーパーに行ったら、まえに同じ顔触れで行った野田の窪田酒造の日本酒があったので、買いました。 吟醸酒「のだ育ち」720ml購入価格…(記録失念)(千葉県野田市/窪田酒造 株式会社)〔米:野田産こしひかり100%使用 精米歩合55% アルコール度15〕  さっそく実飲!ちょっとどっしりとして、飲み応えあり...

続きを読む

酒が呼んでる!東京都心「江戸開城」酒蔵ビル訪問!

 ちょっと前に紹介した日本酒『江戸開城』の酒蔵が気になり、ついに行ってきました!今年2016(平成28)年7月に清酒製造免許を取得して醸造を始めたばかりの、新しい酒蔵です!日本全国に一千以上ある酒蔵の中で最も東京都心に近く、私の自宅からも近い…ということもあって気楽にプラ~ッと(笑)。 都営地下鉄三田線の三田駅から300~400mくらい歩いたでしょうか、でっかい道路「第一京浜」が通っていて、ほんとにこんな街中に...

続きを読む

【日本酒】東京都心に酒蔵復活!「江戸開城」純吟原

 2020年(平成32年、その時は新年号?)のオリンピックに向けて、進化と伝統が交じり合うここ東京。酒の世界にも変化がやって来ています。長らく東京23区内では、唯一、『丸眞(マルシン)正宗』を醸造する小山酒造だけが稼働(東京都全域では9蔵稼働)し、奮闘してきました。小山酒造は北区の岩淵町という場所にあり、埼玉県川口市との境目です。 そんな状況だったのが、今年、なんと東京も東京、東京タワーなどもある東京都心の港区...

続きを読む

酒:猫の純吟「萩の鶴 夕涼み猫」/狸「五橋騎乗」

 美味しい日本酒の記事です。1つは、猫ラベルが気に入って買ってきました(=^ェ^=)もう1つは、猫かと思ってよく見たら狸でしたが、これも購入しました。 『五橋(ごきょう)騎乗ride?』純米酒濃醇仕込生(写真左)720ml購入価格1728円(山口県岩国市/酒井酒造 株式会社)〔精米歩合70% アルコール度15〕 純米吟醸 別仕込『萩の鶴 夕涼み猫』720ml購入価格1512円(宮城県栗原市/萩野酒造 株式会社)〔精米歩合50% アル...

続きを読む

【酒】強力スダチくどき酒!/山廃純吟原「鳴門鯛」

 久々の日本酒記事です…!ねこブログ友達のつばきさんからお酒が届いたのでありがたく戴くことにしまして、記事にします♪戴いたのは、徳島の蔵元の酒、こちらです!山廃造り『鳴門鯛(なるとたい)』純米吟醸原酒720ml戴きもの(徳島県鳴門市大麻町/本家松浦酒造場)〔米:山田錦100%使用 精米歩合48% アルコール度16〕『阿波・徳島 すだち酒』300ml戴きもの(徳島県鳴門市大麻町/本家松浦酒造場)〔醸造アルコール・すだち果汁・...

続きを読む

【酒】薩長連合・中岡慎太郎の純米酒「慎太郎」

「オレはオレ、慎太郎」 オレオレ詐欺ではありません。中岡慎太郎の頑固一徹さを表現した酒です。 純米酒『慎太郎』720ml購入価格1070円(高知県安芸郡田野町/有限会社 濱川商店)〔精米歩合60% アルコール度15〕 中岡慎太郎は坂本龍馬よりも先に薩長連合を唱えた1人です。武市(たけち)半平太の土佐勤王党に所属し、のちに土佐脱藩して長州藩で活動、1864(元治元)年7月の蛤御門の変(禁門の変)に参戦するなど活躍しま...

続きを読む

貴醸酒三昧!清酒で醸した日本酒を飲む…!

 日本酒はふつう、米・米麹(こめこうじ)・水で醸しましす。それを、米・米麹・日本酒で醸すと、「貴醸酒」と呼ばれる酒になります。水で仕込むところを、酒で仕込むわけです。文字通りと言いましょうか、昔は貴族しか飲めなかったらしいです。 今でもあまりつくられていませんが、3銘柄見つけて購入しました。まずは、こちらです。『金婚』貴醸酒100ml購入価格525円(東京都東村山市/豊島屋酒造 株式会社〔発売元:東京都千...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

このブログの更新通知ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

月別アーカイブ