FC2ブログ

記事一覧

映画「人間失格」命削り家族破壊し書き続ける凄味

 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を見てきました。3人の女優それぞれ熱演で惹き込まれました。「R15+」なのでヌード出てきますよ~。特に二階堂ふみは潔い脱ぎっぷりです。脚本:早船歌江子監督:蜷川実花(『ヘルタースケルター』)音楽:三宅純主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ   「カナリヤ鳴く空 feat. チバユウスケ」   2019日本作品【主な登場人物:キャスト】太宰治:小栗旬美知子(妻):宮沢りえ静子...

続きを読む

喜怒哀楽と立ち回り、充実映画「引っ越し大名!」

 書庫で本ばかり読んでいる気弱な武士(星野源)がなぜかとつぜん引っ越し奉行に任命されてしまってドタバタする映画『引っ越し大名!』を見てきました! 人情喜劇的な、安心して笑って見れる内容でしたよ。原作・脚本:土橋章宏『引っ越し大名三千里』(『超高速! 参勤交代』)監督:犬童一心(『のぼうの城』)音楽:上野耕路「引っ越し唄」振付・監修:野村萬斎主題歌:ユニコーン「でんでん」   2019日本作品【主な登場人物:...

続きを読む

ミュージカルの疑問昇華映画「ダンスウィズミー」

 ミュージカルなんて大嫌い! 過去のとある経験から、ミュージカルに嫌悪感をもっている女性。その彼女が、催眠術によって、音楽を聞くと自然に踊りだしてしまうようになる…というコメディー・ミュージカル映画『ダンスウィズミー』を見てきました! バカバカしくもおもしろおかしい楽しい内容でしたよ。原作・脚本・監督:矢口史靖(しのぶ)音楽:Gentle Forest Jazz Band/野村卓史振付:Q-TARO/EBATO企画・制作プ...

続きを読む

大和建造計画を数学で…映画「アルキメデスの大戦」

 戦略的・予算的に疑問のある戦艦大和の建造計画について、数学を駆使して問題点をあぶり出していくスリリングな映画『アルキメデスの大戦』を見てきました…! のっけから大和の海戦で始まり、大迫力でしたよ!原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』(まんが連載中)脚本・監督・VFX:山崎貴(『STAND BY ME ドラえもん』 『永遠の0』 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』)音楽:佐藤直紀(『海賊とよばれた男』 『ルドル...

続きを読む

愛みなぎる「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

 以前のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(1998年、2014年)はひどい作品だったので、今作には期待していなかったんですが、予告編を見たらゴジラ達のBGMにドビュッシーの「月の光」と、プッチーニの「誰も寝てはならぬ」が流れていて、面白い趣向だなぁと思い、見にゆきました。しかし、本編ではそういったクラシック音楽のBGMは無し。ちょっと残念でした。代わりに、『シン・ゴジラ』に引き続き、元祖ゴジラ作曲家...

続きを読む

果敢な決断くだす映画「空母いぶき」腹はくださない

 いわゆる平和憲法の9条がある日本で、それでも実力行使をしてくる集団があったら自衛隊はどうするか、日本はどうなるのかを描いた実写映画『空母いぶき』を見てきました…!左がかった発言で話題の一つになった総理大臣役の佐藤浩市、腹痛描写は言われてみないと分からないぐらいごく控えめで、立派な総理に見えましたよ。原作:かわぐちかいじ『空母いぶき』(「ビッグコミック」連載中のまんが、協力:惠谷治)企画:福井晴敏脚...

続きを読む

古典的テーマの今時なSF映画「レプリカズ」

 古典的でありながら、今やもう現実にもなりつつあるクローン人間や、心の移植をテーマにした新しいSFアクション映画『レプリカズ』を見てきました…!脚本:チャド・セント・ジョン監督:ジェフリー・ナックマノフ原題『REPLICAS』   2018アメリカ作品(2019アメリカ一般公開) 2019日本公開【主な登場人物:キャスト】ウィリアム・フォスター(科学者):キアヌ・リーブス(『47RONIN(フォーティーセブン・ローニン)』 ...

続きを読む

実写映画「名探偵ピカチュウ」おっさん設定に秘密が

 あのポケモンが実写映画『名探偵ピカチュウ』として逆輸入されましたよ。どんなものかと見てきました!脚本・監督:ロブ・レターマン原題『POKEMON Detective Pikachu』   2019アメリカ作品【主な登場人物:キャスト】名探偵ピカチュウ(声:ライアン・レイノルズ)ティム:ジャスティス・スミスルーシー:キャスリン・ニュートンヨシダ警部補:渡辺謙【めくるめく謎、いきなりミュウツー、ピカチュウに...

続きを読む

活劇でありながら尊厳も描く映画「ハンターキラー」

活劇でありながら尊厳も描く映画「ハンターキラー」 2019/4/25(木) 午後 0:50●一応の引越先ブログです♪【清水しゅーまい】https://shimizushumai.blog.fc2.com(当面はヤフー中心です)  リアルな最新情報と映像技術で緊迫の潜水艦戦闘を映像化した『ハンターキラー 潜航せよ』を見てきました。アクション場面の迫力はもちろん、閉塞空間での人間ドラマにも見応えのある1本でしたよ…!原作:ジョージ・ウォーレス&ドン・キース監...

続きを読む

アメリカの危うさ分かる政治コメディ映画「バイス」

アメリカの危うさ分かる政治コメディ映画「バイス」 2019/4/14(日) 午後 6:55●一応の引越先ブログです♪【清水しゅーまい】https://shimizushumai.blog.fc2.com(当面はヤフー中心です) アメリカ史上、最も強大な権力を振るった「副」大統領の半生を描いた実話映画『バイス』を見てきました。シニカルな描写にあふれていますが、ほぼ実態に即しているという、アメリカの怖さ・危うさ・凶暴性が分かる内容です。 脚本・監督・製...

続きを読む

日露戦争が生んだ愛憎の映画「ソローキンの見た桜」

 日露戦争時に実在した愛媛県松山市のロシア人捕虜収容所を舞台に、日本人看護師(阿部純子)とロシア人捕虜が時代と愛憎に翻弄される映画『ソローキンの見た桜』を見てきました…! 憎しみを前面に出さず、繊細な交流を描いた、いい作品でしたよ。 原案:青山淳平原作:田中和彦脚本:香取俊介脚本・監督・編集:井上雅貴音楽:小野川浩幸   2019日本&ロシア作品【主な登場人物:キャスト】桜子&ゆい(二役):阿部純子桜...

続きを読む

見逃せない戦車決戦の戦争映画!「フューリー」

 今回も、ギャオでただで見れる旧作を紹介します。ブラッド・ピットらが戦車で死闘を繰り広げる映画『フューリー』です。字幕版と吹替版の両方あって、2019年4月24日(水)までの公開。 1945(昭和20)年4月、第二次世界大戦の末期、米軍軍曹のドン・コリアー(ブラッド・ピット)が指揮する戦車フューリー号が、まだなお頑強な抵抗をするドイツ軍相手に悲惨な戦闘を続けながら進軍しています。そこへ、何の間違いか、タイピスト...

続きを読む

困ったちゃんの謎、映画「不滅の恋ベートーヴェン」

イチロー選手の現役引退に落涙の昨日今日です。。。お疲れ様でした…!  さて、いつもは映画館上映の新作を紹介していますが、このところドタバタしてるので、自宅で見たばかりの旧作映画『不滅の恋 ベートーヴェン』について書きます。2019年3月31日(日)まで、ギャオでただで見れます。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンを主人公に、彼の知られざる恋愛の軌跡(実話かどうか分かりませんけども)をたどる物語...

続きを読む

人間も主演の映画初監督!岩合「ねことじいちゃん」

 動物写真家の岩合光昭(いわごう・みつあき)さんが、猫だけじゃなくて人間も主演する映画を初監督しました! 『ねことじいちゃん』、人間の主演はこれまた初主演となる噺家の立川志の輔(たてかわ・しのすけ)さんです。さっそく見てきましたよ…! 原作(まんが):ねこまき『ねことじいちゃん』脚本:坪田文監督:岩合光昭(出演『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』/撮影『日本列島 いきものたち...

続きを読む

映画「ファースト・マン」反対運動もあった月面計画

 今年2019年は初の月面着陸から50周年! そのアポロ11号往還を描いた映画『ファースト・マン』を見てきました! 臨場感いっぱい、シリアスな作品でしたよ。 原作:ジェイムズ・R・ハンセン 『ファースト・マン ニール・アームストロングの人生』脚本・製作総指揮:ジョシュ・シンガー(『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』)監督・製作:デイミアン・チャゼル(脚本・監督『ラ・ラ・ランド』/製作『セッション』)製作...

続きを読む

悶絶裸踊「サスペリア」/実話「フロントランナー」

 「世界3大ホラー映画」と称されるものがあって、『エクソシスト』(1973年)・『オーメン』(1976年)・『サスペリア』(1977年)をそう呼ぶそうです。その『サスペリア』が新しく再構築され、上映されています。 脚本:デビッド・カイガニック監督:ルカ・グァダニーノ(『君の名前で僕を呼んで』)音楽:トム・ヨーク(レディオヘッドのヴォーカル&ギター)原題『SUSPIRIA』   2018イタリア&アメリカ作品 日本公開20...

続きを読む

胸ポロリに皇帝もコロリ!映画「マチルダ禁断の恋」

 ロシア最後の皇帝ニコライ2世と、伝説のプリマ・バレリーナとして名を残したマチルダ・クシェシンスカヤとのスキャンダルをテーマにした映画『マチルダ 禁断の恋』を見てきました…! 政略結婚で身を縛られている皇帝と、自由奔放ながら身分差には勝てないバレリーナの、禁断の恋の葛藤が描かれていましたよ。ロシアでニコライ2世は「聖人」だそうで、映画の内容に怒ったキリスト教過激派組織が監督のスタジオに放火する事件も...

続きを読む

心にしみるおバカ映画「アイ・フィールプリティ!」

 劣等感いっぱいのぽっちゃり女子が頭をぶつけ、自分を絶世の美女だと思うようになる映画『アイ・フィール プリティ! 人生最高のハプニング』を見てきましたよ…! 監督:マーク・シルヴァースタイン&アビー・コーンプロデューサー:マックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ラストミッション』)原題『I FEEL PRETTY』   2018アメリカ作品【主な登場人物:キャスト】レネー・ベネット(ルクレア社の地味...

続きを読む

ガガ泣きできるかな…?映画「アリー スター誕生」

 レディー・ガガの初めての映画主演作となる『アリー  スター誕生』を見てきましたよ!ガガの歌に感涙むせぶことを「ガガ泣き」というらしいですが、あなたはこの作品にガガ泣きできるかな…!? 脚本・監督・製作:ブラッドリー・クーパー脚本:エリック・ロス ウィル・フェッターズ撮影:マシュー・リバティーク(『ブラック・スワン』)原題『A Star Is Born』   2018アメリカ作品【主な登場人物:キャスト】ジ...

続きを読む

怖い映画「来る」きっと来る!育児失敗夫婦に恐怖が

 なぜだか理由は分からないけども執念深く襲いかかって来る謎の霊(?)の恐怖を描いた映画『来る』を見てきました…! とにかく不気味で怖い前半と、話が大風呂敷になってゆく後半とで、ちょっと違った怖さを味わえましたよ。 原作:澤村伊智『ぼぎわんが、来る』(第22回日本ホラー小説大賞受賞作)脚本:中島哲也 岩井秀人 門間宣裕監督:中島哲也   2018日本作品【主な登場人物:キャスト】野崎和浩(ライター):岡田准...

続きを読む

映画「…クリスマス!ロンドンに奇跡…」作家の苦悩

 ディケンズの名作『クリスマス・キャロル』誕生秘話を描き、現在のクリスマスの原型がどうできたかを物語る映画『Merry Christmas(メリー・クリスマス)! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』(吹替版)を見てきました! 作家の生みの苦しみが分かり、現実と虚構の世界が一体となる過程を体験することができましたよ…! 原作:レス・スタンディフォード脚本:スーザン・コイン監督:バハラット・ナルルーリ音楽:マイケル・...

続きを読む

平和主義者に残酷な洗礼!サムライ映画「斬、」

 サムライ映画に「なぜ人は人を斬るのか」という根源的で禁断的な疑問を投げ込んだ『斬(ざん)、』を見てきました…! すさまじい迫力でしたよ! 脚本・監督・撮影・編集・製作・出演:本晋也(『鉄男』『野火』)音楽:石川忠サウンド:北田雅也殺陣:辻井啓伺時代考証:大石学製作:海獣シアター   2018日本作品【主な登場人物:キャスト】都築杢之進(つづき・もくのしん):池松壮亮(『ラスト サムライ』『万引き家族』『...

続きを読む

ドンドンパ!あの名曲秘話も!映画「ボヘミアン…」

 クイーンのヴォーカル・亡きフレディ・マーキュリーの伝記的映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見てきました…! 名曲の数々が演奏され、本当にライヴ会場にいるような盛り上がりを味わえますよ! 監督:ブライアン・シンガー(『X-MEN』シリーズ)音楽プロデューサー:ブライアン・メイ ロジャー・テイラー   2018アメリカ作品【主な登場人物:キャスト】フレディ・マーキュリー(ヴォーカル、ピアノ):ラミ・マレック...

続きを読む

本当の猫好きには不満残る?映画「旅猫リポート」

 「ぼくは、最後まで、サトルの猫でいる。」「さあ、行こう。これは僕らの最後の旅だ。」キャッチ・コピーでもう泣けてくる猫主演の映画『旅猫リポート』を見てきましたよ(=^▽^=) 原作:有川浩(ありかわ・ひろ)『旅猫リポート』(『図書館戦争』)脚本:有川浩 平松恵美子監督:三木康一郎音楽:コトリンゴ(『この世界の片隅に』)動物監修:ZOO動物プロ   2018日本作品【主な登場人物:キャスト】宮脇悟:福士蒼汰ナナ(...

続きを読む

今が旬!今すぐ見る価値ありの映画「サーチ」

 全編パソコン画面でストーリーが展開する話題の映画『search サーチ』を見てきましたよ…! 単発のテレビドラマやアニメくらいだったらありそうな設定だと思いますが映画にしたのは英断ですね。何もかもがパソコンやスマフォの画面で進んでゆくという、十年前ならば未来的に感じる内容だと思いますけども今やそれがほぼ現実ってのが感慨深いです。 脚本:アニーシュ・チャガンティ&セブ・オハニアン監督:アニ...

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ