FC2ブログ

記事一覧

こんないい姉妹いる?映画「空の青さを知る人よ」

 アニメ映画『空の青さを知る人よ』を見てきました。監督は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と『心が叫びたがってるんだ。』の長井龍雪。前2作の繊細な物語は傑作と言ってもよく、もうこのタイトルたちを聴くだけで涙してしまいます。今回もその期待に応えてくれるのか!?原作:超平和バスターズ脚本:岡田麿里キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀(『君の名は。』 『天気の子』)監督:長井龍雪音楽:横山克...

続きを読む

ガンダム缶

 ガンダムが40周年ってことでもう半年くらい前からになりますが缶コーヒーのジョージアのエメラルドマウンテンでコラボ・デザイン缶が出てます。時期によって缶に描かれたキャラクターが変わります。大人買いしたくて6個1セットで買っても1キャラか2キャラしか入ってなくて、なかなかそろわないです。あざとい商法です(笑)地球連邦軍の缶。ジオン公国軍の缶。君はいくつそろえられるか!?『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~...

続きを読む

あの頃みんな勇者だった親子3代映画「ドラクエ」

 ゲームのドラクエがついにアニメ映画に! 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を見てきましたよ。『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』を原案に、あのビアンカとフローラどちらを結婚相手に選ぶかというドキドキも体験できる…! だいぶ忘れている部分があっても楽しめたし、ドラクエ初体験のかたでも堪能できそうです。原作・監修:堀井雄二脚本・総監督:山崎貴(『アルキメデスの大戦』 『STAND BY ME ドラえもん』 ...

続きを読む

アツい!違法行為多発アニメ映画「天気の子」

 『君の名は。』があまりにヒットし過ぎたので、心配しつつ見に行った新海誠監督の新作アニメ映画『天気の子』。世界の平穏なんかよりも愛を選ぶという、青少年らしさがあふれ出たアツい作品で、なかなかおもしろかったです。が、遺失物横領や銃刀法違反をはじめとして、公務執行妨害を繰り返すなど犯罪行為が多いという点でも熱く、見る人によっては拒否感をもつかもしれません。原作・脚本・監督:新海誠(しんかい・まこと)企画...

続きを読む

水表現が最高!アニメ映画「きみと、波にのれたら」

 日本アニメ界でいま最も実力があると言っても過言じゃない湯浅政明監督作のアニメ映画『きみと、波にのれたら』を見てきました…! 大人の鑑賞にたえうるファンタスティックな恋愛物語でしたよ。脚本:吉田玲子(『猫の恩返し』『映画けいおん!』『映画 聲の形』)監督:湯浅政明制作:サイエンスSARU音楽:大島ミチル主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE(rhythm zone)「Brand New Story」   2019日本作品【主な登場人物...

続きを読む

一見の価値あり大海&宇宙アニメ映画「海獣の子供」

 ある女子の一夏を繊細に描いた作品…と思いきや、海から宇宙の成り立ちまでを壮大に読み解くアニメ映画『海獣の子供』を見てきました。原作:五十嵐大介『海獣の子供』日本漫画家協会賞優秀賞受賞監督:渡辺歩(『ドラえもん のび太の恐竜2006』)制作:STUDIO4℃音楽:久石譲(『風立ちぬ』 『かぐや姫の物語』 『東京家族』 『柘榴坂の仇討』 『羊と鋼の森』)主題歌:米津玄師(よねづ・けんし)「海の幽霊」   2019日本作...

続きを読む

ときめくアニメ映画「バースデー・ワンダーランド」

ときめくアニメ映画「バースデー・ワンダーランド」 2019/5/2(木) 午後 0:35●引越先ブログです♪【清水しゅーまい】https://shimizushumai.blog.fc2.com(もうしばらくヤフー中心です) 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ! オトナ帝国の逆襲』(2001年)などの大名作を監督してきた原恵一による1本『バースデー・ワンダーランド』を見てきました…! 原作:柏葉幸子『地下室からのふしぎな旅』 脚本:丸尾みほ キャラクター...

続きを読む

直木賞作家が描くドラえもん「のび太の月面探査記」

 直木賞作家の辻村深月が脚本を手がけたアニメ『映画ドラえもん のび太の月面探査記』を見てきました…! 辻村深月さんはつねづねドラえもん好きを公言しているかたで、特に小説『凍りのくじら』では全10章すべてにドラえもんの秘密道具の名前がつけられているほどです。ドラえもんそして藤子F先生への理解が深く、この映画もとてもドラ度の高い楽しくスリリングな映画になっていました。 原作:藤子・F・不二雄脚本...

続きを読む

ディズニー炸裂「シュガー・ラッシュ:オンライン」

 ディズニーのプリンセス達が一斉登場したり『スター・ウォーズ』の帝国軍兵士ストーム・トルーパーやアンドロイドC3POなどなど、様々なキャラが顔見せすることでも話題の映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』(吹替版)を見てきましたよ…! 日本勢では前作に引き続き『パックマン』(ナムコ)や『ストリート・ファイターⅡ』(カプコン)のキャラが出ていました! 監督:リッチ・ムーア&フィル・ジョンストン(『ズ...

続きを読む

友情の「映画妖怪ウォッチ フォーエバーフレンズ」

 1960年代の東京と妖魔界を描いた『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS フォーエバー フレンズ』を見てきました。映画5周年記念作品です。実は『妖怪ウォッチ』を見るのはまったく初めてでしたが、分かりやすくて熱くなれる内容でしたよ! 製作総指揮/原案・脚本:日野晃博原作:レベルファイブ連載:月刊コロコロコミック音楽:西郷憲一郎主題歌:東方神起「大好きだった」監督:高橋滋春   2018日本作品【主な登...

続きを読む

アニメのエッセンス映画「モンスト・ソラノカナタ」

 モンストを知らなくても楽しめた!2013年10月にスマフォ・アプリとして配信開始され、以来、大人気のゲーム『モンスターストライク(モンスト)』をもとにしたオリジナル・ストーリーの長編アニメ映画第2弾『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』を見てきました…! 脚本:伊神貴世キャラクター原案:岩元辰郎キャラクターデザイン:田中雄一監督:錦織博制作:オレンジ製作:XFLAG(ミクシィ)音楽:横山...

続きを読む

宮崎&高畑を追う悩めるアニメ映画「ちいさな英雄」

 スタジオジブリ出身の米林宏昌監督たちと西村義明プロデューサーによるスタジオポノック最新アニメ映画『ちいさな英雄  ―カニとタマゴと透明人間―(ポノック短編劇場)』を見てきました。20分くらいの短編映画3本で合計1時間弱、大人1400円という、ちょっと変則的な興行です。 1「カニーニとカニーノ」Kanini&Kanino脚本・監督:米林宏昌(『思い出のマーニー』 『メアリと魔女の花』)音楽:村松崇継(『思い出...

続きを読む

禁!ヒーロー映画「インクレディブル・ファミリー」

『カメラを止めるな!』という話題のゾンビ映画を見ようかと思っていたところ、その映画館としては珍しくソールド・アウトで見れませんでした。そこで、ヒーロー家族が活躍するアニメ映画『インクレディブル・ファミリー』(吹替版)に急きょ変更です。 監督・脚本:ブラッド・バード(『Mr.インクレディブル』『ミッション:インポッシブル(第4作)ゴースト・プロトコル』)製作総指揮:ジョン・ラセター音楽:マイケル・ジア...

続きを読む

映画「未来のミライ」むしろ過去の物語に惹かれる

 今や日本のアニメ映画界で最も注目されていると言っても過言ではない細田守監督が率いるスタジオ地図のアニメ映画『未来のミライ』を見てきました…! 原作・脚本・監督:細田守(『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』『サマーウォーズ』)企画・制作:スタジオ地図音楽:高木正勝オープニング&エンディングテーマ・主題歌:山下達郎   2018日本作品【主な登場人物:声】くんちゃん(4歳男子):上白石萌歌(かみしら...

続きを読む

怪作アニメ「犬ヶ島」日本愛爆発!犬愛炸裂も見よ!

 ちょっと不気味でユーモラスなストモ・アニメ(ストップ・モーション・アニメ)の怪作が登場しました…!『犬ヶ島(いぬがしま)』です…!これは今年の怪作一番映画になるかも(笑)? 監督:ウェス・アンダーソン(『ファンタスティック Mr.FOX』『グランド・ブダペスト・ホテル』) 第68回ベルリン国際映画祭オープニング作品 銀熊賞(監督賞)受賞原題『Isle of Dogs』   2018アメリカ作品【登場キャラ(声)】小林市長(野村...

続きを読む

夢より大切な何か?アニメ映画「リメンバー・ミー」

 ディズニー/ピクサーの話題の新作、きらびやかな死者の国に行ってミュージシャンになる夢と家族の絆を天秤にかけるアニメ映画『リメンバー・ミー』(2D吹替版)を見てきました…! 原案・監督:リー・アンクリッチ原案・脚本:マシュー・オルドリッチ製作:ダーラ・K・アンダーソン製作総指揮:ジョン・ラセター音楽:マイケル・ジアッキーノ歌曲:ロバート&クリステン・アンダーソン・ロペス日本語版エンドソング「リメ...

続きを読む

お奨め映画「ズッキーニ」/「旅立ち、綴ります」

 友情と淡い恋心でつらい日々を乗り超える子供を描いたアニメ『ぼくの名前はズッキーニ』(吹替版)と、自分の訃報(ふほう)=死亡記事を、自分が生きている間に書こうという実写『あなたの旅立ち、綴(つづ)ります』を見てきました…! 原作:ジル・パリス『ぼくの名前はズッキーニ』原案:ジェルマーノ・ズッロ クロード・バラス モルガン・ナヴァロ脚本:セリーヌ・シアマ監督:クロード・バラスアニメーション監督:キム・...

続きを読む

油絵が動く!圧巻アニメ映画「ゴッホ 最期の手紙」

 ゴッホの最期の謎を、6万2450枚の油絵をもとにアニメ化した意欲作『ゴッホ 最期の手紙』(吹替版)を見てきました…! 1秒あたり12枚の油絵。参加画家125名、その中には日本人の若手画家、古賀陽子も含まれています。 ゴッホのあの独特のタッチや色合いが動く…、画期的な趣向と、それを実現してしまったことに驚かされました! 脚本・監督:ドロタ・コビエラ共同脚本・共同監督・製作:ヒュー・ウェルチマン音楽:クリント...

続きを読む

日本愛のストモアニメ傑作「クボ 二本の弦の秘密」

 人形を1コマ1コマ動かして撮影するストモ・アニメ(ストップ・モーション・アニメ=コマ撮りアニメ)で昔の日本を叙情豊かに描いた傑作映画『クボ 二本の弦の秘密』を見てきました…!なぜ先に日本で作らなかった…!と言いたくなるほどの日本愛・日本美あふれるストモ・アニメでした。 監督:トラヴィス・ナイト(スタジオライカ)原題『Kubo and the two strings』   2016アメリカ作品 2017~日本公開中【登場キャラ/...

続きを読む

永遠のモラトリアム!アニメ映画「打ち上げ花火…」

 アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか?』を見てきました…!前の席から見ましたよ。町の名前が茂下(もしも)という場所で、その通り、ドラえもんの「もしもボックス」みたいなお話でした。 原作:岩井俊二(『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』)脚本:大根仁(『モテキ』『バクマン。』)監督:武内宣之総監督:新房昭之(『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』)企画・プロデュース:川村元気音楽...

続きを読む

感動バレエアニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」

 あまり興味無かったのですが、見てみたら思いがけず感動したアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(吹替版)についてです。王道的なつくりで意外性は少ないものの、泣きどころやツボを押さえた作品でした…! 脚本:キャロル・ノーブル エリック・サマー ローラン・ゼトゥンヌ監督:エリック・サマー エリック・ワリン振付:オレリー・デュポン ジェレミー・ベランガール原題『Ballerina』   2016フランス・カ...

続きを読む

大人にじわじわ来る映画「カーズ クロスロード」

 勝つことがすべてではない、他にも大切な何かがある…ディズニー/ピクサーが一見アメリカらしからぬ熱く深いメッセージを籠めて毎回見応えを感じさせてくれるアニメ映画『カーズ』シリーズの第3弾、『カーズ クロスロード』(吹替版)を見てきました…! 前作を知らなくても楽しめる内容でしたよ! 脚本:ボブ・ピーターソン監督:ブライアン・フィー(今作で監督デビュー)製作:ケヴィン・レハー製作総指揮:ジョン・ラ...

続きを読む

成長すれば世界は開ける!映画「メアリと魔女の花」

 『思い出のマーニー』を最後にスタジオジブリを退社した米林宏昌監督と西村義明プロデューサー。スタジオポノックを立ち上げ、待望の初映画『メアリと魔女の花』を公開しました。「メアリ」は「マーニー」と違ってとても外向的な女の子ですが、「自分が嫌い」という点では共通。どんな活躍と成長を見せてくれるかに、注目です…! 原作:メアリー・スチュアート脚本:坂口理子脚本・監督:米林宏昌音楽:村松崇継主題歌:SEK...

続きを読む

東京五輪への夢よ、再び!アニメ映画「ひるね姫」

 2020年 夏の東京オリンピックを目前に、少女の夢と現実が交錯するアニメ映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』を見てきました…!原作・脚本・監督は、テレビアニメ『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』『精霊の守り人』『東のエデン』などで人気の神山健治です。 原作・脚本・監督:神山健治キャラ原案:森川聡子音楽:下村陽子主題歌:「デイ・ドリーム・ビリーバー」森川ココネ   2017日本作品【登場人物...

続きを読む

美しい海と砂浜に感動!映画「モアナと伝説の海」

 ディズニー・アニメの最新作『モアナと伝説の海』(吹替版)をさっそく見てきました…!予告編を見たら海の描写がまるで本物で、あまりにきれいだったのですぐ見にゆく気になりました。期待通り、はるばる南国に出かけたような海と空の流麗な景色。砂浜も白く美しく、人が転んだ時につく砂粒まで、本物としか思えないほどでした…! 監督:ジョン・マスカー&ロン・クレメンツ(『リトル・マーメイド』『アラジン』)製作総指揮:...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ